こんにちは 晴れの日はブロンプトン通勤をしているスタッフ:たかすぎです。

今回通勤で使っているブロンプトンのプチアップグレードをしたのでおススメしたいことをまとめてみます!
ブロンプトンカスタムは見た目をノーマルから大きく変えない事をコンセプトにしています。

①プチ軽量化
マイブロンプトンはM3R(Mハンドル・3段変速・リアキャリア付)で重量は約13kgと重たいわけではないですが、輪行の際もう少し軽ければ・・・なんて思っていたので、まずはシートピラーを交換しました。
いままで使っていたのは’’テレスコピックシートピラー’’でサドルが2段階に伸ばせるものを使っていました。
それを’’スタンダードシートピラー’’に交換します。
気になる重量は 705g でした。(¥12,000+税)
テレスコピックシートピラー.jpg

続いてスタンダードシートピラーは 390g でした。(¥4,000+税)
スタンダードシートピラー.jpg

ピラーを変えるだけで 315g の軽量化になりました!
ただほとんどのブロンプトンにはノーマルのピラーが付いているので、意外と軽いのです。

②サドルハイトインサート取付け
ブロンプトンユーザー方に、お買い上げの際に黒い筒状のパーツをお渡ししております。別で購入も可能です(¥1,600+税)。
サドルハイトインサート.jpg

この部品を使えば、サドルの高さをいつも一定に出来るのである程度乗られてサドル高が決まったら取付をおススメしています。
サドルの高さに合わせてこの部品をカットし、シートチューブ内に取付します(サドルを着脱しないといけません)。
カット.jpg

③キックスタンド取付け
ブロンプトンはスタンドが無くてもバックフレームを畳むと自立できます。
smnmkid.jpg

今まで必要に感じていませんでしたが、ブロンプトン専用品がミノウラから発売されたので、デモ的に取り付けします。(¥2,500+税)
ブラック・シルバーの2色ありますが、今回は車体色に合わせてシルバーを選択いたしました。

早速取り付けるとこんな感じになります。
スタンド1.jpg
スタンド2.jpg

跳ね上げるとこの様になります。
スタンド3.jpg

当たり前ですが折りたたんでも干渉する事無く、持ち運びの際にも違和感はありませんでした。
スタンド4.jpg

いつもバックフレームを畳んで撮影していたのが、開いた状態で撮影できるので便利になりました!

サイズ:
価格:¥0