サイクルショップ店長のひとりごと
店長のひとりごと
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 1301 | 1302 | 1303 || Next»

2019/07/09: 7/14E-BIKE試乗会

今回BPS なかやま店頭でe-BIKEの試乗会行います!
是非ご興味のある方、無い方もまずは乗ってみましょう!

日時:7/14日 11:00~16:00

試乗可能なバイク
MERIDA
eONE.SIXTY  Mサイズ(160~175cm) 
標準現金販売価格(税抜): ¥580,000
完成車重量: 19.2kg
20190709-eos_800_l.jpg
Shimano製E-BIKEドライブユニットSHIMANO STEPS E8080を搭載したE-MTB
最大70Nmを発生するSHIMANO STEPS E8080 を搭載した電動アシストMTB、eONE. SIXTY 800。
約500Whの大容量リチウムイオンバッテリーにより1充電走行距離140km*と
ロングライドにも活躍する耐久力を実現。MERIDA本社に新設されたE-BIKE専用工場で製造される
最新のテクノロジーを駆使したアルミフレームは、160mmロングストロークのフルサスペンション搭載で、
eMTBの常識を覆すアグレッシブな走りを実現。

eBIG.SEVEN 600 43cm(M) 160~175cm 
標準現金販売価格(税抜): ¥359,000
完成車重量: 22.5kg(41cmサイズ)
20190709-ebs_600_l.jpg
Shimano製E-BIKEドライブユニットSHIMANO STEPS E8080を採用したE-MTB
最大70Nmを発生するSHIMANO STEPS E8080を搭載した電動アシストMTB、eBIG.SEVEN。
約500Whの大容量リチウムイオンバッテリーBT-E8010により1充電走行距離140km*を実現。
MERIDA本社に新設されたE-BIKE専用工場で製造される最新のアルミテクノロジーを
駆使したフレームを採用し、マウンテンバイクの常識を覆す走りを実現。


MIZUTANI
Seraph E-01S ¥380,000(税別)
20190709-dsc_2435-1024x682.jpg
SHIMANO STEPS E8080シリーズは、
スポーツバイクならではのスポーティなフィーリングはそのままに、坂道やスタート時も軽々。
大容量バッテリーを採用し、街乗りからロングライド、山道を駆け上がるMTBライドまで
様々なライディングスタイルにお使いいただけます。
S:(155cm-165cm) 、 (165cm-175cm)

MIYATA
RIDGE -RUNNNER 380mm(155~175cm) 標準現金販売価格( 税抜価格):¥369,000
20190709-ridge_runner_bike_ok01.jpg
日本のMTBの歴史を開拓したミヤタのリッジランナー。伝説の名称が電動アシストMTBとして生まれ変わりました。 650B+カテゴリーのアルミフレームはシマノE8080 の搭載を前提に専用設計。27.5×2.8サイズのワイドタイヤによるグリップ力と電動アシストによって高い登坂性能を実現。下りでも重量物をバイクの中心に配置し、ドロッパーシートポストやロックアウト機構搭載の130mmトラベルサスペンションが高いパフォーマンスを実現。36V/14Ahの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、ロングトレイルライドにも使用出来る走行距離を実現したリッジランナーが、日本の電動アシストMTB の歴史を切り開きます。

CRUISEクルーズ 430mm (155~175cm)  標準現金販売価格( 税抜価格):¥269,000
20190709-mytcrs.jpg
36V/11.6Ahバッテリー搭載で
一充電走行距離115km*1を実現したクロスバイクタイプ。
*1 一般社団法人自転車協会が定める標準パターン・エコモード走行時の走行距離

専用設計されたアルミフレームとアルミホークで軽快な
ランディングポジンションを実現。
コミューティング、シティライドから長距離のツーリングまで楽しめる。
液晶サイクルコンピューターにより走行距離や走行速度、
バッテリー残量の確認が可能。

ルイガノ
ASCENT e-sports(145~180)  本体価格:¥330,000(税抜)
20190709-ascent-e-sports_ang.jpg
次世代型アシストバイクで
ライフスタイルは大きく変化する。

街中で取り回しのしやすい小径車にパワフルなSHIMANO製ドライブユニット「SHIMANO STEPS」を搭載したスポーツアシストバイク。大容量バッテリーと3段階のモード切替で最長115kmの走行が可能です。ハンドル中央部にある視認性の良いサイクルコンピューターではバッテリー残量・速度・走行距離・時刻といったあらゆるインフォメーションが確認可能。

BESV(ベスビー)
TRS1  462,000円(税抜)

日本初の本格e-MTBとして生まれた「TRS1」。
高剛性のカーボンフレームに SHIMANO STEPS E8080ドライブユニットを搭載。
シマノのテクノロジーを集約した小型ドライブユニットを、そのフレームに美しく融合させ、e-MTBとして、国内最軽量の19.3kgを実現しました。
さらに、504whの高出力・大容量バッテリーで最長140kmの航続が可能。
ロングライドからオフロードまで、本格的なMTBユーザーのニーズに対応します。

– 軽量&高剛性のカーボンフレームを採用
– 高効率のミッドドライブユニット<SHIMANO STEPS>を搭載し、高出力モーターで本格的なオフロード走行が可能
– SHIMANO Deore油圧ディスクブレーキ&フォークはRockShox Recon 120mm travel


ご来店お待ちしております
尚、駐車場が2台しかないため、近隣の駐車場をご利用いただき、領収書をお持ちいただければ駐車料金をお支払いさせていただきます。
公共交通機関をご利用の方は、岡山駅から路面電車(東山行き)のお乗りいただき、「西大寺丁前」で下車、徒歩1分です。

よろしくお願いいたします!
試乗車のご質問等はこちら


Category: お試し
Posted by: なかやま店長

2019/07/07: Summerクリアランスセール

Summerクリアランスセール継続中
特に2018年までのバイク(自転車)をセール価格にさせてもらってます!さらに購入金額の5〜15%分のクーポンも差し上げております。
2018年以前のモデルは、是非スタッフに値引き交渉してみて下さい、出来る限り頑張りますので!


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/06/30: 久しぶりにZWIFT

null
色々と忙しくて、富士ヒルのバーチャルクライムやったりしていてZwiftを休みがちになっていたが

スタッフ山本から「Alpe Du Zwiftなかなかしんどいからやってみてください」って言われていたので
今週は雨で朝練も無かったので挑戦した。

Road To Skyってコースにあるヒルクライム。最初の7kmは平坦地を進みます(ちょっとアップダウンは有りますが基本平坦)

そこから10%前後の登りが永遠に続く感じ(汗

つずら折れのコーナーごとにタイム計測が有り休めません。

スタートから19.9km(あくまでバーチャル。ローラー台の上です)
獲得標高は1144m(あくまでバーチャル。ローラーの負荷が変わります)

どんどん抜かれます、汗も半端ねぇ~

結局77分かかってます。77分間ずっと登りを登っている感じ。
お昼からお仕事ですが、階段の上り下りでちょっとにやけました。


明日から4日(木)まで棚卸の為臨時休業とさせていただきます。
申し訳ございません


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/06/28: PIONEERペダリングモニター付けます!

TREK MadoneなどトレックのBB90を採用しているフレームはクランクとの隙間が非常に少ないので
PIONEERペダリングモニターのマグネットが貼れないので、アーム式のマグネットを付けるのがふつう
null
しかし、チェーン落ちなどの不意のトラブルでマグネットが吹っ飛んでしまう事例もあります。

と言う事で、マグネットをフレームの中におさめちゃいます!実は私の以前乗っていたDOMANEも内蔵マグネットにしていました。

このEMONDAはしっかり隙間が有ったのでマグネットを外貼り。

今夜は遅くなってしまったので明日小細工します(笑


Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長

2019/06/27: 梅雨入り?

null
昨年の西日本豪雨の後、しばらくしてから持ち込まれた、ロードバイクのオーバーホール。
お持ちいただいたのが12月。(2台)すぐに水抜き作業をして、錆止め処理をしてオーバーホールの順番待ちに。

null
フレームはチタンで内部が錆びる事はないのですが、とにかく細かい土?砂?がいつまでも出てきます。
数回洗って、出なくなって乾燥させて、組み立て作業に。
その間、ベアリングの交換、パーツの洗浄と注油、磨き。
シマノのBBは水没したにもかかわらず水の侵入が無かった。
null
クランクもぴかぴかに。
null
ハンドルもステムも中から土がたんまり出てきました(@_@;)

一番大変だったのがホィール。アルミリムにカーボンカウルの付いたタイプだったのでなたに大量の土。
洗ってもなかなか出なかったので数か月乾燥させて、振動を加えたら、内部で土が剥離してカラカラ音がする
しばらく振り続けると、サラサラの土がカーボンカウルとスポークの隙間から出てくる。
コンプレッサーのエアーを吹き込みとあたら一面土埃。
これを何度も繰り返して、最後にもう1度水洗いで完了。

各パーツのクリーニングも終わったのであとは組み立てるだけ。
大変お待たせしましたm(__)m



Category: ひとりごと
Posted by: なかやま店長
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 1301 | 1302 | 1303 || Next»