車やバイクで街乗り~スポーツ走行する方の多くは
ブレーキ性能向上を求めてブレーキパットやローターを変える事も多いようです。


最近では自転車も車種問わずディスクブレーキモデルが増えてきております。
ディスクブレーキ用パットの種類として
大きく分けると3種類になります。
・メタル
制動力:★★★★★
制御性:★★★★
静粛性:★★★
耐久性:★★★★★

・セミメタル
制動力:★★★★
制御性:★★★★★
静粛性:★★★★
耐久性:★★★★

・レジン
制動力:★★★
制御性:★★★★
静粛性:★★★★★
耐久性:★★★
※メーカーによって個々に違う場合があります。

20190208-dsc05408.jpg
『Vesrah』
一部話題になっている国産メーカー
多くのブレーキシステムに対応しながら用途に応じてパットが選べます。
使用する環境に合わせてコントロール性能の違うパットをラインナップ
先日の名古屋であった展示会で営業の方にきいたところ
純正や他メーカーパットを交換して使う場合Trailがお勧めとの事
・Trail
・CrossCountry
・CrossCountry‒SL
・DownHill
・Trial
・Road
・Cyclo Cross

ブレーキシステムとパットの種類によって価格が違います。
価格帯は¥1800~5750となっております。