10時50分、京柱峠着。標高1130mです。何とか後続に追いつかれることなく山岳ポイントをゲット?
 初めてこの京柱峠を訪れたのは大学一年生の時のサイクリング部の夏合宿なのでもう20年近く前ですが峠の雰囲気は何ら変わっていません。味のある峠の看板も当時のままです。茶屋は昔はなかったですがおいしい湧き水は枯れることなく今もありました。そして峠からのこの眺め!!これも変わりませんね。


 徳島側の展望です。こちらも素晴らしいのですが山々の折り重なった感じは高知側に軍配が上がります。晴れていれば剣山系の笹原の稜線が見えるはずですがこの日は雲の中でした。


 峠から矢筈峠へ抜ける京柱林道は通行止めでした。
峠は風が吹き抜けとても寒いので後続を待たずに下ることにしました。

» 続き・・・