『地球の裏側からの便り』というタイトルで3回にわたってお伝えしてきたItatsu夫婦が無事帰国しました。諸事情で自宅には帰らずそのまま四国の高知へ(2人とも高知大学サイクリング部の後輩です)。自転車は箱詰めしたまま高知のゲストハウス送ったそうです。でっかい自転車が入った段ボール箱を受け取ってくれるのは世界中の旅人が集まるゲストハウスだろうという読みは当たったそうで快く受け入れてくれたそうです。
 多分ここかな? かつおゲストハウス

 数日高知に滞在して高松まで友人の車で移動。宇野港から岡山まで走ってきてくれました。
 到着したのが4月13日。帰国のお祝いと旅の報告を聞くのとで飲みにお誘い。地図を広げたり写真を眺めたりで話は尽きずあっという間に深夜2時でした。

 僕より4つ以上年下の2人は直接大学サイクリング部時代に関係はなかったのですが僕が卒業後よく高知へ行っていたので彼が学生の頃からバックパッカーやモーターサイクルで海外を旅していたのは知っていました。しばらく音信不通だったのですがヨーロッパを2人で旅したいという相談があったのが2012年頃でした。
 何度か会ってルートの事やキャンプ事情等いろいろ情報交換してきたのですがその時聞いたのが僕が2002年の5月にやった高知での写真展の事でした。岡山での2度の写真展で使った写真をそのまま持って行って当時のNHK高知放送局のロビーにあった3Qプラザに展示させてもらったのでした。お世話になった高知の人にも写真を見てもらいたいという想いからなんとなくやった写真展だったのですが当時現役大学生だった2人も来てくれていたのです。


当時のDMに使った写真

 その時にこんな世界があるんだなあと彼らの記憶の片隅に残り今回のヨーロッパ、そしてパタゴニアサイクリングに繋がったとの事でした。
 そして今も未完成の僕個人のHPも見てくれていたそうでヨーロッパへの出発前にあった時には僕のヨーロッパアルプスの峠越え&キャンプ場レポートをプリントアウトして持ってきてくれてここはどうだった?とかここへ行くにはどのルートが良いかなど超ピンポイントの質問が!!
 ニッチな内容のHPで基本的に自分が読みたいをテーマに書いていたのですがこんなにも影響を受けてくれていた人達がいたのかと驚くと同時に嬉しくもありまた背筋が伸びる気がしました。なぜなら他者の人生を大きく左右することになっているからです。
 ですが危ないからやめとけなんて僕の口から言えるはずもなく出来うる限りの情報を伝えました。

» 続き・・・