昨日は水曜日の代わりに自宅で時短ローラー練を行いました。5分のアップ後2分280W、レスト1分100Wを3本の計8分。クールダウンは5分でした。
 自転車で帰宅したのでアップは短めでいいかと思ったのですが最初の2分280Wで筋肉に張りが。。。やはり10分回すべきでした。
 8分間のMMPグラフにおける今回の練習の負荷(インターバルインテンシティ)は82%でした。

つまり、最近3ヶ月のデータから8分間で1番頑張った時のパワーの何%で今回トレーニングしたかという意味です。
 この負荷はパイオニアのシクロスフィアのスマホサイにあるトレーニングアシスト機能で調整します。強度が強すぎて途中止めになっても練習の効果は薄れますし楽に終わってもやはり練習効果は低いです。
 パイオニアは初心者で70%、中、上級者で80~90%と言っています。数値では現れにくいですが練習を積むと回復力もアップするのでより高強度のメニューに対応できるようになります。

お疲れ様でした。

» 続き・・・