今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 || Next»

2009/11/13: BG FIT受けました

 本日BG FITを山本より受けました。僕の場合は大きくポジションが変化しました。レースではなくロングライドを快適に、というコンセプトで行ってもらったためかハンドルはより高く近く。これは想定内でしたが驚いたのはサドル高。スポーツバイクに乗り始めて約16年、今までで一番サドルが下がりました!!約2cm位でしょうか?前の高さでもやや低目かなあと感じていただけに驚きです。早く実走してみたい!
 後日もう少し詳しく書こうと思います。では。


Category: General
Posted by: kunisada

2009/11/13: 2005.11.20 晩秋の瓶ヶ森林道

 4年前のちょうど今頃も瓶ヶ森林道を走ってました。北側斜面は霧氷で覆われ素晴らしい景色でした。さてこの週末はどうだろう(僕は行きませんけど)




Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2009/11/13: 2009.10.19 秋の瓶ヶ森林道サイクリング その4

風車群が見えた。北側の眺め。
 折り重なる山並みの向こうに風力発電の風車群が見えた。肉眼でははるか彼方にやっと見える程度だったが望遠レンズはきちんと解像していた。さすがDA55-300mmF4-5.8ED!風車は四国カルストかはたまた佐田岬のものだろうか?
 さらに登山道を上り稜線の鞍部に出ると今度は北側の展望が開ける。さすがに大山は見えないが遠く今治方面の町並みと海岸線が見えた。そして、

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2009/11/12: 2009.10.19 秋の瓶ヶ森林道サイクリング その3

伊予富士を望む。伊予富士を望む。
 トンネルを抜けると伊予富士(標高1756m)の雄姿が現れる。富士の名前とは裏腹にごつごつした男性的な山容をしている。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2009/11/11: 2009.10.19 秋の瓶ヶ森林道サイクリング その2

美しい稜線を望む。眼下にスタート地点辺りの道が見えた。
 さあ、いよいよ瓶ヶ森林道の始まりだ。ここでは林道と書いているが正式には村道いや合併でいの町になったから町道瓶ヶ森線というのが正しい。でも以前のガレたダート道のイメージがあるので瓶ヶ森林道(もしくは略して瓶林)と言いたくなる。
 道は前半がややきつい上り。5kmほどで1400mくらいの標高まで上っていく。ところにより10%を超える勾配も現れる。走り始めてすぐ寒風山から笹ヶ峰、平家平へとつづく稜線が見渡せるポイントに着く。稜線は美しいが下の林道沿いの伐採跡は痛々しい。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 || Next»