今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 || Next»

2010/12/15: Passo del Rombo 2491m

Passo del Rombo
/Timmelsjoch
2491m
ロンボ峠/ティメルスヨッホ

走行日2002 7.31

ルート

San Leonardo/Sankt Leohard-峠-Solden
ViaMichelin 




 HPでは「ヨーロッパアルプス峠&キャンプ場実走、実泊ガイド」として掲載していた内容の再掲です。ブログ用に写真と文章を訂正しています。情報は古くなっています。現在の状況とは異なっているかもしれませんのでご了承ください。
 2002年のイタリア2000m超級峠3連発の3日目の峠です。峠の標高や周囲の景色の雄大さなどアルプスのお気に入り峠の1つです。



朝、フライシートをたたむ。 2002.7.31
 ヤウフェン峠を下ってMerano方面の分岐の町San Leonardo/Sankt Leohardから西へ6km程で最奥の村Moso/Moosに着きます。ここから本格的な上りになります。右側は崖が迫り足を着いて止まると後ろから来る車に追突されそうでおちおち休むことも出来ない、そんな狭くて急峻な道が続きます。この日はとあるカーブの先の行き止まりの小道にテントを張り泊まりました。
 翌朝5時起床、ヘッドライトの明かりで朝食を作り6時45分出発。後に詳しい地図で見ると標高1505m地点に泊まっていたことが分かりました。

» 続き・・・





Category: cycling Italia
Posted by: kunisada

2010/12/13: Passo di Monte Giovo 2094m

Passo di Monte Giovo
/Jaufenpass
2094m
モンテ ジオボ峠/ヤウフェン峠

走行日2002 7.30

ルート

Vipiteno/Sterzing-峠-San Leonardo/Sankt Leohard
ViaMichelin 







 HPでは「ヨーロッパアルプス峠&キャンプ場実走、実泊ガイド」として掲載していた内容の再掲です。ブログ用に写真と文章を訂正しています。情報は古くなっています。現在の状況とは異なっているかもしれませんのでご了承ください。
 2002年のイタリア2000m超級峠3連発の2日目の峠です。フィルムカメラのみなので圧倒的に写真の枚数が少ないですね。


気持ちの良いアルムと谷が広がる 2002.7.30
昨日のペンサーヨッホでは何度も足を着いて不甲斐ない走りをしてしまったので今日はちょっとがんばってみようかなという気分でした。8時半にキャンプ場を出発、道はすぐに上りになります。峠まで16kmの標識、約1100m upです。しばらく走ると右手に美しい谷が広がります(上写真)Val Ridanna/Ridnauntalです。山の向こうはオーストリアです。
 途中の小さな村でロード数人に抜かれました。この村にはホテルは数軒ありましたが商店は見当たりません。村を過ぎ森の中の道を22-23Tで回していきます。斜度は6%くらいでしょうか?ペースは遅いけれど順調に高度を稼いでいきます。

» 続き・・・





Category: cycling Italia
Posted by: kunisada

2010/12/02: Passo di Pennes 2211m

Passo di Pennes
/Penser Joch
2211m
ペンネス峠/ペンサーヨッホ

走行日2002 7.29

ルート
Bolzano/Bozen-峠-Vipiteno/Sterzing
ViaMichelin







 HPでは「ヨーロッパアルプス峠&キャンプ場実走、実泊ガイド」として掲載していた内容の再掲です。ブログ用に写真と文章を訂正しています。情報は古くなっています。現在の状況とは異なっているかもしれませんのでご了承ください。
 2002年は3度目のヨーロッパサイクリングでした。アルプス地方ではこれまでに行かなかった2000m超級の峠を重点的に回りました。
 今回紹介するPasso di Pennes/Penser jochはイタリアの南チロル地方にある峠です。有名なドロミテ山群とは別の山なのであまり日本では知られていないかと思います。ここを手始めに2000m超級を3日連続で走りました。
 この地域の地名に2つ呼び名があるのは元オーストリア領だったためでイタリア語とドイツ語が混在しています。



ボルツァーノの市。山積みのブドウが名物 1999.9.7
 スタートはボルツァーノ/ボーツェン。南チロルやドロミテ観光の拠点となる都市です。ここはアルプスの麓の町というイメージがあるのですが標高はたったの262mしかありません。周囲にはブドウやリンゴの果樹園が広がりそれらを赤茶けた岩壁が取り囲んでいます。ペンネス峠/ペンサーヨッホへの道はその岩壁に潜り込むように真北へ伸びています。峠まで約50㎞の上り、長い長い道のりです。
 前半はトンネルの連続です。100m位の長さだと何とか明るいのですが200mになると完全に真っ暗。自分の手も見えません。幸い対向車がなく無事に通過、500mクラスのトンネルにはさすがに照明がありました。
 トンネル区間を過ぎると10%位のきつい勾配が続きSarentino/Sarnthein村に着きます。標高は961m。

» 続き・・・





Category: cycling Italia
Posted by: kunisada

2010/05/14: 一夜明けて


 昨夜の興奮から一夜明けて。
 彼のポテンシャルは僕らが想像するより遥か上にあるのでしょう。これから何度も逃げに乗るだろうし、そしていつかは勝利するときが必ず来るのだと思います。
 僕が高校の頃読んだ漫画「シャカリキ」ではヨーロッパにテルが向かうところで終わりましたがその先の出来事が今現実に起きていることが何か信じられない気がします。

» 続き・・・





Category: General
Posted by: kunisada
«Prev || 1 || Next»