今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

2012/04/11: 南米パタゴニアサイクリング チリ・サンチアゴ~プエルトモン編 その7

 見切り発車で書き始めたこのシリーズも前回の更新からひと月が経ってしまいました。
楽しみにしている人もそう多くないでしょうから今回はさらっといきます。
 
 前回は主要道の国道5号線を離れて湖水地方に入りPanguipulliに着いたところまで書きました。翌12月28日は約70キロ走り再び5号線沿いの町Los Lagosへ。

 護岸のない川の風景は今の見ると新鮮です。日本にはほとんど残ってないでしょう。

 29日はOsorno拍。ここには近代的な教会建築がありました。

» 続き・・・





Category: cycling Patagonia
Posted by: kunisada

2012/03/07: 南米パタゴニアサイクリング チリ・サンチアゴ~プエルトモン編 その6

12月26日Temucoを出発。この日から少しだけ5号線を離れて湖の点在する湖水地方へ足を延ばしました。
 Temucoから約30キロ、Freireという町から国道199号線へ入ります。交通量も減りいよいよ旅らしくなってきました。牧草地帯、北海道を思わせる景色が広がります。が、あいにくの雨…。12時前50キロ走ったところのバス停で休憩、クッキーをかじります。雨が激しくなりここでカッパを着て再出発、この日の目的の町Villarricaまではあと30キロ、単調な道ですがこれまで走ってきた5号線よりははるかに良い道です。地形は緩やかにうねり牛や羊、鳥を見ながら走ります。火山が見えるはずですが空は厚い雲に覆われて何も見えません。
 一気に下って橋を渡り湖岸の町Villarricaに到着。

 眺めが良いはずなのですが何も見えず。残念。スーパーマーケットの向かいのHospedaje(民宿)に宿をとりました。

 その後街を散策してこの日は終了。走行距離86キロ。レッカーしてるボンネットトラックも相当ぼろい。。。

» 続き・・・





Category: cycling Patagonia
Posted by: kunisada

2012/02/21: 南米パタゴニアサイクリング チリ・サンチアゴ~プエルトモン編 その5

 Temucoに着いたその日に急いで両替所へ。これまで空港で両替した200米ドル分のチリペソでやりくりしていました。道中ガソリンスタンドのATMで現金を引き出そうと何度か試みたのですがうまくいかず困っていたのです。なので大都市Temucoで何とか両替しておく必要があったのです。観光案内所で両替所の場所を聞き400米ドルのTC(トラベラーズチェック)を現金に交換。今回の旅では米ドル建てのTCをメインに余備金として日本円立てのTC、米ドルの現金、クレジットカードを持っていきました。空港よりレートが悪かったけどしょうがないか。
 翌、24、25日は連泊。街を散策したり宿のベットでゴロゴロしたりして過ごしました。この旅初めての雨も降ります。知らない土地での雨はどんな降り方をしてどのくらい降り続くのか予測できないので不安になります。

 チリでは古い車が現役でたくさん走ってます。

 ここが中央市場だったはず。

» 続き・・・





Category: cycling Patagonia
Posted by: kunisada

2012/02/17: 南米パタゴニアサイクリング チリ・サンチアゴ~プエルトモン編 その4

 12月22日 朝はとても冷えてます。南半球だから夏のはずなんだけど?
Los Angelesを過ぎると道が片側一車線になってしまいました。追い越す車に注意して走らねばなりません。地形も山がちになり起伏が激しくなってきます。1キロ、1キロが重くのしかかりなんでこんな事してるんだろう?と考える余裕すらなくひたすらただ前へ進むのみでした…。写真もありません。
 やがて長い下り。次の州に入りました。チリは15の州がありここではビオビオ州からラ・アラウカニア州に入ったことになります。この辺りからさらに越えていく谷が深くなりきつさを増します。
 走行距離も90㎞を超えて足ががくがくしてきます。もうすぐCollipulliの町に着くころガソリンスタンドの標識が現れました。荒涼とした感じであまり雰囲気は良くないのですがテントを張ってもよいかと聞くとあっさりOKをもらいました。

 泊まったのはこんなところでした。
 近くに商店がありこの日は自炊せずにそこでハンバーガーを買って夕食にしました。店番の女の子が話しかけてくるので片言のスペイン語で日本人でサンティアゴから自転車で来たことを伝えるととても驚いていました。さらに1人であるというともっと驚いていました。
 9時過ぎにガソリンスタンドのお兄ちゃんが平らでいいよと勧めてくれた裏の空き地にテントを張りました(写真のところ)

» 続き・・・





Category: cycling Patagonia
Posted by: kunisada

2012/02/16: 南米パタゴニアサイクリング チリ・サンチアゴ~プエルトモン編 その3

 Talcaでの休息を挟んで12月18日の走行距離は119㎞。曇り空で風もなく軽快に走れた1日でした。平均速度も18km/hとやや速めです。

 三脚を立てて自分の写真を撮る余裕もありました。日記によると道端で母娘に呼び止められ皮をむいてあるみかんを1つもらったとあります。

 遠くに雪を頂いた形の良い独立峰が見えてきました。

 ひたすら南へ、ずいぶんと風景が変わり落ち着いた感じになってきました。100㎞を超えてそろそろ泊まるところを見つけたいのですがどこも畑でテントが張れそうな空き地はありません。

» 続き・・・





Category: cycling Patagonia
Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»