今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

2012/01/16: パタゴニアの風

 今日は休息日。午前中に久しぶりにMTBに空気を入れて裏山を軽く走った後は近所のLassenでパンを買って撮りためていた自転車関係のビデオを見ながらごろごろしてました。
 パンを買ったときレジで、HPが出来てそこから会員登録すると5%OFFになりますよー。と言われたので検索したのですがHPが出てこない。。。口コミの検索サイトばっかり。。。良いのかなあこれで…。

» 続き・・・





Category: General
Posted by: kunisada

2011/01/31: 再掲載 PATAGONIA bicycle touring report.

 去年消滅してしまった自分のHPを改めて読み返しているとパタゴニアの旅がちょうど10年前であることに気が付きました。もう10年か、まだ10年か?よく分かりませんがたくさんの写真と日記と共に未だ鮮明に記憶に残っている旅です。区切りがいいのでこの場を借りて再掲載させてください。
 なぜパタゴニアだったのか?当時世界一周中だった待井剛氏や坂本達氏の雑誌連載やタンデムの宇都宮夫婦のHPの影響が強かったと思います。もう一度行きたいベストシーニックルートとしてよくパタゴニアが挙げられていました。
 それに現実的な部分としてそれなりに冒険的なルートではあるけどサハラ砂漠やチベットなんかと比べると高地ではないし極端に寒いわけでも暑いわけでもない。発展途上国ではないので治安も良い。実現可能なレベルだという計算もありました。
 パタゴニアに行く!という目標を立てると約1年ガッツリ稼ぎ旅行資金を貯め頑丈な自転車をオーダーしました。当時ロングツーリングの主流になりつつあったマウンテンバイクという選択肢は眼中になくアルプスのワールドローバーというキャンピング車を大学時代からお世話になっていた高知のサイクリングショップヤマネで注文しました。3000キロに及ぶダート走行が予想されるためとにかく頑丈に作ってくださいとだけ伝えてマウンテンバイクのパーツを中心に組んでいただきました。
 2000年12月11日に成田を出発。LA、サンパウロ経由でチリの首都サンチアゴに到着しそこから南下して世界最南端の町ウシュアイアを目指しました。
 パタゴニアというのは南米大陸の南緯40度以南の地域のことです。チリ側の湿潤なレインフォレストや氷河が広がる地域とアルゼンチン側の乾燥した砂漠地帯に分けられます。
 サイクリストに人気なのはカレテラアウストラルというチリの国道5号線とルータクアレンタというアルゼンチンの国道40号線です。今回載せるのはアルゼンチンのルータクアレンタの旅行記です。途中有名なフィッツロイやペリトモレノ氷河、パイネなどに立ち寄っています。この旅行記はサイクルスポーツ誌2002年2月号READER'S REPORTに掲載されました。

 当時の走行ルートをBikemap.netで作ってみました。

自転車ルート 803774 - powered by Bikemap 

» 続き・・・





Category: cycling Patagonia
Posted by: kunisada

2010/09/10: 坂本達 講演会

 昨日の山陽新聞朝刊に出てましたがまた表町の美容室カモンRで有給休暇で世界一周サイクリスト、坂本達氏の講演会があるそうです。
 彼のHPによると今日が備前市で12日が表町のようです。もう8回目とか。
 直接の面識はないのですがいつか講演会も行ってみたいと思いつつまだ一度も足を運べていないです。今回も無理そうです。
 彼の旅行記は当時のサイクルフィールド誌に連載されていて大いに影響を受けました。なにより写真が素晴らしく、また、陸繋ぎではなく飛行機等を使い行ってみたいルートをベストシーズンに走るやり方がその頃は斬新だったように記憶しています。
 坂本達氏や待井剛氏の影響で僕も南米パタゴニアまで行ってしまいました。
 昨日の朝刊に出てたということはまだ空きがあるのかもしれません。興味のある方はぜひ行ってみてください。

12日午後6時~7時半 表町美容室カモンR 086-233-3955

» 続き・・・





Category: General
Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»