今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

2017/10/17: バイクパッキングとツーリングバイク遍歴



 最近バイクパッキングに関する相談も増えてきて私自身も非常に興味があるので価格も手頃なトピークのバックローダー15リットルを導入してみました。この巨大なサドルバックがバイクパッキングのイメージですね。
 バイクパッキングと従来のキャンプ仕様の自転車との違いはキャリアレスとULギア(ウルトラライト装備)だと理解しています。自転車で走ってキャンプしてというスタイルは変わらないのですが装備を厳選&軽量化(ウルトラライト化)しより軽快に遠くまでそしてよりハードなルートを走るというのがその趣旨ではないでしょうか。
 昔、点線国道の青崩峠に行きたかったのですがサイド付きのバイクを担ぐのは厳しいなと思い断念したのでそうしたハードなルートへのアプローチもしやすくなるのかもしれません。
 実際にこういった装備で走るかは置いておいて新しいスタイルにもチャレンジしていきたいです。

という訳?で温故知新も必要かなと思い私のキャンプツーリングスタイル&機材の変遷を振り返ってみます。


 ごく初期のソロツーリング。大学1回生の冬休みに九州へ行った時の写真です。高知のアパートから自走で初日に中村で泊まった時のもの。当時は頼めば駅前の施設の駐車場にテントを張らせてもらえたそんな時代でした。
 自転車はヤマネスペシャルランドナー。650bでリア7速です。テントはサイクリング部の備品を借りてシュラフも化繊の重量級。装備の重さなんて全く気にしていませんでした。キャリアは前後でサイドバックは前に2つですね。

» 続き・・・





Category: General
Posted by: kunisada

2016/07/09: ちょっと昔の旅。2000年GW四国サイクリング その2

 その2です。

 たこ焼きの差し入れに涙した?夜。雨、風強しでしたが翌朝は雨は上がりました。自転車を置いて丸笹山へトレッキング。


 16年前です。約40分で山頂へ。剣山を眺めるには良い山頂です。標高1711m。


 山頂からの帰路は別のルートで。深山幽谷の趣、三脚を据えてスローシャッターで。当然フィルムなので感度は変えられません。今なら高感度で手持ち?


 自転車まで戻り剣山の登山口見ノ越へ。ずっと下りです。この日は偶然ですが山開きの日でした。
 神輿の後は餅まき。昨日吉野川でテントと張った時に出会った方が山開きの関係者として参加しておられて声をかけて頂きました。

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2016/07/06: 野宿?ブッシュキャンプ?


 古い旅の写真を眺めていたらこれまで気に留めていなかったけれど年月を経て見ると良いなあと思えるものがあったので掘り出してみました。

 野宿 『屋外で睡眠をとりながら夜を過ごすこと。寝泊まりの意。』 wikipediaより。

 僕の中で野宿とはキャンプ場以外の場所でテントを張って泊まる事を指しています。ブッシュキャンプという表現もありますがほぼ同じ意味だと思います。

 写真は2002年の7月。チェコ共和国を走ってオーストリアアルプスへ移動している時に針葉樹の森の中でテントを張った時の写真です。
 テントという布一枚だけの無防備な装備で違法ではないにしろ管理されていない場所で一夜を過ごす不安。現代ではなかなか得ることのできない感覚かもしれません。
 それでも出来るだけ不安を感じない場所を選び緊張感を持って眠りにつき朝を迎える。そしてまた新たな一日が始まる。小さなことの積み重ねですがすべての事柄を自分一人で決定判断して進んでいく旅の中でちゃんと朝を迎えられたことは自信につながります。ここでテントを張るという判断は間違っていなかったのだ。と。

 年を取った今だと野宿は通報されかねませんから最近の旅はキャンプ場を探して泊まるようにしていますがしっかり走って暗くなったら寝床を探すような自由な旅をまたしたいなあとも思います。
 


Posted by: kunisada

2016/06/22: ちょっと昔の旅。2000年GW四国サイクリング その1

 ちょっと昔の旅シリーズ? 今回は2000年(平成12年)のGWに走った四国ツーリングです。
 この年は年末から南米パタゴニアを走る計画で資金稼ぎの仕事をしていました。自転車も世界一周が出来るくらい丈夫なものを作ろうと高知のヤマネさんを通してアルプスのワールドローバーを注文していた時期です。
 5月のGWにまとまった休みがあったのでいつものスタイルで四国へ渡りました。当時の日記があるのですがどこから走り出したかが書いていない…。
 4月29日に91km走ったと記録しているので多分岡山からの自走でしょう。当時宇野港から高松に渡るフェリーは数社あり着いたら待たずにどれかに乗れる状態だったと記憶しています。
 香川県のどこを走ったか覚えていないのですが大滝山を越えたのは確かです。


 県道106号穴吹塩江線で大滝山を越えて写真は徳島県側の集落。この辺りは分岐がたくさんあり地形図を見ていてもどこを走っているのか分かりずらい場所です。


 牛が2頭。当時も珍しいから写真に撮ったのだと思うのですが今現在このような狭いスペースに牛を飼ってる農家を見る事は出来ないのではないでしょうか?
 この写真サイズでは分かりませんが電柱にクレハタ、イクチタニガワと書いてあるので大まかに場所が特定できます。


» 続き・・・





Posted by: kunisada

2016/03/24: ちょっと昔の旅。美咲町大垪和西の棚田

 ちょっと昔の旅を紹介する回。今回は2006年4月18日に走った美咲町の棚田サイクリングです。ちょうど10年前ですね。


 福渡から県道30号福渡落合線へ。旭川ダム湖沿いの桜並木を走ります。


 栃原橋から県道373号栃原久米南線へ。分岐に大垪和西、棚田と標識が出ていましたが自動車で走行するのは躊躇われるような1車線の道が続きます。


 渓流沿いの狭路を抜けると視界が開け和田北の集落に出ました。

» 続き・・・





Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»