今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

2012/06/04: ちょっと昔の旅 2001年北海道自転車峠旅 プロローグ




 一人旅は寂しいに違いない
しかし、人を避けるようにして林道を走り
寂しさを通り越した奥深いところに
何かがあることを知っている

後ろは振り向かない

Field Bikers vol.29 「寺崎勉 心象野宿峠」より

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2012/01/06: ちょっと昔の旅 2002年年越しキャンプ 室戸への道 その2 


 翌日は県道267号線の赤荒峠を越えました。峠を南側へ抜けると風もなくぽかぽか陽気。
高知大演習林の林道を少し上り眺めのよい所で昼飯を食べました。気持ちいい。

 翌30日はNさん邸を昼過ぎに出発、県道233号香北龍河洞線が開通したと聞いたのでそこを通り今度は安芸市伊尾木のIさん邸へ向かいました。

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2012/01/05: ちょっと昔の旅 2002年年越しキャンプ 室戸への道 その1 

 あけましておめでとうございます。本日は初売りセール初日に多数の御来店ありがとうございます。セールは日曜まで続きます。ノグの在庫特価や恒例のダーツもございます。
 ダーツは現金でお支払いの時のみ有効です。工賃等は含まれません。よろしくお願い致します。
 
 で、昨日までの年末年始のツーリングの話を早速書こうかと思ったのですがまずはちょっと昔の旅の話にお付き合いいただこうかなと。。今回、当時の記憶を頼りに室戸の海岸段丘(高校の地理の教科書に必ず出てる!)に上ってみたですが果たしてあの時の景色に出会えたのか?
 ちょうど10年前(!)の話しです。以前HPに載せていた内容にいくらか修正をしています。市町村名は当時のままです。

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2011/12/07: ちょっと昔の旅 2003年GWツーリングin四国 その2


 豊永の商店で昼食用の柚子寿司や翌日の食料等の買い出し。ここより先、峠を越えて徳島側に下りきるまで商店はありません。木陰で休息しR439を京柱峠に向け上り始めました。写真は西峰の集落。右へ下ると今年の夏に走った楮佐古小檜曽林道に続いています。京柱峠まであと10Km。

 沖の集落辺りまで上ると稜線の鞍部に峠の茶屋の建物が見えてきます。まだまだかなり上。
 谷を回りこみ斜面を上り詰めると標高1105mの峠に到着です。峠には水場があり麓から18Kmを走り切って乾いたのどを潤してくれます。そして左右の大展望には何度来ても圧倒されますね。どちらを見ても山また山。個人的に四国の峠NO.1はここ京柱峠です。

 高知側の峠直下に公衆トイレと屋根付きの休憩所があり、車も数台停められるのでキャンプには最適です。車で来る人、車で来てロードで上りなおす人、自走で来る人、三々五々仲間が集まり宴会に。そしてこの時は近く結婚されるT口さんのプレ結婚披露宴もかねていたのでした。
 という訳?で懐かしの高知大サイクリング部キャン鍋(合宿用の大鍋。こいつをリアキャリアの上に積んで走る。)にケーキが?!
 


 ケーキカットの写真などを当時のHPには載せていましたが今回は割愛します。




» 続き・・・





Posted by: kunisada

2011/12/06: ちょっと昔の旅 2003年GWツーリングin四国 その1

 やまさんの谷間豊永林道の記事に触発されて以前HP(消滅)に載せていた記事を紹介しようと思います。当時と同じ内容ですが一部文章や写真を追加変更しています。


 2003年5月3日。京柱峠でのキャンプ&宴に参加するため岡山から特急を乗り継いで大歩危駅で下車。まずは谷間豊永林道へ向かいました。吉野川に平行した山の斜面をうねうねと走るこのルートは気にはなっていたものの走るのは今回が初めて。とても楽しみです。
 駅前の急坂を上り祖谷渓道路に合流。最初のカーブにある分岐が入り口になります。ちゃんと標識がありました。

 小さなトンネルを2つ過ぎると榎地区に入ります。見上げると日当たりのよい斜面に民家が点在しています。下吾橋、上吾橋の集落でしょう。どうしてあんな高い辺鄙な所に住むのか?と考えてしまうのは現代人の感覚で谷沿いの道がなかった昔、人々(平家の落人?)は峠を越えてやってきて日当たりのよい高い所からまず住み着いていったそうです。さらにかずら橋で有名な祖谷川はかずらで編んだ橋が出来る以前は谷の急峻さと水量ゆえに対岸同士の交流はまったくなく平家と源氏の末裔が分かれて住んでいたという説もあるそうです。

 急峻な斜面は茶畑になっていて新茶を手摘みで採取している光景がそこかしこで見られました。道沿いには製茶工場があって辺りは新茶のすがすがしい香りに包まれていました。




» 続き・・・





Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»