今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 36 | 37 | 38 || Next»

2018/08/15: お盆休みは四国の林道とUFOラインへ


 お盆のお休みは1泊2日で四国は高知県いの町の林道を走ってきました。
総勢9名、小学6年生から60代まで!
 初日は予定通り林道寒風大座礼西線へ。標高1000m付近をトラバースするのですが前半はまとまった下りがなくハードです。


 久し振りの未舗装林道は楽しかったー!私は700×38Cタイヤの旅用シクロクロス車で走りました。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/03/21: 現代のランドナー MASI GIRAMONDO



 先日オーダーを頂いていた旅仕様のバイクが入荷し組み立てました。
イタリア発祥のブランドMASIのGIRAMONDOです。GIRAMONDOは世界一周って意味になるのかな?
 オーナー様は手頃な価格帯で荷物が積めるバイクをお探しでしたのでこの時ちょうど名古屋の展示会で情報を仕入れていたこちらのバイクをお勧めしました。
 クロモリフレームですがブレーキはワイヤー式のディスクです。



 安定のドイツブランドtubusのキャリアが前後に標準防備!!これにまずは驚かされます。定価159,000円(税別)でこの仕様!なんです。

» 続き・・・





Category: General
Posted by: kunisada

2018/02/28: 機械式から油圧式へ


 油圧式のロード用ディスクブレーキシステムも登場から数世代経ち形状、仕様共に進化し使いやすくなってきています。昨年発売されたシマノアルテグラグレードのST-R8020がやっと入荷してきましたので組み付けを開始しました。
 今回は5800系105からの変更です。
 105と並べてみました。幅はほとんど同じですが頭が少し大きいです。オイルのタンクがこの辺りにあるからです。Di2仕様は内部のタンク位置やピストン形状の変更でかなり小さくなっています。でもここの大きさは上ハンドルを持っての急な下りなどではホールド感が増して良いかもしれません。これは実際に乗って試してみます。
ST-R8020はフリーストロークと握り幅の調整も可能です。

品番の整理

8000 機械式+リムブレーキ
8020 機械式+ディスクブレーキ
8050 Di2+リムブレーキ
8070 Di2+ディスクブレーキ

です。頭を9にするとデュラエースです。


 重量比較。ST-5800が246g、ST-R8020が276gです。30g、もっとあるかと思いましたが意外と差が少ないです。


 キャリパーも比較。最新のダイレクトマウント方式はフレームが対応していないのでBR-RS785を使います。
BR-CX77が140g、BR-RS785が109gです。こちらは油圧式の方が軽くなります。約30g差なので全体の重量は相殺されますね。
 今回計っていませんがケーブルも油圧式は樹脂なので軽いはず。オイルとインナーワイヤーはどちらが軽いんだろう?

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2018/02/06: 船山城跡へ


 昨日のお休みも冷たい季節風が吹き荒れ遠くまで走る気にはなれずお昼前からちょこっと走りに行きました。
目指すは船山城跡です。『鎌倉時代から住みついた関東武士の須々木氏の本拠とした所で、戦国時代に勢力維持のため城砦化した城跡です。』とのこと。ここより引用。
 ふもとに自転車を置いて整備された急な坂道を上るとすぐに山頂です。墓地がありその先に広場があります。


 標高は50mほどですがなかなかの眺めです。左端に見えているのが中原橋です。と書くとこの山がどこにあるのか分かる方も多いのでは?

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2018/01/29: バイク&ハイクで宗谷山へ

 とっても寒い日が続くのでお休みの月曜日にロードに乗る気分にはならずこのところ近所の山ばかりに行っています。早起きはせずに午前中にどこに行こうか考えてお昼前に出発するゆるい時間を楽しんでいます。
 今日は久し振りに宗谷山へ歩いて上ろうと思いつきました。少し前までは年に2回MTBの耐久レースがあった宗谷山。今でも眺めが良いので時々上りますが登山道から上るのは久し振りです。ブログを紐解くと2011年の4月以来のようです。
 当時はツーリング車を担いだのですが乗車した記憶がないので今回は徒歩で上ります。自転車は下って来る惣谷神社の参道入り口へデポしました。
 この参道もそういえばMTBを押し上げたよなあと過去の写真を探すとこれは2008年でした。このブログが出来る前ですね。


 惣谷神社参道入り口にあった六地蔵。これは以前来た時には見落としていました。六地蔵は時々見かけますが輪廻転生の六道の思想に基づくものなんですね。


 しばらく車道を歩き伊部焼の狛犬が迎えてくれる玉柏宮本地区の宮本八幡宮から上り始めます。


 神社の脇に登山道を示す標識がありました。赤いテープを頼りに上って行きます。尾根に沿っていくつかピークを越え上ったり下ったり。道はしっかりとしていて迷うようなところはありません。時折木々の隙間から下界が見渡せます。高速道路が真下を走っているためエンジン音がずっと聞こえているのが少々残念です。
 何度かはっきりと分かるケモノ臭がして不安になりましたが鳥以外と出会うことはありませんでした。

» 続き・・・





Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 36 | 37 | 38 || Next»