今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || Next»

2018/11/08: ダックスしまなみサイクリング山あり海ありミドル班 その2



土生(はぶ)の町へ到着。生名島立石港行きのフェリーが着く土生港長崎桟橋を確認。ここで自由行動とし、散らばって昼食です。因島はお好み焼きが有名でいんおことも呼ばれています。が、お昼時のこの時間は予約でどのお店も鉄板が埋まっていてかなり待たないといけないみたい。結局だれもいんおこを食べることは出来なかったようです。残念。。。
 私はKさんと焼き肉屋へ。先客はなく空いていました。
ランチ定食のようなものはなくご主人からカルビとご飯とスープで1000円でどう?との提案がありお願いしました。
ご飯は茶碗大盛りでさらにキムチも付いておなか一杯でした。まさかお昼から肉を焼くとは思っても見ませんでしたが。
味道園さんです。ありがとうございました。


12時35分のフェリーで生名島立石港へ。3分で到着。70円です。岡山市内の路面電車より安いです。
自転車は現在かみじまサイクルフリーパスで無料です。


生名橋を渡って佐島へ。
ここではかねてから行きたかった場所へ。途中民家の庭先を抜けるハプニングがありましたが基本1本道を進みます。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/11/04: 昨日はしまなみサイクリングでした。



毎年恒例になっている11月3日のチームダックスしまなみサイクリング。好天に恵まれ無事楽しく走ってきました。
私は山あり海ありミドルコースを担当。メインルートを外した探索ルートを走ってきました。
参加者は私含めて24名でした。ありがとうございます。

今回は向島の洋らんセンターがスタートゴールでした。



まず因島に渡りはっさく屋に立ち寄った後は尾道水軍ラインを走ります。起伏のある海岸線を上って下って。



新ルートの地蔵鼻を回り秘密の?トンネルを通過。



土生港で昼食の後はフェリーで生名島立石港へ。ここからはゆめしま海道です。
静かな海岸線の1本道を進んでいくと。。。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/08/15: お盆休みは四国の林道とUFOラインへ


 お盆のお休みは1泊2日で四国は高知県いの町の林道を走ってきました。
総勢9名、小学6年生から60代まで!
 初日は予定通り林道寒風大座礼西線へ。標高1000m付近をトラバースするのですが前半はまとまった下りがなくハードです。


 久し振りの未舗装林道は楽しかったー!私は700×38Cタイヤの旅用シクロクロス車で走りました。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/03/21: 現代のランドナー MASI GIRAMONDO



 先日オーダーを頂いていた旅仕様のバイクが入荷し組み立てました。
イタリア発祥のブランドMASIのGIRAMONDOです。GIRAMONDOは世界一周って意味になるのかな?
 オーナー様は手頃な価格帯で荷物が積めるバイクをお探しでしたのでこの時ちょうど名古屋の展示会で情報を仕入れていたこちらのバイクをお勧めしました。
 クロモリフレームですがブレーキはワイヤー式のディスクです。



 安定のドイツブランドtubusのキャリアが前後に標準防備!!これにまずは驚かされます。定価159,000円(税別)でこの仕様!なんです。

» 続き・・・





Category: General
Posted by: kunisada

2018/02/28: 機械式から油圧式へ


 油圧式のロード用ディスクブレーキシステムも登場から数世代経ち形状、仕様共に進化し使いやすくなってきています。昨年発売されたシマノアルテグラグレードのST-R8020がやっと入荷してきましたので組み付けを開始しました。
 今回は5800系105からの変更です。
 105と並べてみました。幅はほとんど同じですが頭が少し大きいです。オイルのタンクがこの辺りにあるからです。Di2仕様は内部のタンク位置やピストン形状の変更でかなり小さくなっています。でもここの大きさは上ハンドルを持っての急な下りなどではホールド感が増して良いかもしれません。これは実際に乗って試してみます。
ST-R8020はフリーストロークと握り幅の調整も可能です。

品番の整理

8000 機械式+リムブレーキ
8020 機械式+ディスクブレーキ
8050 Di2+リムブレーキ
8070 Di2+ディスクブレーキ

です。頭を9にするとデュラエースです。


 重量比較。ST-5800が246g、ST-R8020が276gです。30g、もっとあるかと思いましたが意外と差が少ないです。


 キャリパーも比較。最新のダイレクトマウント方式はフレームが対応していないのでBR-RS785を使います。
BR-CX77が140g、BR-RS785が109gです。こちらは油圧式の方が軽くなります。約30g差なので全体の重量は相殺されますね。
 今回計っていませんがケーブルも油圧式は樹脂なので軽いはず。オイルとインナーワイヤーはどちらが軽いんだろう?

» 続き・・・





Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || Next»