今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»

2018/02/21: 高知の右側、年越し林道合宿その9


 1月3日の朝を迎えました。岡山へ帰る予定の日です。当初はこの日も車で移動して物部辺りの林道を走ろうと計画していたのですが天候と体力を鑑み自転車は降ろさずにこの帰ることに決定しました。


 そうと決まれば急ぐ必要もなくなります。ゆっくりと朝食の支度です。霜の降りたテントのフライシートも乾かしてから畳みましょう。


 今日も太陽が姿を見せました。なんでテントだと日の出前にすっきりと目が覚めるんでしょうね。


 撤収後高知方面へ。サイクリスト多数発見!予定していた昼食場所がことごとく正月休みで昼食難民と化しました。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/02/13: 高知の右側、年越し林道合宿その8


 昼食後もしばらくは渓流に沿って走ります。


 標高670m付近で橋を渡り渓流から離れ峠を目指して上って行きます。峰越林道の典型的なパターンです。谷の向こうにキラキラと輝く太平洋が見えたのですが流石に写真では分からないですね。


 峠はもうすぐそこ。まだ午後2時を回ったばかりですがこの時期はすでに陽射しは西に傾いています。後半は行き止まりの古い林道を近年尾根の向こうの道と繋げた感じの急勾配の道。そして最後は尾根に出てススキの輝く中を抜けて峠に到着しました。


 峠は北川村と室戸市の境になっていて標高は946m。野根山街道と交差しています。

『野根山街道は奈良時代養老年間に整備された官道で、奈良と土佐国府を結ぶ街道「南海道」の一部である。高知県安芸郡奈半利町と東洋町野根を尾根伝いに結ぶ行程約 36 km、高低差約 1,000 m の街道古くは『土佐日記』の著者紀貫之の入国の道として、また、藩政時代には参勤交代の通行路として使用された。現在は「四国のみち」環境省ルートとして整備されている。』wikipediaより。

 『野根山街道は、奈半利町から野根山連山を尾根伝いに東洋町野根に至る延長35km余り。
 この間、道の両側に、そのままの姿で残された一里塚~五里塚や、旅人が一夜をしのいだという宿屋杉、参勤交代の昔をしのぶ朝休み場、お茶屋場や装束峠の敷石、岩佐の関所跡、屋敷跡の石垣や墓地等、かずかずの史跡や、土御門上皇が名付けられたという岩佐の清水、旧藩林や天然林等自然に富んだ街道で、今も尚、当時の面影をそのままに留めた全国的にも珍しい自然遊歩道である。』高知県庁ホームページより


 このまま下れば須川林道に合流するのですがせっかくならばと少し野根山街道を走って見る事にしました。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/02/12: 近所の山を散策


 このところ気温も低いし風も強いので遠出する気分にもならず近場の散策を繰り返しています。
 サイクリングをはじめて20年以上経ちましたがまだまだ知らないところだらけで知る喜びは尽きません。
今日は楢津山周辺をポタポタしてきました。ツーリング車はドック入りなので今回はMTBです。


 いつもとは違う視点でお城を眺めることが出来ました。

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2018/02/06: 船山城跡へ


 昨日のお休みも冷たい季節風が吹き荒れ遠くまで走る気にはなれずお昼前からちょこっと走りに行きました。
目指すは船山城跡です。『鎌倉時代から住みついた関東武士の須々木氏の本拠とした所で、戦国時代に勢力維持のため城砦化した城跡です。』とのこと。ここより引用。
 ふもとに自転車を置いて整備された急な坂道を上るとすぐに山頂です。墓地がありその先に広場があります。


 標高は50mほどですがなかなかの眺めです。左端に見えているのが中原橋です。と書くとこの山がどこにあるのか分かる方も多いのでは?

» 続き・・・





Posted by: kunisada

2018/01/29: バイク&ハイクで宗谷山へ

 とっても寒い日が続くのでお休みの月曜日にロードに乗る気分にはならずこのところ近所の山ばかりに行っています。早起きはせずに午前中にどこに行こうか考えてお昼前に出発するゆるい時間を楽しんでいます。
 今日は久し振りに宗谷山へ歩いて上ろうと思いつきました。少し前までは年に2回MTBの耐久レースがあった宗谷山。今でも眺めが良いので時々上りますが登山道から上るのは久し振りです。ブログを紐解くと2011年の4月以来のようです。
 当時はツーリング車を担いだのですが乗車した記憶がないので今回は徒歩で上ります。自転車は下って来る惣谷神社の参道入り口へデポしました。
 この参道もそういえばMTBを押し上げたよなあと過去の写真を探すとこれは2008年でした。このブログが出来る前ですね。


 惣谷神社参道入り口にあった六地蔵。これは以前来た時には見落としていました。六地蔵は時々見かけますが輪廻転生の六道の思想に基づくものなんですね。


 しばらく車道を歩き伊部焼の狛犬が迎えてくれる玉柏宮本地区の宮本八幡宮から上り始めます。


 神社の脇に登山道を示す標識がありました。赤いテープを頼りに上って行きます。尾根に沿っていくつかピークを越え上ったり下ったり。道はしっかりとしていて迷うようなところはありません。時折木々の隙間から下界が見渡せます。高速道路が真下を走っているためエンジン音がずっと聞こえているのが少々残念です。
 何度かはっきりと分かるケモノ臭がして不安になりましたが鳥以外と出会うことはありませんでした。

» 続き・・・





Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 || Next»