今日もランドナーを操って・・・こころは世界一周だ!
さださんの哀愁ララバイ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || Next»

2018/08/15: お盆休みは四国の林道とUFOラインへ


 お盆のお休みは1泊2日で四国は高知県いの町の林道を走ってきました。
総勢9名、小学6年生から60代まで!
 初日は予定通り林道寒風大座礼西線へ。標高1000m付近をトラバースするのですが前半はまとまった下りがなくハードです。


 久し振りの未舗装林道は楽しかったー!私は700×38Cタイヤの旅用シクロクロス車で走りました。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/07/31: 行こうよ!小豆島(100㎞チャレンジ) その3


 昼食後再び走行開始。しばし交通量の多い海岸線を走ります。道の駅を過ぎて竹生と書いてたこと読む地名を過ぎると上り坂です。大峠という名前が付いています。1.5キロほどあり長さ勾配共に小豆島1周の中でも長い上りの1つです。後半で気温も上がっているのでなかなかハードです。
 ですがご褒美も待っています。国道から分かれて道の駅小豆島ふるさと村への直線ダウンヒルです。海に向かって下ります。


 道の駅でもしっかりと休憩。ビーチに並ぶカヤックがカラフル!海の透明度も高いですね。GWにはこのすぐ近くのキャンプ場に泊まりました。

 この先池田港から国道に戻り小さな上りを2つ越えて土庄に向かったのですがここで差がついてしまったのか渕崎の交差点を左折するところを直進した方があったようです。この交差点で後ろを確認するのを忘れていました。申し訳ありませんでした。

エンジェルロードを過ぎて土庄東港のマルナカで休憩。巨大なショッピングモールでここも入り口が分かりずらいです。ここで後続を待って残すところ後10キロ、土庄の半島を回ります。


 最後の寄り道は樹齢千年のオリーヴ大樹です。2011年にスペインからやってきて2016年から一般公開されているそうです。案外最近なんですね。


 ここからはエンジェルロードを遠望できます。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/07/25: 行こうよ!小豆島(100㎞チャレンジ) その2


 次の休憩は15キロ地点の道の駅大阪城残石記念公園です。サポートカーからスポーツドリンクの差し入れがあり氷を背中に入れる人、冷水を頭からかぶる人などなど。頻繁過ぎるかと思った休憩ですがこの日のような酷暑の中でのサイクリングには必要でした。


 小豆島はとにかく細かいアップダウンが続くのでマイペースが肝心です。ヒマワリも暑さでちょっと元気なさそうですが健気に咲いていました。


 今回大部港は休憩ポイントではないのですが有名な小豆島まもるくんと記念撮影を。宮古島に19基あるという宮古島まもるくんの血筋でしょうか?検索すると高知の国道197号にも立っておられるそうで初めて会った気がしないのは昔高知でお見かけしたからかもしれません。


 大部からひと山越えると小部の千鳥ヶ浜です。下りながら見えてきた砂浜と海の色があまりに美しく思わず上り返して撮影ポイントを探してしまいました。ポツンと浮かぶ小島(正式名称が小島です)も良いアクセントに。
 この後は採石場の跡地を少し先で同じように撮影していたI山さんと先行している最後尾集団を追いかけて高速巡航!これも楽しかったです。


 上りで追いつきました。採石場を過ぎると急峻な山並みが迫ってきます。小豆島らしい山並みです。
このすぐ先、吉田港へ下る手前の展望所でサポートカーが待ってくれていました。みんなと合流。キンキンに冷えた水がありがたい!

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/07/24: 行こうよ!小豆島(100㎞チャレンジ) その1

7月22日(日)朝3時半起床、4時半自宅スタート、自走で新岡山港へ。


 自宅から新岡山港まで約14キロ、45分で到着。1番乗りかと思いきやすでに車の前で自転車を組み立てている方あり。
ちょうど日が昇ってきました。


 参加者の方も徐々に集まってきます。始発である6時20分の土庄港行きのフェリーに乗り込みます。


 さあ乗船!と自転車のところへ行くとサドルバックになにやら白いものが?幸運に恵まれたようです。幸先良し!


 船内は朝早い時間なので車は少なめ。自転車は両サイドに並べました。
1時間10分の船旅なのでその間に休憩ポイントやコースの説明を行いました。

» 続き・・・





Category: cycling Japan
Posted by: kunisada

2018/06/19: 雨の前にMTBで金山へ。王滝SDA対策練始動?



 本日はお休みをいただいておりまして、お天気なら遠征するところなのですがあいにくの天気予報に加えて大きな地震もあり自宅待機です。
 雨の降り出しは午後からとの事で来月のひるぜんや9月の王滝SDA100kmを見据えて久し振りにMTBで走りに行きました。
 今年の王滝SDA100kmの目標は7時間切りにしようと思っています。7時間垂れずに走り続けるにはペース配分が重要になってきます。2015年の7時間28分59秒が自己ベストです。この時の最初の長い上りのデータをSTRAVAで検証してみました。
 「Otaki120 1st Climb」という区間で10.36㎞、標高差640m、平均勾配6%です。2015年は59分11秒で上っています。平均上昇速度というのがあり649.1mとなっています。1時間でどのくらい高度を稼いだかという事でしょう。
これを基準にパイオニアのトレーニングアシスト機能のヒルクライムシュミレーションで確認すると今の実力で160Wをキープすると55分で上れることが分かりました。


 牧石幼稚園前で写真を撮りスタート。走り出して感じたのは160Wだとゆるいなという感覚です。走りながら体感的に息が上がらず持続可能な強度が200W前後と感じたので強度を修正して200Wキープで上ってみました。

STRAVA区間「金山TT」36分07秒、平均上昇速度746m、平均パワー195Wでした。
この平均上昇速度を王滝の最初の上りに当てはめると51分30秒位で上れることになります。この速度で上っている人の完走タイムを見ると6時間半位と皆速いです。このペースを基準にもっと長い時間の練習をしてみるのも良さそうです。

» 続き・・・





Posted by: kunisada
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 12 | 13 | 14 || Next»