この文章はHPに載せていた旅行記の再録です。

2005年12月7日(水)


My Tho滞在


 本日は連泊に決定。
 おい、いきなりかよ!と自分でも突っ込みたくなるがまっ、いいでしょう。靴はグショグショだしどうも走る気がしないんだな。
 後から考えるとこの日の連泊はとても実のあるものだったと思う。1日じっくりと活気溢れる市場の風景を眺めることが出来たからだ。市場の魅力に惹かれその後行く町々でも市場を訪ね写真を撮っていく事になる。
ホテルのテラスから町を眺める。
 泊まったのは市場に近いソンティエンホテルSong Tien。部屋は7階、廊下突き当りのテラスからの眺めが良い。午前6時前、まだ人通りは少ない。
ホテルのテラスから町を眺める。
 6時を回ると通勤通学のバイク、自転車が増えてくる。ベトナムの朝は早いのだ。
ボートも行く。ホテルのテラスから町を眺める。
 7時前、明るくなり町は動き出す。

カメラを持って町へ出た。橋のたもとの交差点を渡ると川に沿って市場がある。初めは人の多さと活気に圧倒されてカメラを構えることが出来ずにただ眺めているだけだった。
 肉を片手に。ワニ?じゃないよね。
 そんな時1人のおばちゃんと目が合った。売っているのは突き出た顎にギョロ眼の奇妙なな肉塊。何だこれ?ワニか?(その時は本気でそう思ったがおそらく豚の頭部だろう。)すごいねこれって感じで指差して笑いかけ、撮っていいかなとカメラを構えると肉を手に持ちポーズを取ってくれた!
 ありがとう、これでずいぶん気持ちが楽になったよ。
 このやり取りがあってから気軽にカメラを構えられるようになった。
 市場には様々なものを色々なやり方で売っている。
路上で売る人。路上で売る人。
 路上で売る人もいれば
店を構える人。店を構える人。整然と並ぶ果物。
 店を構えている人もいる。
バインミー
 バインミーティットBanh Mi Thit(フランスパンのサンドイッチ)を買った。ベトナムはパンがうまい。それもフランスパン。これもフランス統治下時代の名残だろう。1つ3000VND、約21円。具材はアジアンテイストで不思議な感じだが安くてうまい。おばちゃんが手際よく挟んでくれる。はまるよこれは。
唐辛子川は直接生活に繋がっている。
ぶらぶら歩いているだけで面白い。3日目にしてやっと旅のペースが掴めてきたようだ。
病院の看板。積載能力最高。
 ベンチに座ってパンを食べ一旦ホテルに帰る。
少し昼寝をして起きるとやけに暗い。廊下へ出るとありゃりゃまたスコールだよ。しかしよく降るねえ、ほんとに今は乾期?
ド派手なATM。銀行で両替。
雨が上がるのを待って銀行へ。100$のT/Cを米ドルの現金に換えた。
夕食は肉まん。夕食は肉まん。
 この日は路上で買った肉まんBanh Baoと国営百貨店で買ったビールで夕食を済ませた。これまでキャンプ自炊の旅ばかりだったせいかどうも夜、外に飯を食いに出るのに馴染めないのであった。

その7My Tho ~ Cai Be ~ Vinh Longへつづく。