2004年7月25日 第20ステージ Montereau - Paris(Champs Elysees) 163km

 忘れていた訳ではないのですがそういえば2004年のツール観戦記の最終話をまだ書いてませんでした。すいません。前回が7月26日…。今回が最終日、最終回パリ、シャンゼリゼゴールです。
 前回はパリ郊外にあるMelunという町のLa Belle Etoileというキャンプ場に着いたところまで書きました。
 一緒に行っていたKusさんのサイトに詳しくのっていますがパリ観光にはなかなか便利なキャンプ場です。

 ここをベースに一週間ツール観戦とパリの美術館巡りを楽しみました。
今もあるかは分かりませんがCarte Orangeという近郊の鉄道やメトロが月曜から日曜まで乗り放題になる切符がありキャンプ場のオフィスで買えるのでそれを利用しました。
 パリの美術館もパリ・ミュージアム・パスがあれば出入り自由、行列に並ぶ必要もありません。

 駅までキャンプ場から徒歩15分。快速に乗って約40分でパリリヨン駅に着きます。時刻表はありますが日本みたいに正確に来ることはなかったなあ。

 自転車もそのまま載せられます。フランス鉄道は日本より線路の幅が広いので電車も大きく余裕があるのです。

 パリリヨン駅に到着です。実は初パリ、完全にお上りさん状態です。大都市は緊張します。ここから地下鉄(メトロ)に乗り換えて地上にでると、


 凱旋門の真ん前でした!

 ここを選手が折り返すのです。写真で見ると結構上ってますね。

 サンドイッチの屋台が出てました。フランスでサンドイッチといえばバゲットです。山積みのバゲットが壮観!

 銀行にはこんな大きな看板が!

 シャンゼリゼ通りはまだ選手がやってきていないのにすでに二重三重の人垣ができています。特にランスを応援するアメリカ人が盛り上がってます。ここで写真を本気で撮るならもっと早くに来るか脚立が必要でしょうね。
 ここでkusさんとは分かれ別行動、思い思いの場所で観戦することにして僕はいろいろ歩き回ってみることにしました。

 巨大スクリーンの前もすごい人!

 当時は日本でライブ映像を見てたわけではないので総集編でみたおぼろげな記憶を頼りに歩きました。しかしどこも人が多い!この2枚はトンネルを出てきたあたりかなあ?

 あまり良い写真も撮れずレース展開も分からずなんとなくキャンプ場に帰ったのですがよく考えると表彰式とか選手のパレードとかがあったのをすっかり忘れてました。それらを見逃したのは残念でした。

 こうして2004年のツールドフランス観戦は終わりました。パリ観光の後kusさんと別れて1人で約一月半フランス南西部をサイクリングして9月20日の飛行機で日本へ帰りました。その時の話はまたいずれ。
 
 最後に急な願いを聞き入れてくれて同乗させて頂いたkusさんに感謝です。ありがとうございました。

その1から1年半かかりましたが読んで下さった皆さんもありがとうございました。

おわり