このブログでも何度か紹介しているItatsuくんから久し振りに便りが届きました。前回は1月4日。八幡浜のホテルで朝食を食べている時でした。あれから一月以上。全く音信がなかったのでちょっと心配していました。まあかなりの僻地なのでネット環境がないんだろうなあ。と思っていました。
 あっ。彼は今南米のパタゴニアを夫婦で自転車で旅をしているのです。

 そして昨日の仕事終わりにふとタブレットを開くとメッセージと写真が届いているではないですか!テンション上がったなあ。
 本人の了解を得たのでここで写真をいくつか紹介させて頂きます。ちなみに今はアルゼンチンのエル・カラファテという町にいるそうです。


 もし天国が存在するならばこんなところではないだろうか?そんな印象が自然と浮かんできました。チリのアウストラル街道の風景です。





 アルプス4サイド!今回の旅の装備ではなさそうですが。


 チリ、チロエ島の漁村。すごい激坂!


 ワインの飲み比べ。ガトーネグロ。最近日本では見かけませんね。


 このビール!ラベルが最高です。


 暖房兼調理用薪ストーブ。渋いなあ。


 肉屋さん?豪快です。そして自炊はムール貝の炊き込みご飯だそうです。
 



 走行風景。工事の規制待ちで世界各国のサイクリストが10名ぐらい集まって合宿のようになったそうです。


 非常に雨の多い地域なのですが晴れの写真が多いです。羨ましい!これはチリのセーロ・カスティージョという山ですね。

Itatsuくんありがとう。これからの旅も気を付けて楽しんできてください。そして無事に帰国してください。続報も期待しています。

その2があります。