西城のスーパーで非常に遅い昼食を食べてから再出発。県道445で庄原を目指します。この旅の本来の目的地へ。


国道432に合流してすぐでした。以前にも書いたのですがこの柿の木に会いに行くのが今回の旅の第一目的だったのです。


 この写真集の表紙になっているこの木をいつか見に行きたいと思いつつなかなかその機会がなかったのですがようやくその時がやって来ました。


 この本が出版されたのが1997年なので表紙の写真が撮影された時からおそらく20年くらい経っていると思います。木を取り巻く周囲の環境はそれなりに変化していましたが柿の木は変わらぬ姿でこの日も立っていました。


 柿の木を後にしたのは午後4時でした。最寄に庄原駅があるのですが連絡が悪いので三次まで行くことにしていました。設定したルートだと三次駅まで約27キロ。18時02分発の三次ライナーに乗りたいので輪行する時間も考慮すると5時半には駅に着きたいところです。90分で27キロ。ここからは個人タイムトライアルでした。
 大きな川を渡り市街地が見えた時にはホッとしました。


 5時17分に無事到着。着替えをして顔を洗って買い物をする余裕が十分にありました。


 広島駅で新幹線に乗り換え。N700系のさくらのデッキは広々でした。これなら複数名での輪行も楽に出来そうですね。

おわり