本日はライトやサイクロコンピューターでお馴染みの株式会社キャットアイ主催の販売店向けイベント、スマートライドに参加してきました。
 この春から発売になっているスマートフォンと繋がるサイクロコンピューター、ストラーダ スマート [CC-RD500B] 、パドローネ スマート [CC-PA500B]を実際に使って走行するスマートライドと工場見学、勉強会の三部構成です。
ゲストはなんとあの三船雅彦さんです。


 朝10時前にキャットアイの吉井工場に到着。近くを通る事は何度もありましたが入るのは初めてです。着替えを済ませて受付へ。僕自身実は春からストラーダスマートをロードバイクに着けて使用しています。多分繋がるだろうと思いスマホ不携帯ながら導入したのですが普段使っているタブレット端末(Nexus 7)には専用アプリ「CATEYE CYCLING」がインストールできませんでした。残念。今回聞いたのですがOSのバージョンが対応していてもBluetoothのバージョンが4.0でないとダメなようです。なので今回はスマホをレンタルしました。

購入を検討されている方は必ずお手持ちのスマホが対応機種であるかどうかか御確認下さい。店頭でも確認できます。


 11時過ぎに出発。キャットアイの営業の方を先頭に三船氏が選定したコースを走ります。約30キロとの事。参加者の誰一人としてどんなコースなのか知りません。すでに行われた大阪でのスマートライドは標高800mの山を越えるライドだったとの事で少しビビっていましたが穏やかなコースでした。ほっ。。

こんなコースでした。



 キャットアイの営業さんを先頭に走ります。


 三船氏の華麗なダンシング。


 帰ってきました。道々の分岐にキャットアイ社員の方が立って誘導をして頂きました。少人数の会なのに頭が下がります。おかげさまで安全快適に走行できました。


 昼食後工場見学へ。皆配られた帽子をかぶっています。写真OKなオープンな工場でした。


 車輪のスポークに着ける反射板ですね。


 メーターの基盤はすべてこの工場で作っているそうです。キャットアイの多くの製品は岡山生まれなんですよ。なんか愛着が湧きますね。精密機械なのでここはクリーンルームでした。


 工場の広さと比較すると働いている方の人数は少ないように思えます。しかしオートメーション化が進んでも人の手でなければならない行程もあるようです。
 僕らは販売する側でこうした作る側をあまり知らないのですがこうした作業を見させてもらうことでユーザー様にキチンと丁寧にお渡しをしなくてはならないなあと改めて感じました。


 半田付けロボット。すごいですね。


 工場見学の後に会議室で勉強会。色々質問してきました。しっかり店頭でも説明できるようにしておきます。


 会議室のガラスケースには懐かしいメーターの数々が!!