少し前になりましたが忘備録としても役に立つかと思い書いておきます。

 BPSなかやま前5時集合で積み込み、出発。瀬戸のコンビニで2名合流。山陽ICで高速に乗り瀬戸SAでも合流あり。山陽姫路西ICで降りて北上。デポ地の駐車場でさらに合流。計13名でのサイクリングです。


 出発前に記念写真。本格的なオフロード走行が初めての方も何名かありました。


 今回初めてMTBにソニーのナビが!Rec-Mountのシステムで可能になりました。


 9時過ぎに出発。舗装路はごくわずかですぐに未舗装に変わります。


 そして上りが始まります。スタート地点の標高が650m。ここから1250mまで標高差600m、10㎞の上りが続きます。秋の王滝SDA100㎞もスタートしてすぐ長ーい上りなので似ています。
 鬱蒼とした森の中を進みます。


 直前の台風の影響が懸念されました。路面に雨水が流れた溝や倒木などがありましたが人の手がすでに入っていてMTBで走るには問題ありませんでした。


 岩場の脇を走ります。


 約5㎞地点、標高1000mの分岐で休憩。先頭約1名はそのまま通過している様子。


 路面が荒れてきました。目の前だけでなくこれから進む先の路面も見据えて走るラインを選びます。


 美しい切通りの峠。たぶんここがこの林道の最高地点辺りだと思います。そして僕がこの林道で一番好きな景色です。コンクリ等の人工物のないこんな見事な切通しはなかなかないと思います。

その2へつづく