自転車にテントを積んでのキャンプツーリングだけは経験豊富な私です。これまでに国内外色々な場所でテントを張って旅をしてきました。
 私自身がそうでしたがキャンプツーリングは学生時代にサイクリング部にでも入っていない限りなかなか始めにくい趣味だと思います。キャンプ道具だけでなく荷物を積むキャリアやバックも必要です。
 車に自転車や装備を積んでキャンプ場をベースにサイクリングというスタイルで走ってる方は多いと思いますが自転車に装備一式を積んで走ったことのある人は少ないのではないかと思います。
 今回そんなキャンプツーリングに興味を持ってくれたお客様2人と走りに行く機会を得ました。春ごろから計画してルートを煮詰めて。。途中でラフティングをするという案が突如舞い込んできてルート変更!四国に行くことは決めていたのでラフティングと言えば吉野川?でもキャンプを絡めるのが難しそう。自転車に荷物を積んで移動してテントを張るという流れには拘りたかったので四国のもう1つの大河、四万十川で検索するとなんとキャンプ場内にあるラフティング会社があるではないですか!!ここです。
 輪行も今回はパス。車で現地まで移動してデポして走り出して帰ってくる2泊3日の行程です。ラフティングの予約が最終日の午前にしか取れなかったのでそれも考慮してのコース設定。上りは少なめ。走りも少なめ。です。国貞が企画すると坂ばかりではないか!と言われてしまうのですが今回は違います。まずはキャンプツーリングが初めてのお二人に楽しんでもらわなければなりません。装備を積んだ重たい自転車は走らすだけで結構大変なのです。
 とはいえ自転車ではないキャンプ経験は豊富な方々だったのでキャンプ場に着いてからはこちらが教えて頂くことも多く大変勉強になりました。
 

 
 FBや電話、店頭でたくさんやり取りして装備を紹介したりまたお貸ししたりでいよいよ当日です。
朝6時に法界院駅近くのコンビニに集合。あっ。参加メンバーはOKさんとTKさんです。TKさんに車を出して頂きました。ありがとうございます。私とOKさんの自転車をルーフに積み込みさあ夏合宿の始まりです。


 せっかく四国へ来て香川を通るので朝食はうどんにしました。豊浜SAです。
 高知道をひたすら南下。私が高知大にいた頃は高速は南国ICまでで対面通行でしたが今は四万十町(窪川)まで伸びています。それにほぼ二車線。四万十へのアクセスは格段に楽になりましたね。


 終点の四万十町中央ICで降りてサイクリング開始!ではなくそのまま車で海洋堂ホビー館四万十へ。行程の途中で自走する案もありましたが初めに車で行ってしまうのが楽だと判断しました。実は集合時間も海洋堂ホビー館の開館時間に合わせています。着いたのが10時半。なんとか下の駐車場に停められました。
 国道から約6キロ。随分道は改良されているようです。とんでもない山奥にあると都会からくると感じるでしょうが高知の山深さを知っているものとしてはまだまだ序の口レベルだとも言えます。
 いずれにしても辺鄙な場所であることは確かです。『わざわざ行こう!』というのが高知県の観光キャッチコピーですがここはまさにわざわざ行く場所ですね。

その2へつづく