名残惜しいけど下ります。「この青空を見ていても立ってもいられなくなってやって来ました。」という高知のライダーさんとしばし談笑。いいなあ。


 キャンプ場へちょっと寄り道。すごく開放的なキャンプ場です。無料です。新しいバイオトイレが出来てました。


 少し歩いて天狗の鼻まで上ってみました。梶ヶ森を見上げます。切り立った断崖上のピーク。高度感がすごいです。歩ける靴があるなら寄り道お勧めです。


 下りの途中、広い駐車場の奥に登山道の入り口があります。自転車を置いて10分も歩くと竜王の滝に着きます。日本滝100選、落差20m。




 帰路は道を変えて西川方面へ下りました。この写真を撮ったすぐ先から細道に入ります。


 棚田の先にさっきまでいた山頂の塔が見えています。随分と下ってきました。


 ポストのあるカーブ。


 ここから梶ヶ森へ上る人は少ないと思います。土佐弁がいい味出してます。


 2連の砂防ダム。水量が多くすごい迫力でした。下りきると西土居の国道からすぐの分岐に出ました。なるほどここへ繋がっているのね。


 再び国道32号を戻ります。行き交う車の何割かはラフティング会社のものでしょう。吉野川の瀬はハードそうです。夏休みを思い出しながら帰りました。


 大歩危駅へ戻ってきました。自転車を袋に入れて歩危マートへ。ここの素朴な田舎料理がうまいのです。


 注文は向かいのスーパーのレジで。今回はぼけあげとぼけ祖谷汁を。あげは焼いてカリカリより汁を吸った方が好みでした。土地の野菜がたっぷり入ったぼけ祖谷汁のうまいこと。疲れた体に染み入りました。

おわり