最近の作業より。
後輪のパンク修理でお預かりした一般車。一見すると溝もしっかりあってまだまだ使えそうなタイヤなのですが・・・。



チューブを取り出して中を見るとかなり傷んでいました。今回はタイヤ・チューブ交換に作業内容を変更しました。


 
こうしたタイヤ内部の劣化によるパンクの特徴はチューブに写真のような傷がたくさんあること。空気漏れは一ヵ所でもまたすぐに別の個所がパンクすることが想像できます。

タイヤの外側からではこうした劣化は判断できない場合が多くお預かりする際はチューブ交換、タイヤ交換の可能性も説明するようにしています。
 作業時間、作業工賃も変わってきますのでよろしくお願い致します。