第35回のシマノ鈴鹿ロードに今年も行って来ました。
初日は朝8時50分スタートの1時間サイクルマラソンへ参加しました。
1時間サイクルマラソンは

「西コースを1時間たっぷり走れる初心者向けの種目で、ロード、フラットバーロードで出場可能です。体験レースを卒業し、たっぷりサーキット走行を楽しみたいという初心者サイクリストにおすすめです。」

とありますが優勝を狙う本気組も混走します。私も今回初めて先頭近くに並んでスタートし集団同一周回ゴール(大抵12周回)を目指しました。



1時間サイクルマラソンは西コースです。長い下りはないのですがコーナーごとにインターバルが掛かります。



 先に結果から。11周、-1lapで56位でした。先頭に抜かれることはなかったのですがもう1周する前にゲートが閉まりホームストレートのゴール地点へ下らされました。
 4周目、大体20分経過したところまでは4分台、ここでちぎれて5周目からは5分台になっています。
シクロスフィアでパワーデータを見ると4周目のNPが302Wと1番高くどの辺りかは覚えていないのですがこの周回で足を使ってしまい集団に着いていけなくなったようです。
 20分というのが普段の日曜朝練で追い込む時間とほぼ同じでした。1時間を乗り切るのはもう少し長時間の練習も必要だと感じました。

 集団から千切れてからも気持ちは切らさず。あと40分も走るのかと少し絶望的にもなりましたが積極的に小集団の先頭も引いたりしてペースを維持。協力して走りたいのですが引きすぎる人、上りでむやみにペースアップする人などなかなかまとまりません。でもこの位置にいるってことは自分も含めて先頭には残れないフィジカル&テクニックの人達なので上げ下げはあっても結局それなりの大きな集団になっていたようです。
 ラップタイムを見ても5分20秒前後で推移し順位もあまり変わっていません。最後は足が攣りかけながら何とかゴールしました。

ペースは落ちましたが最後まで走り切ることが出来たのは収穫でした。水曜ローラー練の効果も実感できました。
が、レース経験の少なさゆえ無駄にパワーを使っている場面が多いとも感じました。いかにパワーを出さずに順位を上げるかがレースなので位置取りやコーナーリングなどまだまだ足りないところがあるなと感じた1時間でもありました。

パワーデータとしてはMMPグラフの32分からレース時間である1時間2分までを更新しました。これは素直に嬉しいです。レースならではの高強度トレーニングでした。

ちなみに優勝はジャージは違えどチームメンバーのJUNさんでした。おめでとうございます!!