ん?力任せに?
名越の力に任せて!
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

2019/02/22: 18-19" さぬきシクロクロス!

null
チームメンバーの応援&サポートを兼ねて
さぬきシクロクロスのC4クラスに参戦してきました!
なんと!
今シーズンから初シクロという方も(喜

さぬきシクロクロス大会   <進行状況、カテゴリー> 
8:00~ 受付(各レースのスタート時刻15分前が締切) 
8:10~8:50 朝の試走 
09:10~09:35 1)CL3・CK3【競技時間15分】
09:45~10:25 2)C4【競技時間30分】 
10:35~11:15 3)CM3・CL2【競技時間30分】
11:25~12:05 4)C3・U17・CM2【時間30分】 
12:05~12:25  昼の試走
12:25~12:35  キッズ試走
12:40~12:55 5)CK2【時間10分】
13:00~13:10 6)CK1【時間8分】
13:20~14:30 7)C1【時間60分】
14:40~15:30 8)CM1・C2・CL1・CJ【時間40分】

5時半頃 岡山市内を出発
7時頃 大会会場駐車場到着!
※第一駐車場に駐車しやすい

シクロクロスレース前食事メモ
・朝食はおにぎり&餅を分けて摂取
・グリコCCD+梅丹電解質パウダードリンクを継続的に摂取
・補給ゲルを1時間前、30分前に摂取

駐車場ついてそうこうしているうちに受付開始&試走時間に
受付付近にいるチームメンバーと走りはじめ
メインルートは例年通りだったが
階段区間がいやらしくなっている。
null
コーステープ際の2~3段を斜行して左の安全地帯へ
その後の階段は3つのラインが取れる
・左側 ヒルトップまで安定したラインが取れる 
・右側 ヒルトップ数段手前までラインがあり最後担ぐか事が多い
・中央 段がしんどく押すことが多い
定番は左側か右側&後半担ぎ

去年走った時に直前で左右のラインがふさがれ(汗
中央のラインを行けるところまで行ってみようと試した結果...クリア!
今年も使えるか確認の為に中央も走行...OK!

その後に続く芝生エリアのスラロームが増えている
同じようで毎回違うさぬきシクロクロスこれが面白い
レース展開含めどう走るのが効率的か話しながら3周
試走を終え、受付を済ませ車へ
応援&撮影アイテムを持ってコースへ~

第一カテゴリー CL3・CK3
null
ジュニアの出走時間が近づいたので応援&撮影を!

第二カテゴリー C4
経験、年齢の幅広いファーストステップのクラス
Sさん、Nさん、某大学生、僕の数名がエントリー
全体としてはエントリー57名、スタート50名

スタート前の並びはほぼゼッケン番号順...47番ほぼ後方(汗
スタート直後の2段坂のヒルトップまでに何人かわせるかが重要になってくる
1周目はとにかく担いでも乗っても行けるところまで上がるように意識
2周目以降は全乗りで極端に心拍を上げないように意識
できた余裕を別のタイミングで使うようにする。
※心肺のインターバル耐性が低いのもあるので...(汗

あっという間にスタート時刻に
1段目のアスファルト区間では外から追い抜き全体の中ほどまで進む

null
2段目のオフロード区間(土&砂利)入口は急に幅が狭く渋滞区間になるので即担ぎ!

null
そのあとのオフロード区間(砂利&階段)も担ぎながら抜きつ抜かれつ
繰り返しながら数名を追い抜く!

null
ヒルトップにつくと乗車しつづら折れの下り区間へ
隙を見つけては差し込みをしてプレッシャーをかけて...間合いが開けば追い越す
下部付近に行くと足を緩めていたのでネット際の荒れているラインに差し込み数名を追い越す。
ヒルトップに戻る急勾配区間は通常ギアで登れるが、負担が大きくすぐ足をつく可能性があるので
以前から好んで使用している42T*46Tのギアを使いトラクションをかけ乗車してクリア

芝生エリアの前半へ
ここから地味テクで少しずつ稼ぎ間合いを詰めていき
板シケイン部分で追い越し、明らかに速い人に時折追い越され...少し焦る。
無理に追わず一人ずつ追い上げてノーミスでいく方向に!

芝生エリアの後半へ
テンポよく切り返し入っていき、弱いオフキャンバーの電柱周りは最適なグリップコントロールを意識
その後は朝練でしたような芝のスラロームをこなす。
出口付近にある重要ポイントへ
横から → 右上がりの斜面 → 数段階段登り → 上の段から横へ抜けていく
例年スリップダウンする方が多いので間合いが詰まったまま入ると道ずれになる事も
後ろがベタ付けでなければ回避行動がとれる最低限の車間を開けておき
バイクが動かしやすいようにバイクの右側に降りる(斜面山手)
階段途中でバイクを力業で持ち上げ左側に移り乗車
※来年は右乗車で攻めてみようか

最終の舗装路区間へ
途中のグレイチングに気を付けながら、ひたすら踏み倒す。
この時点で前方にいることができたのもあり
過剰に間合いが詰まっていなので走りやすくなった
ここで数名のパックになって走行していくうちに計測地点通過


2周目の階段区間は
null
コーステープ際か2~3段を斜行して左の安全地帯へ
その後の階段は3つのラインがある
左右がうまっていたので...中央ライン乗車突破!
つづら折れ区間、芝生エリア、周回遅れの方を適時交わしつつ
最終の舗装路区間にへ
途中のグレイチングに気を付けながら、ひたすら踏み倒す。
1周目よりばらけた感じがあるがまだ数名のパックで計測地点通過


3周目の階段区間は
右側&数段手前から中央突破、つづら折れ区間、芝生エリア前半は難なくクリア
芝生エリア後半の出口にある小階段区間で前の方がスリップダウンここぞとばかりに前へ
その後の舗装路区間で踏み倒すも先ほどの方に抜かれる(汗
最終周前なので前後を確認すると4人いる...そのまま計測地点通過


4周目の階段区間は
右側→数段手前から中央突破
その後気が付くと同じペース方と2人になっていて前後が少し離れた状態
ワンミスで後方にのまれるのはお互いに同じ状況
変に意識せずリカバリースペースだけ確保しつつ走行しているとあっという間に舗装路区間に突入
舗装路ストレートで若干離されたがそれ以降広がる様子がないので
少しペースアップすると徐々に近づいてきて最終登りコーナー手前で後ろにジョイント
少し上ったところで速度差ができるようにスプリントをかけハンドルを投げてゴール!
後ろから刺せたかどうかは...リザルトに持ち越し!
結果ワンランクアップの7位

他のメンバーもやり切った満載でゴール!
さぬきシクロクロスの中で新たな課題を見つけた方も...練習して課題を武器にしちゃいましょう!

第三カテゴリー CM3・CL2
落ち着いた展開の多いマスタークラス
Tさん、Kさん、Kさん、Iさん、Iさんの出走時間が近づいたので応援&撮影を!
null

第四カテゴリー C3・U17・CM2
継続経験者が多いが、いろいろな年代が混走するので新たな展開も
今回もU17の某選手が1週目を頑張ったので...大人たちに1周回プレゼント(笑
Tさんの出走時間が近づいたので応援&撮影を!
null

ここでお昼休憩!!
20190223-d85_3248.jpg
香川県とくれば...うどん&焼き鳥
毎年さぬきシクロには出店がでてくれています。
家族で来られている方は時間をみつけて、近場のうどん屋や焼き鳥のお店に食べに出ている方も多いですよ!
シクロクロスはイベント+プチ観光&食べ歩きが出来るのでお勧めですよ!

第五カテゴリー CK2
ジュニアの出走時間が近づいたので応援&撮影を!
null

第六カテゴリー CK1
全力で頑張るちびっこを応援!
見ている側にも力が入ります。

第七カテゴリー C1
長期継続経験者多数のトップカテゴリー!
国内トップ選手も!?
null
Tさん、Fさんの出走時間が近づいたので応援&撮影を!
null

第八カテゴリー CM1・C2・CL1・CJ
長期継続経験者多数のセカンドカテゴリー!
出走時間が近づいたので応援&撮影を!

C4のログです。

2019-02-17 第12回さぬきシクロクロス善通寺大会

なかやまでは
日曜朝練の時間帯に『ロードの練習会』だけでなく、
『オフロード練習会』も開催しております。
オフロード練習会は2部構成で行っています。
・ブレーキコントロールの練習、スラローム練習、加重のかけ方...等々の基礎編(1部)
・ミニゲーム&仮設コースや山道を実走...等々の応用編(2部)

オフロード練習会はマウンテンバイクやシクロクロスどちらでも参加できますよ~
ロードバイクでは意識しにくいバイクコントロールのスキルアップをしたい方にもお勧め!
もちろんオフロード走行のパフォーマンスアップしたい方もお待ちしております。

気になる方は店頭にてご相談ください。


Category: 総合
Posted by: nagoshi

2018/11/22: ツールドおきなわメカニックサポート 後編

ではレース当日です!

11月11日(日)
4時頃起床~
最終必要な物を宿から持ち出し、まずはメイン会場へ
カテゴリーごと点呼のちスタート地点へ
null

スタート地点到着後は、担当カテゴリースタートまで直前メカニックサービスを!
前日受付の時にバイク確認していない方もおられるので...毎年数台は色々あります(汗

チューブラーの方で空気が早く抜けるのですがというお話があり、早々にタイヤ、バルブチェック
タイヤは明らかな異常な無く、抜けの早い車輪のみバルブエクステンダー(中継ぎ)がかなり緩んでいた。
前後輪バルブコア、バルブエクステンダー(中継ぎ)の増し締めを行い完了!

その後は空気入れの使用、変速調整&エンド修正を
小休憩の時には藤田選手(1025 140km)によっていただきました。
null

タイヤがおかしいというお話があり、早々にタイヤチェック
タイヤの傷み(うねり)もあり、チューブも1年以上交換されていないようなので
タイヤとチューブの交換をお勧めし、即座に交換!
null

先に市民140km招集時刻に
スタート直前にブレーキの片当たり調整をという方もおられ調整し無事スタートを!
null

そうこうしていると
ジュニア国際140km招集時刻に
こちらは大きなトラブル無くスタートに
null

ニュートラルサポートカーの車内はこんな感じです
・預かり車輪用に使うテープ、カテゴリー用無線
null

・後方は交換用車輪(フロント、リア10S、リア11S)、工具、水
null

前半は特に大きなトラブルも無く進む
審判車両と共にメイン集団についていく
他のカテゴリーサポート終了したバイクが合流
その際に通常ホイルとジュニア用ホイルを交換!

中盤から徐々に動きが出てくる。
25名前後の集団が徐々にばらけはじめ
数名の小集団が3~4つにわかれ
合流しては分裂を繰り返し...1名、また1名と脱落していく

後半になると
暑さもあり、水の要請がある選手には水をわたす。
入賞圏内になる10名前後をとらえるために前方へ上がる
時には選手とサポートカーがラインを融通し合いながら走行する
null
ゴール前数キロの緩斜面区間で7位前後を確認したところで
ゴール直前になりわき道にはけて無事終了!!
null

レースサポート終了後は機材返却場所を巡り
集合場所へ戻って行くと...
岡山から参加している方々が無事ゴールされていました。

挨拶をさせていただいた後には
表彰式&ふれあいパーティーでおやつ(お昼ご飯兼早い夕食)
地元食材のおでんが良い味でした。
null

今年ご一緒させていただいたメンバーで集合写真を!
null

11月12日(月)
前日は朝が早かったので移動日はゆっくりと
ごはんを食べた後に送り返す荷物をまとめ発送手続きをして宿を出発!
那覇周辺にあるローカル市場によりお土産とお昼を食べ
レンタカーを返し一旦空港へ
荷物を預けて那覇市内と空港内で売店を巡り
飛行機の時間になりおきなわサポート終了!

飛行機輪行のおすすめ
・イベント直前ではなくある程度前に点検修理をしたうえで直前に点検
・輪行バックの中で動かないようにきっちり固定
・万が一曲がったときに交換できるようにその車体用のエンド金具(¥2000~4000前後)
※エンド金具 フレームと変速機をつないでいる金具

ツールドおきなわで見る事の多かったホイル
・MAVIC
null
カタログ重量以上に軽快に走ります!
より高い信頼性とブレーキコントロールがしやすい。
最近のUST仕様は快適性と転がりが軽い

・ROVAL
null
スペシャライズド上位モデル完成車に付属
お手頃価格もラインナップつつどのモデルも高い重量剛性比
何より自社WIN TUNNELを使用して開発されたエアロ性能

・GOKISO
null
車輪は重量だけじゃない!回転性能!
現地で多かった組み合わせ
GOKISOハブ&GOKISO設計のGD2リム
GOKISOハブ&ENVEリム
GOKISOハブ&完組メーカーリム
※近日中に試乗できるようになります。



Category: 総合
Posted by: nagoshi

2018/11/16: ツールドおきなわメカニックサポート 前編

今年もBRIDGESTONE ANCHORの営業の方よりメカニックスタッフの要請をいただきまして
11月9~12日の4日間ツールドおきなわメカニックサポートへ行ってきました!

11月9日(金)
まずは岡山空港 → 那覇空港へ
那覇空港到着後、他の地方の方々とロービーで合流!
レンタカー屋へ移動し手続きを済ませ移動開始
名護市へ行く前に那覇市内にある『とよみそば』で一同お昼を!


名護市内の宿で工具類を受け取り、ツアーのスポットサポートの要請があり別宿へ行き1時間程作業!
完了後にツールドおきなわメイン会場のメカニックサービススペースへに移動し作業開始!!
null
この日の作業としては定番となっている下記4種の調整が多かった
・修理作業車輪のクイック締め直し
・ヘッドガタつき調整
・変速調整
・エンド修正
※注
ツールドおきなわに参加している多くの方が輪行というのもあり万全な状態であっても
輸送中のダメージや組み立て時に適正に戻せない事によるトラブルが多いです。

業務終了後には予定確認のミーティングをして解散!

11月10日(土)
前日夕方にE様より電動シフトが適正に動かないというご連絡をいただいていたので
午前中に空き時間が取れたので、事前にいただいた情報から予想できる作業手順を再確認!
お昼前にサポートホイル&無線機受け取りの為に予定場所へ行くと時間変わりましたとのこと
さすがおきなわタイム(笑

その後前日同様ツールドおきなわメイン会場のメカニックサービススペースへに移動し作業開始!!
null
前日と同様の調整作業に加えて…去年以上に重修理が多く(汗
・シフトインナーワイヤー破損によりワイヤー交換作業へ、ケーブル&ケーブルガイドが内装フレームの為BBの脱着をしてケーブルを通し直し変速調整
・通常の変速ワイヤー
・チェーン、変速機を脱着の為、取り付けが適正に行われていない状態
・前後変速機の初期セットアップが完全にできていない状態
・メーカー推奨交換時期を大幅にすぎたチェーンギア
・スポークが飛び自走不可能に、大幅にフレていたので走行可能状態まで調整
・チューブレスタイヤのビート出し作業
・Di2,E-Tap,EPSの電動変速 変速位置がずれ適正に変速しない状態に
・チューブラータイヤ交換を数セット
.........etc

ちょうど別作業の区切りがついたところに
事前連絡をいただいていたE様がご来場
現車確認をして調整作業…復活!
null

その後長時間メカニックサービススペースがあけれそうにないので
サポートカーに同行するメンバーにニュートラルサポート用ツールの受け取りに動いてもらう
・フロントホイル 5本
・リアホイル 10S ジュニアギア 5本
・リアホイル 11S ジュニアギア 3本
・フロアポンプ
※ジュニア国際の場合

その後もあれこれ作業をしていると…
あっという間にメカニックサービス業務終了!
工具類を車に積み込み宿へ戻りニュートラルサポート用ホイルのエアチェックを
null

宿の夕食後近くの公民館で市民系(210km,140km,100km,50km)+ジュニア国際の審判&ニュートラルサービスが集まり全体ミーティング
その後カテゴリ、クラス別のミーテイングをして解散
null
翌日も早朝から動くので早々に就寝

後編へ続く


Category: 総合
Posted by: nagoshi

2018/11/11: ツールドおきなわ本番です

今年は140km地点スタートから
ジュニア国際サポートです。


Category: 総合
Posted by: nagoshi

2018/11/09: ツールドおきなわサポートへ

ツールドおきなわメカニックサポートで沖縄に行っております。
金曜日午後、土曜日に受付会場でオープンメカニックサービスしております。
レース当日はニュートラルホイルサポートで集団に随行する予定です。


Category: 総合
Posted by: nagoshi
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»