土曜日はお店を離れ…広島へ
シクロクロス系 チームメンバーの多くが参加するのもありサポートも兼ねて
中国シクロクロス 第1戦 広島中央森林公園 Day1に参戦してきました。
今シーズン初参加のS様もご一緒に!
null

今年は2日開催の初日というのもあってスタート時間遅いので
岡山を8時出発し途中休憩をはさみ
広島中央森林公園に10時頃到着!

到着後チームメンバーと色々話をしていると予定より早く試走時間に
2周ゆっくり走った後に
効率よく走る(乗車 or 担ぐ)為にキーポイントになる所を繰り返し走り
その時にメインのライン、サブラインをチェックをして終了
試走終了後には皆思うことは同じだったようで…『イノシシ君やりすぎ…(汗』

いよいよレースの始まり時間に!
第一 カテゴリーはCK1、CK2、CK3
チームメンバーのジュニアが出走していたので応援&撮影を~
null

第二 カテゴリーはCL2、CM2+CM3、U17、U15
多くのメンバーがここに出走!
スタート前の緊張の時!
null
応援&撮影していると…
選手それぞれ走り方に特徴が出てきますね~
・前半ハイスタートして後半は順位を落とさないように耐える走りをしている方
・スロースタートして後半も変わらないペースを刻み続け順位を上げる方
どちらにしても得意な走りを生かしてどこまで攻めれるかが重要なようです。

第三 カテゴリーはC3/C4
僕はC4の枠で出走!
null
前半
スタート合図とともに舗装路区間でスタート位置取り争いに
null
1周目のたこ焼きゾーン①は渋滞のリスクもあったので外よりを選択し数名抜く
null
地味にきついイノシシ道ねちねちとこなしていき
出口にあるたこ焼きゾーン②は人がばらけていたのでプッシュプル意識しながら乗車
表彰台は斜面のスラロームになるので左右の荷重バランスが重要な区間
null
数回スラロームした最後には忍者返しのような坂の区間は
42*46Tのスーパーローギアを駆使し乗車してクリア
この間数名に抜きつ抜かれつを繰り返す。
※登り終わりの小さな右コーナーは右に降りて押す方が早いかも…覚書

後半
表彰台裏の後からは始まる緩斜面をひたすら踏み倒し
null
凹凸土道、砂利道、シケイン(板2枚)の平坦区間をこなしていく
null
後半の難所となるシングルトラックへ
所々大雨の影響で中央が掘れているところがあるので
それを左右にかわしながらライン取りをしていきます。
普通にマウンテンのほうがよさそうなところも…
といいつつ多くの方は乗って行っているようです。(笑
出口の最後には右への切り返しのバンクがあり
勢い、重心移動、トラクションをかければ乗ってクリアできました
残りは凹凸土道をこなしていき、そんなこんなで1周終了!

ベース周回計測トータル3周回
残り2周は抜きつ抜かれつを繰り返し粘りながらもジリジリ順位を下げてしまい
最終周に至っては思いのほか暑さで水分不足となり足までつり始めてしまう。
ゴール前はメンバーの声援を受けつつ出し切ってゴール!
順位はというと10位/27でした。
一桁に一歩及ばず…(涙
※今回の暑さでは朝からレース前までに電解質系ドリンクを1~2リットル摂っておいたほうがよさそう。

第四 カテゴリーはC2
上級カテゴリーは駆け引きや、乗り降り等キーポイントとなるところを見ながら応援&撮影
null
どの動きをとってもロスが少なく効率の良い走りで早い!
前半~中盤まで数名ずつ集団になり進み、後半はある程度ばらけてゴールされていました。

第五 カテゴリーはグラベルクリテリウム(エキシビジョン)
なんか面白そうだからと思ってエントリーしてみました。
オフロードと一部舗装路を含む、約1kmオーバルコースを10周
クリテリウムというのもありラップされたら終了(DNF)とのこと。
null
上級カテゴリーの方数名…どこまで残れるかゲームだなと判断!

いざスタートの鐘
null
舗装路区間はほぼロードレースのように後ろ付いたり、付かれたり
1~2周回はそこそこ周りに人の気配を感じつつ走る。
null
3~4周回は徐々に別れ1位、2位のパックと3位、4位のパックに分かれ始める。
その間2回、3番目から2番目の後ろへジャンプをかけるも地味に届かず…
このまま続けると入賞すらできない可能性が出てきたので潔く3番狙いに
null
4周回からは3番目と4番目の2人でそこそこのペースでローテーションすることに
もう一人の方先頭の時にホームストレート前後でペースが少し上がる。
null
その時はここで切れたら終わりや~と思い必死にしがみつく
ホームストレートでは何かしら応援がかかるが酸欠で内容までは聞き取れず…
※後から聞いた話...娘さんの応援があったそうです(汗
そうやって走っているうちに9周回に入ったが大きな誤算
酸欠もあってか、ローテーションの順番を逆算できていなかった。
null
9周回が終わる最終コーナー立ち上がった後ローテションの順番が回ってきてしまった(汗
最終周回に入ったが、そのまま大人しく前を引き始める。
幸いにも足が再度攣りそうではなかったが少しでも回復を願い僅かにペースを抑えていく
ただこのまま行くと後者が有利なのは明白…
先攻逃げ切りの為、浮き砂利のシビアな区間となる最終コーナー1つ前で仕掛け
そこを曲がれるギリギリの速度まで上げ、予定していたラインに乗せて突っ込む
立ち上がりで少し外に流れるも想定範囲内
その後の最終コーナーもそのままの流れで大きくラインを取りながら立ち上がる。
シッティングのままMAXゾーンで回し続け3位でゴール!!
エキシビジョンとはいえ表彰台の上は嬉しいです。
null

今回もチームメンバーの皆さんも楽しんでおられたようで良かったです。
優勝や入賞、前年と同じイベントで順位上がって結果が出ると楽しいですよね。
オフロードを走るマウンテンバイクやシクロクロスはソレだけでは無いですよ!
ある区間が乗れずに押していたのが乗れるようになった。
ある区間が35秒かかっていたのが、動きの効率化で30秒でクリアできるようになった。
等々…できないことができるようになるのが楽しいという方も多いです。

日曜のオフロード練習会でお待ちしております。

公式リザルト 2018-10-13 中国シクロクロス第1戦広島 中央森林公園Day1

C4 走行データ


グラベルクリテリウム 走行データ