null 20190724-dsc05632.jpg
PINARELLO GREVIL Carbon T700 UD

気になる重量はというと...
フレーム:510g
フォーク:1225g

今回のバイクのタイヤキャパシティは
ロードタイヤ 700c 25mm以上
クロスタイヤ 700c 32〜42mm
MTBタイヤ 650B(27.5 ") 2.1まで
※タイヤメーカーによって表示サイズが上記以下でもクリアランスが十分とれない場合があります。

これだけ太いタイヤが入ると一部のメーカーで話が出ていた
『ROAD+』規格とも考えられます。

20190724-dsc05629.jpg
パーツが揃うまでピナレロコーナーに展示しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近流行りのグラベルロードとは
太いタイヤが入るドロップハンドルのバイクというと...シクロクロスが定番でした。
ここ数年でグラベルロードと呼ばれる太いタイヤが入るバイクが増えてきました。

『グラベルロード』
そのワードだとオフロードよりのイメージを持つ方も多いと思います。
一部のメーカーが記載していたオールロード(ALL Road)という表現や
グラベル&ロードという表現が言葉の印象と実際の使用方法のイメージが近いと思います。

700Cの車輪径で25~28Cのタイヤで舗装路(ロード)パフォーマンスの向上
700Cの車輪径で35~40C、650Bの車輪径でタイヤ幅が45mm前後で未舗装路(オフロード)パフォーマンスの向上

グラベルロードとして広い守備範囲を求めていった結果
『車輪やタイヤを変えることでどこでも走れる』
というのがある種の性能となっているようです。