サイクルショップ店長のひとりごと
店長のひとりごと
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 38 | 39 | 40 | 41 | 42 || Next»

2005/09/05: 2005吉備高原MTBレース


天気が心配だった、予報では午後から雨吉備高原はやや北にあるので朝から雨だろうと予想していたほとんど降らなかった。
朝6時半集合、7時出発。やや早めに現地入りして次男に入念な試走をさせようと思っていたが思いのほか道が込んでしまい到着が遅くなってしまった。それでも急いで準備をして、雨に備えてダックステントを張り、ローラーも準備、銀マットも敷いてアップ&ストレッチが出来る場所はいつものようにセット完了。まずは子供たちを連れて試走に、次男は前回の試走で転んだのが怖かったのか試走を嫌がっていたが、父は許さず強制連行。何とか試走も無事終了。・・・・(やはり次男もっと練習させなきゃ。)
 そうこうしているうちに開会式、9:20キッズクラス(5~7歳)のレース開始、キッズクラスは土の駐車場を使った特設コース。1周約1km、さながら運動会を思わせるビデオを持ったおやごさんの走りが見れた。年々このクラスの参加者が増えてきているようで楽しみです。この特設コースもところどころ乗ってはいけないような下りが有り、親の手を借りている子も毎年います。去年まで次男はこのクラスだった。
 そしてついに不安の次男の出走チルドレンクラス(8~10歳)このあたりは体格の差もテクニックの差も大きい。体格はともかくとして次男はテクが無い&体力が無い、無事完走を祈る。スタート前、隣の女の子をナンパしていた。(-_-;)

 順位は良くわかりませんが後から数人目でゴール、登りはほぼ押していたようでかなり疲労していた。彼なりにかなり頑張ったことはしっかり褒めてやりたい。
次が期待の長男出走ジュニアクラス(11~13歳)このクラスには強敵「焼き鳥山頂」の石井君が出場してくると思っていたら彼は大人に混じってビギナーに参戦!なんとレベルが違いすぎていた(^_^;)

レースは長男とE原祐介君とのデットヒートとなった、1周1.7kmを2周ローリングスタートの先導バイクが履けた途端に号砲!二人でコースに飛び込んでいった。まず1周目激坂に現れたのは祐介君!長男との差は10秒弱激坂を登りきるあたりで長男が激坂に差し掛かる・・・これは追いつくのは無理か?しかし長男も必死で登っている。「吐くほど走れ!」と檄を飛ばす。2周目激坂には長男が先に現れた!祐介君もほぼ同時に差し掛かる、いいレースだ!結果何とか長男逃げ切り優勝!
相当頑張ったらしく二人ともゴール後は道に転がっていた。
今回のジュニア参加者が5人だったことで表彰が優勝の長男のみと聞き長男は「じゃ僕、表彰して欲しくない」と言い出す。確かにみんな頑張って走ったのだから表彰台のある3位までだけでもちゃんと表彰してやってください。これから頑張るであろう子供たちのためにももう少し配慮が・・・。とりあえず大会側に従い長男は表彰しにを済ませたが記念写真は3位までの子供に上がってもらえて撮らせていただきました。父母共に感動!
そしてビギナークラス(初心者)のスタートコースを3周。

ローリングスタートでコースの突入!まずは祐介君のお父さんE原さんがトップで始めての先頭だったらしく「後を気にしながらトップを走れるのは気もちよかったぁ!」と。1周目SAさんが2位で通過、SAさんはシフトミスとかライン取りの荒さが有るにもかかわらず、2位をキープ。最後まで力強い走りだった。
結果はE原さん5位入賞、なんと石井君は大人を抜いて3位に入賞、恐るべし!来年は同じクラスに出さして競わせるべきか?・・・・(-_-;)
今回、参加者が増えたのがウーマンクラス(女性)コース3周
で競います、ダックスからカナエちゃんが出走、カナエちゃんは乗鞍ヒルクライムでも5位に入賞する実力・・・圧倒的な早さでした、終始トップをキープ!おめでとう!ごめんね表彰式の写真が撮れませんでした。

 次は自分の番だダックスからの出場者の多いノービスクラス(中級者)コース5周、レース3連ちゃんの疲れか朝からとにかくテンションが上がらない、はまZさんと同じような会話をしながらローラーを30分ほど回して朝ダラダラでアップを済ませ、銀マットでストレッチを入念に。ストレッチを怠ると後に疲労がかなり残る。  この日スタートから躓いていた。朝何度も持ち物チェックをしたにもかかわらずヘルメットを忘れていた。但し自分のヘルメットは忘れていたが、なぜだか玄関で目に付いたレンタル用のヘルメットを「だれか忘れた人のために持って行こう!」と車に積み込んでいたので自分で使う羽目に(^_^;)  
そしてスタート直前に飲んでおくはずのパワーゲルは走り出してから飲み忘れに気が付く。ローリングスタート隊長、今田さんなどにどんどん抜かれてコースに突入、まずは無理せず抑え気味のペースで前半回ろう、そうすれば後半タレてきた人をかわして順位を上げられればいいという作戦で行った。しかし3周目に入ってもどんどん抜かれるだけ、誰も落ちてこない!どっちかと言えば自分の方が落ちている感がある。なんだコリャ!イカンゾこれではとペースを上げようとするも足が回らない・・・パワーゲル(T_T) 激坂の応援にも何とか気の聞いた返事もしたいが声が出ない。今度はもしかして周回遅れでDNFになるかも!という心配まで・・・スタッフの「17位」という声が聞こえた。「遅いなぁ俺」と反省。走りながら反省をした、まずはスタート前にパワーゲルを忘れたこと、少しでも登りを軽くとタイヤの圧を上げたため砂利の下りがグリップ不足になったこと、それ以前に練習用のタイヤのままで重いこと、リヤサスの圧を上げすぎたためリヤが落ち付かないこと・・・・このことは次回レースに生かせばいいや!と気持ちの切り替えは速い!それにしても山下さん、たなかっちさん、まめなすさん、畠中さんにどんどん抜かれてチームのレベルの高さに満足?  そしてゴール!何とか周回遅れにはならなかってほっとする。クールダウンでアスファルトを少し走り車に戻ると隊長のバイクのハンドルが明後日の方を向いている!「どうしました!」と聞くと最後の橋で滑って転倒!そこから後は押して走ったそうで入賞ならず、転ばなければ2位確実だったらしい!残念。
エキスパートクラス(上級者)コース8周

スタートから本命?ゴツイ君飛び出す!続いてポテトの小森君、酒井さんとデットヒート、2周目激坂で観戦しているとしたの方で「ドカ!」と凄い音が、ゴツイ君が橋で滑ったらしい。激坂に現れた時にはシフトがガチャガチャ不調を訴えていた。転倒でエンドを曲げてしまったのだろう。この調子で最後まで走りきれるか?と思ったのはいらぬ心配だった。その走りは最後まで変わらずだった。tafさんは必死で4~5位くらい?喰らい付いている、はまZさんは端からは余裕の走りに見えた。良い感じで前を走る人の後ろでペースを維持、最終周あたりで順位を上げてゴール!と読んでいたがかなりいっぱいいっぱいだったそうです。山本は終始我慢の走りで8周走りきったようです。しまじろうさんも新たの導入したレフティーの感触を確かめながらイーブンペースで走っているように見えた。(しまじろうさん他メンバーの写真がカメラマン{うちの奥さん}の手振れが酷くて撮れていませんでしたごめんなさい。)
今回出場された皆さん、スタッフの皆さん本当にありがとうございました。また頑張りましょう。

» 続き・・・





Category: イベント参加
Posted by: なかやま店長

2005/08/30: シマノ鈴鹿ロード2005

8月26日金曜日21時集合、前日に少し積み込みを済ませていたので今年は割りと早めに積み込みが終わり22時10分には鈴鹿に向けて出発。途中数回の休憩を入れながら3時過ぎに到着、いつものように10番ゲートから駐車場に入ったが今年は車が少ない、例年より入り口に近い駐車場に上がれた。僕は10時半くらいのスタートである、それまでにテントを張ったり、自転車の準備、、アップ、受付などをこなさなければならない。今年は総勢24名、多いがためになかなか行き届かなかったのが悔やまれる。それはさておき、6時15分からの試走に子供を連れてコースを1周走った、長男は慣れたものでさっさと行ってしまい、次男、長女はフルコースが初めてのようでフラフラ走って危なっかしい。次男はレースでは東ショートコースなのでフルコースを走る必要はなかったのですがこれも経験ということで1周走らせた。
今年は練習不足で望んだ鈴鹿ロード、ロードレースは誤魔化しは効かない。練習不足は素直に結果に現れた。去年はオープン2の3周のクラスに出て3周余裕で走りきれましたが今年は2周目の後半から足が重く、先頭の揺さぶりに翻弄されてしまい、先頭集団から切れてしまった。やはり足が有るのと無いのではレース展開が大きく違う、100人以上の集団の中で先頭から20名くらいの中に常に残れるか、その後で切れそうになりながら先頭集団に付いていくのとでは先頭からの距離としては大して違いは無いのだが足の使い方としては天地である。本当に思い知らされた(-_-;)このレースでかなり足を使い果たしてしまって、その後のチームロードでは本当に走れるのか心配になった。

チームロードまでの約1時間で以下に回復するか!アミノバイタルプロx2、マッサージ、ストレッチ、ローラー。出来る限りの事はして望んだ。・・・が。
 チームロード222チームが参加、凄い早そうな出で立ちの方たちがいっぱい。僕らの前に出走の広島のチームの方たちもかなり速そう!・・・と思った時にはまZさんが「前の広島のチーム、ぬいちゃりましょう!」うぉおお!気合が入る!10秒前にスタートしたチームを追う!!!スタート!はまZ、EG、僕、SAの順で飛び出す、スタート直後はホームストレート、向かい風はきつく、登りでかなりきついがどんどん加速。今年ほどたくさんのチームを追い抜いたのは初めてだ。はまZ、EG、僕と先頭を走りSAさんが先頭に出た瞬間ドカ~ン!SAさんフル加速!「ダメダメそんなに加速しちゃ!」とはまZさん叫ぶ。そういえばチームロードの練習はしていませんでした(^_^;)基本的な事も打ち合わせしないまま望んでしまったが何とか走れましたね。走り始めて僕はこの足では多分3周持たないと確信したので出来るだけブースターロケットでみんなを引っ張ろうと決めた。僕だけDHバーを付けていたので向かい風のところ、下りで加速するところでは引っ張れるだけ引っ張った。2周目には足が売り切れとちゅうではまZさんがペースを落とし僕を迎えに来てくれるような状態になってしまった・・・申し訳ない(T_T)。そして3周目のホームストレートを走りきった時点で気力が切れてしまい脱落・・・・泣けた、申し訳なかった。3周を終えて帰ってきたメンバーがうらやましかった。・・・ごめんなさいm(__)m
ユースに出場した次男、長女、長男、それぞれに頑張ったようだ次男は日頃からあまり自転車には乗っていないが何とかショートコース4.5kmを全力疾走したようでゴール後、顔色が青かった。長女はレースと言うよりサイクリングのような走りを今までしていたが今年はスタートからかなり飛ばしていた・・・・が速くはない。長男はフルカーボンの自転車を与えているが期待したほどの走りは出来なかった。やはり練習不足の何者でもない・・・長男はロードは嫌いらしい、MTBは結構好きなようだ。
1日目終了、
 2日目!おはようございます!毎年恒例になりました(40を過ぎてから)おはようレースに参加・・・・毎年朝1番のレースはマスターズ40+  7時30分のスタートです、7時30分に走るということはその3時間前には食事を済まさなくてはいけません。4時半目覚まし・・・5時起床。奥さんも起きてくれてゴソゴソとサンドイッチを作り始めた。24人全員の朝食は無理だが朝スタートのメンバーだけでも食事を・・ということで。食べ終わったら既に6時前、走る準備をして今日も子供と試走に。1周は子供ともう1周は1人でアップで汗をかく位走っておいた。試走が終わると既に召集が始まっていて列に並んだ、いい感じだ、ちょうどアップも出来ていいタイミングでスタートである。昨日に経験から僕の足は2周が限界、マスターズ40+は2周!全開である!今年もイイトコ行けるカモ?と思いながらスタート!足が回る!ホームストレートでぐんぐん抜いてほぼ最後尾からシケイン手前では先頭集団に仲間入り。シケインをクリアしようと思ったとたんに前方左3人くらいの方が落車!グァ!こっちに倒れてくる・・ヤバイ・・・グシャ!ぐにゅ!その人の右肩部分の僕の後輪が乗り上げた!「やばい!人を轢いてしまった!」でも何とか僕は落車をまぬがれた・・・ごめんさい。この落車で集団は中切れ状態、危なく置いていかれるとこでしたが何とか先頭集団に復帰。西ストレート、スプーンカーブ辺りでは先頭がすぐ目の前だったので1度先頭に出てみたいという衝動に駆られたが我慢。そのまま1周が終わり2周目のシケインでまたも落車僕の後輪に誰かがアタック!だがこれも大したことなく切り抜けれた。そのシケインを抜けたところでもまたも落車、今日は本当に落車が多い。ヘアピンカーブでも先頭から20人くらいで通過、立体交差を抜けて一番危険なデグナーカーブ、ここも落車が多いところですが無事クリア。ダンロップカーブを過ぎてS字、第2コーナー、第1コーナーとどんどん加速!下りはボントレガーカーボンホィール最高に速い!第1コーナーを抜けるころには集団の後も加速してきて40人くらいがスプリント開始!グゥア~~~~ともがく!数人を抜いてもっと前に出ようと思ったら僕の前の3人くらいが失速!「もがけぇ~!、まわせ~!」と後から檄を飛ばすが無理!僕の左右も塞がっていて前に出れず仕方なくブレーキ(T_T)31位でゴール・・・残念だがそれも実力、もっと速く走って遅い選手の前に出ていることが出来なかった時点で勝負になっていなかったのです。



参加した皆さんお疲れ様でした、色々課題を残した鈴鹿ではありますが無事楽しく終えることが出来ました。また来年も悔いないよう練習をして望みましょう!(僕か)

» 続き・・・





Category: イベント参加
Posted by: なかやま店長

2005/08/29: 2005鈴鹿ロード

鈴鹿に行ってきました!楽しかったぁ~&課題がいっぱい残ってしまった。とにかく夏のイベントは終わった\(^o^)/詳しいレポートは後に私の結果は1日目オープン2の2組75位/155人、チームロード42位/222組(私は2周目で切れてしまったので3分の2しか貢献してませんm(__)m)2日目朝1番のレース、マスターズ40+ 31位/115人と言う結果でした。今回の遠征は24人結構多かったことで全くと言って行き届いたフォローが皆さんに出来なかったのが悔やまれました。自分自身練習不足ということもあり余裕が無かったのが最大の原因だったと思われます。いろんな面での課題は次回には有効に生かしていきたいと思います。また改めてレポートアップします。お疲れ様でした&ありがとうございました。本日は吉備高原にMTB試走に行ってきます。(写真は帰りに残っていたメンバーでパチリ)


Category: イベント参加
Posted by: なかやま店長

2005/08/22: ミッドナイトエンデューロ10h&4h

8月20日土曜日、お店の営業を3時で強制終了して岡山国際サーキット(以前のTIサーキット)に向かった。途中僕はシューズを忘れたことに気が付き奥さんに取りに帰ってもらったm(_ _)m。
 1時間半ほどで到着、早めに出発してくださった宰田さんたちがピットを確保してくださっていたのでなかなか良い場所をゲット。早速テントを設営、三本ローラーも準備 選手交代の後のクールダウンとか自分の出走まで時間が有った場合走り出す前のアップにも使えるのでローラーは耐久にも必需品だ。
今回の作戦はまずはスタート直後は2~3周で交代早めの交代でタレないようにするとしていた。スタートは山本、二番手が宰田さん、僕、勝(長男)という順番、今年も僕は「人の後に付かない&ダックス以外のチームには後ろに付かせない」と決めて走った、ダックス以外のチームを引っ張ると、もしかしてそのチームがダックスのチームと順位を争っているかもしれないから引っ張るわけには行かないのだ!なんて1人で盛り上がりながら走った・・・・おかげで誰か後ろに付く度、蛇行して&加速して引き離そうと頑張ったため余計な足を使ってしまった。僕は最初の交代で3周、次からは5周ずつ回った、今年は練習不足の割りに足が良く回り「これはいけるなぁ~!」と思っていた矢先、2時間くらいで両足が攣ってしまった。(T_T)これには理由があります、ピット裏の下りでガンガン飛ばし右コーナーに突っ込んでいったところ急にママチャリがイン側によってきたため進路を塞がれてしまい「イン側に居ます!」を叫びながらパニックブレーキ!その途端に左足がピキッ!ううううううっ(T_T)なんてこった!こんなに早く攣るなんて未だ8時間もあるのにくやしぃ~とつぶやきながら走っていたらピットに着く前に今度は右足がピクッ!・・・マジですか!・・・何とかピットまでたどり着き奥さんにスポーツバルムでマッサージをしてもらい、何とか復活、後の予防に水分を多めに摂る事にした。(攣らないようにCCDを飲んでいたのだが飲む量が少なかったようだ)それとSEVのHPベルトを足に巻いた。どれが効果をなしたかは判りませんが最後まで足が攣ることはなく走れました。・・・奥さんのおかげだな!
山本は練習不足か?3周ずつをキープ、宰田さんは途中4周を織り交ぜながら、長男は3周、5周、3周、3周と走った。
レースは4時間を過ぎた辺りからピット裏にはまたしても屍が・・・転がり始めた。


某岡崎氏は以前にも10時間にエントリーして6時間寝ていたと記憶しているが今年もそれを狙っているようだ(^_^;)3~4人でエントリーしているチームは交代までの時間が結構有るので寝ていても大丈夫だが2人で組んでいるチームは厳しい!寝て待つわけにいかないのであるましてやソロで走るしまじろうさん、山下さん、杉山さん某岡崎さん等は休憩=タイムロスなのである。

そして4時間が過ぎたあたりといえば4時間耐久の終了です。このくつろぐセイゴウ君は仕事は休みだったにもかかわらず遊んでいてスタートに遅れてしまいました。4時間終了で彼も帰ってしまった・・・。
もう1人4時間終了後にピットに来てくれたN川氏はなんと計測チップを付け忘れて3周も走ってしまった悲しい人らしい・・・本人談
走行しているうちに25時を過ぎて長男は戦線離脱、そのころ僕はいつものようにハイテンションに。やはり夜中になると調子が良い!気分も盛り上がってくる・・・なぜだろう?しかし今年は最後までタレない様に走るが目標なので抑えて走ることに前半が34km/h平均だったので30km/hで走ろうとコースに出るがやはり後に付かれると振るい切ろうと必死になるため33km/hくらいで走ってしまう。
最後まで持つのだろうか?自分なりの心配しながら走る横を江川さん、はまZさん、shibaさんが追い抜いていく・・・速い。途中でソロで走るしまじろうさんをアシストするが登りでは追い抜かれた・・・MTBなのに速い!(@_@;)
・・・というか僕が遅いのか。
8時間経過くらいの順位を聞くとファミリークラスでは1位らしい、2位との差も2~3周くらい。でも安心は出来ない、去年よりもさらにペースは遅いのである。もしかすると最後には挽回されるかもしれない。はまZさんチームも4位との差が3分くらいと聞き逆転を狙っているようだった。そんな熱いドラマが続きついに10時間終了間際、今年も最終走者に僕はなった。ピットで交代を待っているときshibaさんが「店長!追いかけて抜きます!」と発破を掛けられた、案の定、数十秒後にスタートした彼に2周目(?)あっさり抜かれあまりの速さに追いかけることもなくゴール!暑い夏が終わった・・・って来週は鈴鹿だ
そして何とか雨も降らず終了した夜明けの空にはきれいな虹が出ていた。

結果は昨日も書いたようにファミリークラスで見事優勝!3連覇達成!来年からは・・・どうしよう?実は次男がやる気を出しているので小学校3年生、中学1年、44歳+アルファーでまたしてもファミリークラスを狙おうかと目論んでいます・・・不確定。

今回参加された皆さんお疲れ様でした。おかげさまでとっても楽しい1夜でした。スタッフの皆さんありがとうございました。来年も頑張ります!
長い表彰式で沈没するメンバー


Category: イベント参加
Posted by: なかやま店長

2005/07/18: 夏の中山2時間4時間耐久ロードレース



暑い中、本当に暑い中皆さんよく頑張りました!私は今回は参加しませんでしたが、応援のために自走で中山サーキットまでロードで行きました。レーススタートが9時家を出発したのが9時15分くらい???とりあえず2時間のゴールに間に合うように心拍数160前後で飛ばしていった、1時間15分くらいで着いた。暑い+熱い+あつい!良くこんなに暑い中こんなコース走るんだなぁ~などとふざけながら応援!2時間のゴールでかなり感動!そして魂が抜けたように走る4時間のメンバーを見てさらに感動!本当に皆さんお疲れ様でした。そして皆さん好成績にさらに感動!表彰台にダックスジャージ!泣きそうでした。ありがとう!



Category: イベント参加
Posted by: なかやま店長
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 38 | 39 | 40 | 41 | 42 || Next»