東京に就職で行ってしまった娘が「会社の人とサイクリングするから自転車が欲しい」とラインが来た。
「うっほほ!」大喜びで自転車準備はじめる。
null
娘の住むところは自転車を室内には置けそうにないので、それに合わせて手を加える。
 
ワイヤー類はステンレスに交換
フレームはガラスの鎧(コーティング)
null
サドルもやわらかい物に交換
ハブはグリスアップ(通常作業)
null
カセットは脱脂して、クリアコーティング(塗装)で錆び防止(高価なカセットじゃないので錆びないように)

ハンドルも以前私が使っていたこともある、アルミの軽量なものに。(これは自己満足)
null
そして使う可能性は低いがいざという時に困らないように、ツールジップバックにポンプ、予備チューブ、タイヤレバー(誰でもロードタイヤが嵌め外し出来る画期的なレバー)、六角レンチセットを詰めておいた。
(有ればだれかが助けてくれるかも)

そんな親ばか仕様を準備。

で、こんな作業を夜中にしていて思った。
はじめて、スポーツバイクを購入する方も要望があればこのような作業は可能だなぁ・・・と。

 最初にご注文いただく際に、サドル交換、ワイヤー類のステンレス仕様、カセットの塗装、ツールバックのセットなど、そのバイクに合わせた組み合わせで準備することは出来ます。組み立て前ならパーツ代だけのプラスでオッケーなので割安です。
その様な「娘用組立」・・・親ばか組立をご希望の方は遠慮なくご相談ください。