null
海岸線はアップダウンが続きます。
が、しかし!それほど長い上りもない、レースでもないので
楽しく、景色を観ながらのライド。
ところどころ、景色の良いところは大勢の方が立ち止まり
写真を撮ってます。瀬戸内とは違った海岸線は、岩、砂浜
チト感動します。
null
null
null
第2エイドでは和服の美女が一緒に写真を撮ってくれるサービス
があったのですが、「グルメ優先!」と奥様に言われ後回しにしてたら
お昼休憩に、和服美女は居なくなった(今回最大の心残り)
涙をこらえながら走る。
nullnull


途中の、旧街道のような町並みを通る際に傍らで何かを食べているライダー
が、目の端に!次の瞬間「酒粕アイス」の文字が!
自動緊急停止装置が働きました!(笑)
nullnull
みんなを呼び止める、奥さんは怪訝そうな顔(また何言ってるの的な)
半ば強引に引き換えして「酒粕アイス!」を指差す。
納得してもらえた。
null
500円、、、高いなぁと思いつつ壁の価格表を見る。酒粕アイス(カップ)350円の文字が
薄い紙を貼って500円になっている(笑)
ん〜せめて、旧価格は見えないようにしてて欲しい。
と思いつつも笑えた。
そして、酒粕アイス硬い!カッチカチ!少し手で温めて柔らかくなったところで
食べる。
美味いわ!酒粕の香りが絶妙。
最中もあり、奥さんは最中を選び、歯が折れそうだった。
旅は続く。
舟入の漁師町は、家の中に海が見える風情が
これまた良い。
今回のライドで思う、町が生きてる!過疎が進んでない!
空き家が少ない!凄いな丹後半島!
などとわけのわからない感動をしつつ
第3エイド
null
ここでは、へしこパン(パンにチーズが乗って、アンチョビ??焼いてある)
ピザ風味。
ボトルに水を頂き、少し休憩して走り出す、残り23km?
峠を一つか二つ超えたかな?
平地に出る、少し車も多くなり信号も増える。
すべての曲がり角にはスタッフ、ボランティアの女の子
「こっちで〜す」と。
null
安心して走れます。
程なくして、ゴール。
完走証も頂き、焼き鯖寿司も頂き、至れり尽くせり
nullnull
焼き鯖寿司を配る女性もこれまた美人!
既にゴールして風呂も済ませてさっぱりしたF井さんと合流
程なくして190kmのK野さんもゴール
null
みんなで記念撮影、温泉、夕食で帰路につしました。

一つだけ注意事項が、有るとすれば、参加者が普通の方たち
朝練で声出ししたりハンドサインを普段からしてい無い方
なので、ハンドサインなどは私達だけでした。