null
良くあるのが、「カギを落としたので開けてください」という依頼。

原則、防犯登録の控えなどご本人の自転車という証明になるものが無い限り、カギを空けたり壊したりは
出来ません。

とはいえ、防犯登録の控えを持って走っている方は居ません。
1.ご自宅まで取りに帰っていただく。
2.ご自宅のどなたかに写メを送っていただく。(FAXもあり)
というような方法になります。

控えを持って走る以外には、控えを携帯に写真で保存しておいて頂くと、スムーズに作業が出来ます。
何も証明になるものが無い場合、当店は開けることが無いのでご了承ください。