気ままな日記&Bodygeometry FITボディジオメトリーフィット日記
やまもこやまのもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 84 | 85 | 86 || Next»

2019/10/18: サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット2019に参加してきました!!

今年も恒例の秋の岡国耐久レースに参戦してきました!

今年は特に練習らしい練習をしていない事、先週の高梁ヒルクライムで5分落ちと言う体たらくを考えれば
チームメンバーに迷惑をかけそうで不安しかなかったです。
ところが、予想外の好順位で表彰台まで上がることが出来ました!
null
5時間オープンの部でなんと2位!

この結果は何と言ってもチームメンバーの頑張りと、僕の乗ったバイクの性能のお陰は間違いないです。

20180918-dsc00939.jpg
今回、S-WORKS Venge DISCに乗ってレースを走りました。

これがとても助けになりました!
Vengeのエアロ性能はほとんど練習もしてない僕の脚でも先頭集団に着いていくことが出来ちゃったんです!



null
スタートから5周のつもりが6周走ってたみたいです。
ログを見ると5周目に落車が起こりアタックがかかるまでは非常にパワーも低く安定して走れてます。
レースなので風や集団のペースなど諸条件は違いますが、いつも乗ってるリムブレーキの初代Vengeの時は
1周平均250w程度は必要な事が多かったです。

2017年の春の耐久の時のラップパワーがこれです。
20170417-aaa.png
明らかにパワーを抑えれていて、身体で感じる負荷も結構余裕でした。
5周と6周がアゲアゲだったのでパワーもかなり出て脚を使ってるのが分かりますね。
null
赤いグラフが脚の元気度。6周目でど~んと落ちてます。脚を使ったって意味ですね。


落車の後のアタックに乗ってなんとか交代すると、名越がしっかり集団に乗ってくれ、その後も綱嶋さん、笠間さんも順調に集団をキープ!
途中LAPCLIPで経過を見ると、約50分経過時点で1位!予想外にトップ争い!そして3位以下は遅れてていると言う・・・
null
きっと落車が原因でこの展開になったのだろうと推測します。

2巡目は2時間のゴールと重なりピット封鎖で7周回。
3巡目は3周と順調に集団に乗り続けました。


2時間組がコースからいなくなるとほんとに寂しいほど人がいなくなります。
集団も小さくなり、3時間のゴール後はついに5時間チームはトップの2チームだけ。
5時間のソロや周回遅れのチームと小集団になり走っていましたが、だんだんとキツクなってきて
とうとう残り1時間半の所で、ピットへ帰ってくる僕が僅かに遅れた事が原因で千切れてしまいました。

トップのチームはそのまま小集団で協調しているようだったので、それ以上遅れて我がチームが周回遅れになったら
2位すら危うい状況になってしまいます。
そうならないように、ペースを落とさないよう交代の頻度を高めて集中して走りました。
後半でもVengeのエアロ性能はとても助けになり、1周6分を越える事はありませんでした。Venge凄い!

null
今年最後のロードレースはポディウムで追われて最高に楽しい耐久レースになりました♬
参加者の皆さん大会関係者の方々、ありがとうございました!




Posted by: やまもこ

2019/09/30: ROAD DISCでもサブブレーキレバーは付きます♪


ロードDISCブレーキにもサブブレーキレバーが付くってご存知でしたか?

シマノがグラベル用コンポとして発売したGRXシリーズには、油圧DISCブレーキ用のサブブレーキレバーがあります。
null

のんびりと乗りたい場合や、より楽な姿勢で乗る時にハンドルトップを握っててもブレーキが掛けられる。
これがサブブレーキレバーの良い所ですよね!

null
今回はお客様ご注文のスペシャライズド ROUBAIXに取り付けて納車させて頂きました。
ルーベ標準装備のハンドルは15mmライズの付いたホバーバー。
特徴的なハンドルでしたが、取り付けは出来ましたよ♬

グラベルだけではなく、ロードバイクにも使える便利なブレーキレバーです!


Posted by: やまもこ

2019/09/27: SPECIALIZED 2020モデル ラインナップ発表されました!


スペシャライズド2020モデルの発表会へ行ってきました。
今回、一番の驚きと注目を集めたのがスペシャライズドがついに市販するE-BIKE。その名も CREO(クレオ)
内製化によってモーターユニットとバッテリーを他社製品よりも大幅に軽量化することに成功し、
航続距離も130kmと長く、予備バッテリーと併用すれば190kmもの距離を走る事が可能になった驚きのスペック!
完成車重量はS-WORKS(E-BIKEでもS-WORKSの冠を作る事に驚きです。それだけ力を入れているという事!)で12.3kg!
EXPERTグレード 12.6kg COMPグレードで 12.5kgと他社のE-BIKEを圧倒する軽量バイクになっています。
null
モーターユニットは他社最新モデルが3kg弱の重量に対し、マグネシウムを使用し小型軽量なユニットになって2kg!と超軽い。
null
予備バッテリーはSWグレードには標準装備され、別途購入する事も可能。
1個で約60kmほど走れる容量がある。

nullnullnullnull
EXPERTグレードは水転写のフィルム?か何かで色を付けられている。独特な模様がカッコいい。
シルエットは一見普通のロードバイクの様に見えるほど細身で、バッテリーが入っているとは見えにくいフレームだ。
もちろんフューチャーショックも付いている!
トップチューブの起動スイッチとそのLEDランプでバッテリー残量、モード表示やエラー表示があるそう。

発売は来年だそうです!

nullnullnullnull
S-WORKS TARMAC DISCフレームの新色たち。各¥450,000(税別)
E-BIKE CREO EXPERTで使われているカラーもラインナップに!

nullnull
そしてTARMAC EXPERT DISCも新色が2色出ました。
大きな変更点は機械式アルテグラが電動アルテグラに変更されたにもかかわらず、価格は¥20,000アップだけ!
¥550,000(税別)はかなりお買い得ではないでしょうか。ホイールもカーボンだし。

nullnullnull
TARMAC COMP DISCも新色が登場。
キャストベリークリムゾンはとても綺麗なカラーリング。ROUBAIX EXPERTでも採用された太陽光の下で見てほしくなる色です。
マットブラックにもチェック風のカモフラージュのグラフィックが入ってちょっと違った雰囲気を出した一台。
¥340,000(税別)は据え置き価格です。

nullnullnullnull
TARMAC SPORT DISCも新色が3色!
グロスライトシルバーもカッコいいし、グロスアクアはロゴにキャストベリーが入ってます。グロスカーボン/カメレオンもカーボン地を活かしたブラックにカメレオンカラーのロゴが良いバランスでカッコいいです。
¥260,000(税別)

nullnull
ALLEZ SPRINT COMP DISCも新色になります。
¥220,000(税別)

nullnull
ALLEZ ELITE ¥149,000(税別) TARMAC EXPERTと同じカラーと、マットブラックの方のロゴカラーはブルーリフレクティブで反射します。

nullnull
ALLEZ SPORT ¥99,000(税別) サテンクリムゾンとグロスダブグレー

そしてスペシャライズドがこれから注力していくグラベルバイクも新色が登場しています。
nullnull
DIVERGE SPORT CARBON ¥290,000(税別)
FACT9rカーボンフレームのDIVERGEの105グレード完成車です。僕の乗っているDIVERGE EXPERTと同じ軽量なフレームを採用してて
フロントシングルでなく、汎用性の高いフロントダブル仕様。これも使い勝手の良さそうなバイクです。
nullnull
グラベル向け新作タイヤのパスファインダー38Cが装着されてました。¥5,500(税別)
センタースリックの軽快な転がりとサイドの細かいノブがダートで喰いつきそうなすごくよさげなタイヤ!
次はこのタイヤだな!

null
DIVERGE COMP ¥200,000(税別)
アルミフレーム版のDIVERGE は機械式DISCブレーキ仕様だったのが油圧DISCブレーキ仕様へ変更に!
少し価格は上がりましたが嬉しいマイナーチェンジですね!

nullnullnullnull
S-WORKS RIB CAGE IIIが登場します。¥6,500(税別)
僅か26gでセンターを割ったデザインに変更され、ボトルの出し入れのし易さがさらに向上。剛性も上げてるのでボトルのホールドも問題ありません。
ZEE CAGEに新色にカモフラージュが登場しました。
マウンテンバイクに付けたい!




Posted by: やまもこ

2019/09/11: ROUBAIXのフレームってこんなに軽かったのか!!

null
newROUBAIXが発表されて5ヶ月が経ちました。


既に大好評で売れ続けているルーベは
FUTURE SHOCK(フューチャーショック)による極上の乗り心地が一番に注目されますが、
隠れた性能として『軽快な走り』を忘れてはいけません。

null
ルーベのリア三角はシートステーがトップチューブよりも低い位置に接続し、小さな三角を作ります。
これによってリア三角の剛性が高くなり、クランク部で発生した力がリアホイールへ伝わりやすくなります。
これが『軽快な走り』を生み出す要素になっています。
それだけではありません。

ルーベのフレームはとても軽い!!
null
フレーム単体重量(リアエンド含む)は驚異の865g!!
49cmフレームでけして大きなフレームではないにしても、S-WORKSグレードではないSPORTグレードのフレームでこの軽さです!!
null

ヘッドベアリングのハウジングもフルカーボンだし、アルミ部材を使っているのはBBのスレッド部分とフロントメカ台座くらい。
完成車価格¥210,000ほどのベースグレードからこの軽量な同じフレームを使用しているのですから驚きですね!

null
フロントフォークもとても軽量で、約320gでした。フューチャーショックが挿入される特殊な形状なので、コラム長は普通よりもかなり短いです。
null

肝心のフューチャーショックの重量はと言うと、
null
まぁ重いですね。丁度300gありました。
でも、この重いサスペンションがあることで、あの別次元の乗り心地を体感できるわけです。
それを思えば必要な重さだと言いきれてしまいます。

フレーム + フォーク + フューチャーショックで 約1,485g と言う重量は通常のロードフレームと比較しても重い数値ではないですね。
49cmサイズのROUBAIX SPORT完成車で 8.5kg
null

フレームのポテンシャルが高いので、軽量化をとことん進めればどこまで軽く出来るか。楽しみなバイクですね~♬
他サイズの実測重量の記事はこちら

なかやまでは、ROUBAIXの試乗車が揃っています!
このバイクのすばらしさは、乗って体感しなければ分かりません。
好むも好まざるも、まずは乗ってから!是非、体験してみて下さいね♪


Posted by: やまもこ

2019/07/27: Diverge EXPERTを鈴鹿仕様に換装!

nullnull

DIVERGEは標準でフロント40T リア10-42Tのギアが装備されていますが、
シマノ鈴鹿ロードを走るためにはちょっとギアが足りない・・・
そこで、フロントのギアを44Tへ変更してみました!
アブソリュートブラックと言うブランドの、シングル用OVALリングの44Tです。

今までレースで乗っていたロードは 52/39T と 12-27Tで走っていたので、最も重いギア比は4.33
最も軽いギアは1.44でした。

44x10-42Tにすることで 4.4と1.05のギア比が得られ、今までのギアをちゃんとカバー出来ちゃいます!

nullnull
タイヤも38Cの極太タイヤから 26Cのロードタイヤへ換装!
かなり軽い走りになりましたよ♬

これで鈴鹿はバッチリ!機材のみ(笑)


Category: ROAD
Posted by: やまもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 84 | 85 | 86 || Next»