気ままな日記&Bodygeometry FITボディジオメトリーフィット日記
やまもこやまのもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 78 | 79 | 80 || Next»

2018/04/02: サイクルフェスタでも乗れる!!ROUBAIXはやっぱり素晴らしいバイク!

null
僕が通勤やサイクリングで乗っているバイクはスペシャライズドのROUBAIX(ルーベ)。
いわゆるエンデュランスロードバイクのカテゴリーに入る自転車ですが、その快適性は同じカテゴリーのどのロードバイクよりも高いと思います。
先日の「初めての吉備路サイクリング」でも、ゆったりとしたサイクリングなのでサドルにもハンドルにも体重がしっかりと乗ってしまうものだけど
ルーベで走ると最後まで楽でした。

20171225-dsc06797.jpg
他と段違いのレベルの快適性をもたらすのがこのフューチャーショックです。
ハンドルを保持するステムの下に20mmのストローク量を持つサスペンションを搭載しています。


null
内部にはバネが装着され、走行中の上下方向の振動を全て消し去ってくれる。
スピードが上がれば振動が細かく速くなってフューチャーショックはそれに合わせた速い動きをする。
それが何とも言えない浮遊感覚を生み出すからとっても快適に感じます。

このフューチャーショックの走行中の動きをシマノカメラで撮影してみたので見てみてください。すごい仕事ぶりですよ。



ね!この細やかな動きが路面の凹凸を拾ってくれるお陰で平坦な路面を走っているような快適性があるんです。
そして、フューチャーショックはフレームとステムの間に搭載されているので、ペダルを踏む下向きの力で動いたりはしません。
スプリント的なバイクの振りでもしっかりとしていて、剛性不足を感じて不安になる事もないんです。
今までのエンデュランスロードはヘッドやハンドル、フォークの剛性としなり易さのバランスを研究してきました。
でも、快適性を生む事に「しなり」を利用した構造には限界がありました。スペシャライズドはこのフューチャーショックを採用することで、
それらの微妙なバランス問題が一挙に解決され、しっかりとした剛性感と浮遊感にも似た圧倒的な快適性を生み出すバイクを作り上げました。
スペシャライズド技術者のクリス・ユーが解説してくれています。


このルーベシリーズは4月8日のBPSなかやまサイクルフェスタでもしっかりと試乗していただく事が出来ます!

null
RUBY COMP (ウーマンモデル)480mm(152~160cm) ¥360,000(税別)
 剛性レベルも極めて高いFACT 10rカーボンファイバーで作られたフレーム。より速く、より効率の高いジオメトリーを体感できます。SPECIALIZEDがマクラーレンと協力して開発したこのテクノロジーはFuture Shockと呼んでいます。これはヘッドチューブに20mmトラベルのピストンが入っていて、フォークの垂直コンプライアンスに直接働き滑らかさとスピードと快適性を一挙に向上させます。

null
SW ROUBAIX DI2 520mm(165~173cm) ¥1,000,000(税別)
長年、レースバイクは「高剛性で切れ味鋭い」か「コンプライアンスがあって快適」かの二者択一を迫られてきました。しかしそれは、この新しいRoubaixが登場するまでの話です。Rider-First Engineered™をフルに活用したフレーム、Future Shockテクノロジー、シマノ・デュラエースDi2装備のS-Works Roubaixは、土曜日のグループライドでも、石畳のロードレースでも、ライダーにしっくりなじむバイクです。


是非、BPSなかやまサイクルフェスタへご来場ください!よろしくお願いします。

※試乗会まで1週間を切っております。WEBエントリーからはがきの送付は終了しております。今から出して届かない確率が多くなってきたので
当日、身分証明書等ご持参のうえ受付へお願いいたします。



Category: General
Posted by: やまもこ

2018/04/02: 初めての吉備路サイクリングでした♪

null
順延になっていた初めての吉備路サイクリング。無事に開催出来ました!
ゆったりと吉備路を走りながら、桜づくしの贅沢なサイクリングに参加して頂いた皆さん楽しそうで良かったです!

nullnull
天気も良くて気持ちよい風を感じながら、美しい景色や桜の花の風情を共感したり
写真に興じたりでサイクリングの醍醐味を味わえるいい企画だなぁと思いました。
また、このようなサイクリングを開催していきたいと思います!

ギャラリーを置いておきますので、ご覧ください。
少しでもサイクリングの楽しさが伝わればと思います。



Category: General
Posted by: やまもこ

2018/03/30: 9年ぶりにマウンテンバイク買いました!Fuse Comp Carbon

20111204-2011-12-04 10.55.28.jpg
9年前に購入したスペシャライズドのフルサスXC(クロスカントリー)マウンテンバイク。
各地のレースやトレイルライドで乗り回していましたが、2回走ったSDA王滝のレースでサスペンションユニットが故障。
5年乗ってお役御免となっていました。(フレームは大切に保管してます)

その後は試乗車のマウンテンバイクを乗ってレースに参加していましたが、その中で完全に惚れてしまったマウンテンバイクがありました。
20160204-s-dsc_0671.jpg
FUSE PRO 6FATTIEと言うそのマウンテンバイクは太さ3インチ(70mm以上)の極太のタイヤを持つセミファットと言うカテゴリーのバイクでした。
3インチの太いタイヤは外径でいうと29インチのマウンテンバイクと同じになるので走破性(悪路をスムーズに走行する性能)が高く
タイヤのグリップ力が高いのでスリップする気配は微塵も感じられないほど安定した走りが体験できます。
サスペンションはフロントのみ装備されているバイクでしたが、3インチタイヤのクッション性が補って余りあるほど快適でした。
とにかく楽しいバイク。跨ってひと漕ぎすれば笑顔になってしまう。そんな最高のマウンテンバイクがFUSE PRO 6FATTIEと言うバイクでした。

null
そろそろマウンテンバイクが欲しいなぁと考えていた時に、近年の進化した高性能なマウンテンバイクも魅力的だったのですが、
その時の楽しい体験が忘れられず、選んだバイクはやっぱりスペシャライズドのFUSEとなりました。

nullnull
今回購入したマウンテンバイクはカーボンフレームを採用した Fuse Comp Carbon 6FATTIEと言うバイクです。
4月8日のBPSなかやまサイクルフェスタにもやってくるバイクですよ!

スペシャライズドのマウンテンバイク専用カーボン素材Fact 10mをメインフレームに使用しています。
フレームだけを持つと太いパイプのフレームなのに驚くほど軽量でした。(およそ1200g)
カラーリングは細かいラメが入った光沢のあるブラックに、カメレオンと言う玉虫色の様なグラフィックが入ってなかなか綺麗な仕上がりです。
nullnull

ブレーキホースやシフトケーブルなどはフレームに内蔵されるインナールーティング仕様。
nullnull
標準装備のZEE CAGE(ボトルホルダー)はボトルが横から抜き差しできる使いやすい形状だし、その後ろに取り付けられた携帯工具ホルダーも
スペシャライズドのスマートに収納できるシステム SWATシステムになっていて見た目が良いです。

null
このボトルホルダー部はなんと土台ごと取り外してフレームを大きく開口させられます。
SWAT Doorと呼ばれるこのシステムで、極太のフレーム内部を大容量のコンパートメントとして利用できます。
替えのチューブやパンク修理キットや補給食やスマートホンに財布など。収納したものでガタガタと音がしないように
ソフトケースも付属していました。

null
ヘッド部分にはチェーンツールとクイックリンク(チェーンをつなぐパーツ)がそれとなく装備されていて
いざと言う時の安心感もあります。

nullnull
コンポーネントはSRAMのワンバイシリーズ。リア11スピードなので最新のイーグルタイプではないですが
フロント28Tとリア10~42Tのドライブトレインはだいたい何処でも走れると思います。
nullnull
こんなに太い3インチタイヤでもとても軽快に走ってくれます。これはたぶん初めて乗って驚かない人はいないんじゃないかな?
ワンバイのドライブの駆動効率の良さも手伝ってとても速く走れます。

null
フロントサスペンションはロックショックスのリーバRLが装備されています。
ストローク量120mmのロング仕様ですが、トレイルライドに照準を合わせたFUSEにはぴったりのアッセンブルでしょう。
セミファットタイヤと120mmサスペンションで軽いダウンヒルセクションなら全く問題なく下れてしまいます。

nullnull
ブレーキシステムはSRAMのレベルTが装備されていました。
ローター直径はフロント180mmリア160mm。フロントキャリパーは対向4ピストンのまさにトレイル仕様のブレーキです。
ストッピングパワーやコントロール性については、まだほとんど乗っていないのでまたの機会に書いてみようと思いますが、
レバータッチ(握った感触)はかなり良いです。

null
null


とりあえず素組で12.7kg
(ノーマルで何もカスタムしてない)ですが、これから乗り込んでしっかり楽しさを伝えて行こうと思います!
興味のある方は4月8日BPSなかやまサイクルフェスタへご来場くださいね!このバイクもやってきますよ!


Category: MTB
Posted by: やまもこ

2018/03/29: DISCロードがたくさん乗れる!なかやまサイクルフェスタ

null
徐々にロードバイクにもDISCブレーキの潮流が来ていますが、
そもそもDISCブレーキって何がすごいの?って思ってる方は多いんじゃないでしょうか。

20171221-dsc04802.jpg
DISCブレーキのメリットとは?
・悪天候や路面の悪い場合に制動力が落ちにくい。
・速度のコントロールがしやすく、急激なブレーキのかかり方が少ない。
・ブレーキパッドの交換サイクルが長く、交換頻度が少ないので経済的。
・ブレーキ時のダスト(ゴミ)が出にくいので、自転車が汚れにくい。
 ホイールのブレーキ面が汚れてきたなくなる事もないので、綺麗なまま使える。
・特に油圧式はレバーを軽く握るだけでしっかりとブレーキを利かせられるので握力の小さい女性にも扱いやすい。

と言う風に、リムブレーキと比べてもメリットが多いのが特徴です。
現在、リムブレーキを使用していて特に不満を持っていない方もたくさんいらっしゃると思います。
上で書いた特徴を少し解説してみるとその優位性がちょっと見えてきます。

null
自転車を安全に停車させたり、安全な速度にコントロールする為にはタイヤと路面との摩擦を起こさせる事が必要です。
そのために自転車の車輪の回転を止めようとするものが「ブレーキ」です。
ですから、ブレーキの形状や方式に関わらず車輪を止めようとするもの全てブレーキと言えます。
20160204-s-dsc_0675.jpg
タイヤと路面の摩擦とは。
タイヤはツルツルと滑らない「ゴム」と言う素材で作られています。
路面に対して転がりはしても、回転していないタイヤを引きずると、ズリズリとなかなか動かない感覚が有りますよね。
この抵抗感が路面とタイヤの滑りにくさ「摩擦(グリップ力)」と言います。

つまりブレーキは車輪の回転を止めようとする事でグリップ力を利用し、自転車の速度をコントロールするという事になります。
nullnull
なので、路面の状況によってブレーキの利き方も変わってくるんですね。
舗装路と土では摩擦抵抗が違いますから、土の方がブレーキは利きにくいです。
20111209-sP1040360.jpg
さらにぬかるんだ路面はもっと利きません。
街中だと、濡れた路面と乾いた路面は違いますし歩道の点字ブロックやタイル、鉄板を敷いてある路面なども同様ですね。

これは、ブレーキの制動力がグリップ力よりも大きくなってしまい車輪がロックすると、路面の摩擦抵抗が限界になってしまいスリップ(滑る)するという事なので、
ブレーキを強くかけすぎる事でも起こってしまいます。ブレーキの方式に関わらず、この関係は変わりません。


さて、ではリムブレーキとDISCブレーキの何が違う事で悪天候や悪路で制動力が落ちにくく速度コントロールがしやすいのか。
20171221-________________________.png
リムブレーキではブレーキがタイヤの近くで作動する為、ブレーキをかけた時に車輪を止めようとする範囲(ブレーキの作動範囲)と
タイヤが路面に対してグリップ力を発揮する範囲(制動力が及ぶ範囲)がほとんど同じくらいになります。

これだと、ブレーキの制動力≒グリップ力となるのでとてもリニアで良くブレーキが利く反面、濡れてたりぬかるんだりツルツルしたスリッピーな路面では
路面の摩擦抵抗が小さいので、グリップ力がブレーキの制動力よりも小さくなりやすいため車輪がロックしてしまい滑りやすくなってしまいます。


対して、DISCブレーキは車輪の中心に近い部分でブレーキが作動するので、ブレーキをかけた時に車輪を止めようとする範囲(ブレーキの作動範囲)よりも
タイヤが路面に対してグリップ力を発揮する範囲(制動力が及ぶ範囲)がかなり大きくなってくれます。

制動力が及ぶ範囲が大きいので、急激なグリップ力の上がり方にならずスリッピーな路面でも滑りにくくコントロール性が失われにくいのが最大の利点です。
ブレーキレバーを目いっぱい握ればグリップ力が上がるので、よりブレーキを利かせられます。
リムブレーキとの大きな違いは、ブレーキの制動力を弱い力から強い力まで滑らかにコントロールする事がしやすいので、
ブレーキを利かせすぎたりしないで(車輪をロックさせないで)安全に速度のコントロールを行える
点です。
null

4月8日のBPSなかやまサイクルフェスタ2018
では、そんな優れたDISCブレーキを搭載したロードバイクも多数試乗していただく事が可能です!

null
DOGMA F10 Disc カラー:不明 515mm フレーム¥678000~
 新しいDOGMA F10 DISK のONDA フォークは、フロントセクションの剛性アップのためにスルーアクスル仕様にアップグレードされました。FORK FLAP 邃「は、フラットマウント・ブレーキキャリパーに適合するようデザインされています。リア・ホイールは、制動中の最高の応答性と安定性のために、142x12mm スルーアクスルが採用されました。

null
CHECKPOINT ALR5 サイズ500㎜ 標準小売価格:213,000(税抜)
◎まったく新しいCheckpointは、トレックのこれまでのラインアップになかった、舗装路、ダート、グラベル、どこを走っても最高に楽しいグラベルロードバイクです。
◎Booneと比べて、ほぼ同一のリーチ、やや高めのスタック、低めのボトムブラケット下がりを採用。
◎ボトムブラケットの位置を下げて、長距離ライドで求められる安定性を高め、短めのホイールベース、長めのリーチ、比較的低いスタックが機敏さと操作性を高めます。

null
DOMANE SLR 6 DISC 540mm 167~174cm ¥540,000 - ¥596,000(税抜)
 Domane SLR 6 Discは、Domane 史上最高のフレームを採用。フロントとリアの調整式IsoSpeedを備えたエンデュランスロードバイクであり、地形に合わせて振動吸収量を調整できる。高品質のShimano Ultegra、フラットマウントディスクブレーキ、ワイドタイヤを搭載、軽さを重要視する冒険心の強いライダーに適したオールラウンドなバイクだ。

null
DOMANE ALR 4 DISC 520mm 162~169cm ¥185,000(税抜)
 Domane ALR 4 Discは、ディスクブレーキ搭載のエンデュランスラインにおける入門モデル。IsoSpeed テクノロジーやShimano Tiagra フルドライブトレインなど、速くて効率に優れ、信頼できるロードバイクに必要なものが揃っている。さらに、油圧ディスクブレーキにより、十分なタイヤクリアランスと天候を選ばない確実な制動力が得られる。

null
S-WORKS TARMAC Disc Shimano Dura-Ace Di2 Disc 9170 サイズ:490,520,540mm ¥1,100,000(税別) 

SW Tarmacは真のレースマシンでありながら、路面が少し荒れていてもそのまま走り続けられるのです。きっと、次のロングライドでその快適性を実感するはずです。 次に、なぜディスクブレーキか? ディスクブレーキは雨などの悪天候でも、高い絶対制動とコントロール性を発揮でき、しかもフレームやフォークに大きな変更を施すことなく搭載できます。つまり、より確実にバイクを操作でき、さらに安心して速く走れるということなのです。

null
RUBY COMP (ウーマンモデル)480mm(152~160cm) ¥360,000(税別)
 剛性レベルも極めて高いFACT 10rカーボンファイバーで作られたフレーム。より速く、より効率の高いジオメトリーを体感できます。SPECIALIZEDがマクラーレンと協力して開発したこのテクノロジーはFuture Shockと呼んでいます。これはヘッドチューブに20mmトラベルのピストンが入っていて、フォークの垂直コンプライアンスに直接働き滑らかさとスピードと快適性を一挙に向上させます。

null
SW VENGE DISC VIAS DI2 540mm(173~178cm) ¥1,000,000(税別)
風洞施設Win Tunnelで1000時間を超えるテストを重ねたフレームと、ケーブルの露出を皆無にした一体型設計コックピットと、驚異的な制動能力。ロード最速のバイクです。Win Tunnelですべてのチューブ、風が回り込む後ろ側の縁、細部の設計までがスピードを出すために改良されました。Rider-First Engineered™はすべてのサイズのフレームが同じ高性能を発揮するよう作られています。フロントエンドの剛性はTarmacより30%高くなっています。

null
SW ROUBAIX DI2 520mm(165~173cm) ¥1,000,000(税別)
長年、レースバイクは「高剛性で切れ味鋭い」か「コンプライアンスがあって快適」かの二者択一を迫られてきました。しかしそれは、この新しいRoubaixが登場するまでの話です。Rider-First Engineered™をフルに活用したフレーム、Future Shockテクノロジー、シマノ・デュラエースDi2装備のS-Works Roubaixは、土曜日のグループライドでも、石畳のロードレースでも、ライダーにしっくりなじむバイクです。

null
Synapse HiMod Disc Dura-Ace カラー:BLACK サイズ:510mm ¥650,000
"忘れることのできない1日のために。新型SYNAPSEは、全てを忘れて一日中乗っていられるフレーム設計です。
多くのリクエストにお応えする懐の広さと深さ。不快な振動だけを取り除き、ライダーは走ることだけに集中できます。まるで、サスペンションが搭載されているかのような乗り心地。
これこそが、エンデュランスライドであり、新型SYNAPSEこそが真のエンデュランスマシンなのです。 "
ハイモッドカーボンフレームはシナプスシリーズの最高峰、これ以上のバイクは無いという仕上がりです。

null
Synapse Carbon Disc Ultegra カラー:ACID GREEN サイズ:480,540mm ¥340,000
"新型SYNAPSEは、全てを忘れて一日中乗っていられるフレーム設計です。
多くのリクエストにお応えする懐の広さと深さ。不快な振動だけを取り除き、ライダーは走ることだけに集中できます。まるで、サスペンションが搭載されているかのような乗り心地。
これこそが、エンデュランスライドであり、新型SYNAPSEこそが真のエンデュランスマシンなのです。
アルテグラ仕様、ディスクブレーキで過酷な気象条件でも安心の制動力"

null
Synapse AL Disc 105 SE カラー:ANTHRACITE サイズ:540mm ¥170,000
"本物のエンデュランスバイクをお手軽に
気軽にロードバイクをはじめたいと考えているアクティブな人にオススメ!
軽くて、しかも快適でスポーティーなポジションと路面をスムーズにいなす新型SYNAPSE ALLOY
より速く、より長く、よりたくさんサイクリングを楽しませてくれるでしょう。シマノ105仕様"

null
PROPEL ADVANCED PRO DISC 500mm(S) 165~175cm ¥600,000
最高峰のエアロ性能をもつプロペル「アドバンスド・プロ」グレードに、ディスクブレーキ仕様の新型フレームが登場。ディスクブレーキに合わせて形状をゼロから見直した新フレームがエアロ性能をさらに向上。実戦派のエアロロード。

null
TCR ADVANCED PRO 1 DISC(S) 165~175cm ¥400,000
世界最高峰のレースを走る「トータルレースバイク TCR」のディスクブレーキ仕様フレームに待望の完成車が新登場。DBL設計のフルカーボン・ディスクブレーキ専用ホイール、最新最上級のチューブレスレディタイヤ、新型アルテグラDi2など、隙のないパーツアッセンブル。新時代の最上級レースバイク。

null
DEFY ADVANCED 1 M 170~185cm ¥240,000
ディファイシリーズの高速巡航性能と快適な乗り心地を身近にする、アドバンスドグレードのカーボンバイク。極細シートステイやD-FUSEシートポストによる振動吸収性とワイドレンジのギア設定がライダーの疲労蓄積を軽減。ロングライドはもちろん、ヒルクライムやデイリーライドでもロードビギナーをサポートする。

null
DEFY ADVANCED 2 S 165~175cm ¥225,000
ディファイシリーズの高速巡航性能と快適な乗り心地を身近にする、アドバンスドグレードのカーボンバイク。極細シートステイやD-FUSEシートポストによる振動吸収性とワイドレンジのギア設定がライダーの疲労蓄積を軽減。ロングライドはもちろん、ヒルクライムやデイリーライドでもロードビギナーをサポートする。

null
AVAIL ADVANCED 1 XS 155~170cm ¥260,000
エンデュランス性能と素直なハンドリングを誇る「アヴェイル」のカーボングレード。ロングライドでの快適性はもちろん、油圧ディスクブレーキが峠の下りや荒天時に安心感をプラス。新開発のチューブレスレディタイヤを標準装備し、操作性と快適性をさらに向上させた。

null
こんなにDISCロードを試せる機会は他にありませんね!!
4月8日は是非BPSなかやまサイクルフェスタへご来場ください!
お申込みが必要ですので、こちらからお願いいたします。


Category: General
Posted by: やまもこ

2018/03/24: なかやまのサイクリングイベントを企画してます!

「初めての吉備路サイクリング」

20180308-dsc07132.jpg
吉備路サイクリングロードをゆっくりと走って国分寺五重塔まで走って帰ってきます♪
春の気持ちよい空気を感じながらサイクリングしてみませんか~?

スタッフがあなたの挑戦を最後まで徹底サポートいたします!
※締め切りが3月29日となります。よろしくお願い致します。

詳しくはこちら



Category: General
Posted by: やまもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 78 | 79 | 80 || Next»