気ままな日記&Bodygeometry FITボディジオメトリーフィット日記
やまもこやまのもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next»

2018/07/07: 2019 ALL NEW MADONE SLR !!

2019はエアロロードバイク祭りとなりますね。
TREKも最新のエアロロードバイク MADONE SLRを発表しました!!

以下TREKウェブサイトより引用
20180706-1jp.jpeg
まったく新しい究極のレーシングバイクであるMadone SLR、そしてMadoneのスピードをお手軽な価格で提供するMadone SLを発表します。
今回発表するMadone SLRは、Madone 9の世界最高の空力性能と軽量性を維持しつつ、ディスクブレーキの選択肢と、
競合モデルを圧倒する振動吸収性を実現し、プロからアマチュアまで、すべてのライダーのためのエアロロードバイクになりました。

20180706-7.jpeg
まったく新しい調整式トップチューブIsoSpeed
新型Madoneに搭載された新たなトップチューブIsoSpeed機構は、ライダーの好みや路面に合わせて振動吸収性を調整できます。
新型Madoneは、振動吸収性を最も高めにセットした場合、現行モデルと比べて、振動を最大で17%多く吸収できます。
また新たにIsoSpeed機構に組み込まれたダンパーは、振動吸収の際に発生するリバウンドを13%抑えることに成功し、
最高のライドクオリティを実現しています。
従来モデルのIsoSpeedは、フレームサイズごとにシートチューブの長さが異なるため、フレームサイズの違いで振動吸収性に違いがあり、
小さいサイズではやや硬めの乗り味となっていました。
新モデルのIsoSpeed機構が搭載されるシートマストのサイズはどのフレームサイズでもほぼ共通であるため、
縦方向に全く同じ振動吸収量を得ることができます。

20180706-5.jpeg
リムブレーキとディスクブレーキのオプション
Madone SLRはリムおよびディスクブレーキモデルから選べます。
ディスクブレーキモデルは、空力性能を損なわずに申し分のない制動力を発揮します。


20180706-geometry_14790_road.png
まったく新しいジオメトリーとOCLV700フレーム

Madone SLRに採用された新たな「H 1.5」 ジオメトリーは、Trek SegafredoやTrek-Dropsチームと開発された最適なフィットです。
フレームのジオメトリーは1種類にしながらも、後述する新しい専用ハンドルバー&ステムのフィットバリエーションを増やすことにより、
従来モデルよりも多くのポジションセッティングを実現しています。またジオメトリーを一本化することで、
すべてのMadoneユーザーにOCLV700シリーズのフレームを提供することが可能になりました。

20180706-6.jpeg
まったく新しい2ピースエアロバー/ステム

Madone SLRは新開発の2ピースの専用エアロバー/ステムを採用しています。
多くのステム長、ハンドルバーサイズを選ぶこともでき、バーを前後に5度傾けられることから、
従来モデルの26通りの1.5倍以上の40通りのポジションセッティングを実現しています。性別を問わず、
多様なレース向けのフィットを一体型エアロコクピットと共に得られるようになりました。
またMadone 9と同様の汎用ステムへのコンバーターの発売も予定しています。

20180706-4.jpeg
今までにないインテグレーション
新型Madone SLRは、目に見えないワイヤリング、フロントエンドのエアロ形状、エアロコクピット、
内蔵ブレーキ、シートマスト、Control Center、3S エアロチェーンキーパー、最適なウォーターボトルの取付位置、
ボントレガー Flare RT テールライトを一体化できるマウント、アクセサリーを一体化できるBlender マウント、
ANT+とBluetooth®に対応したDuotrap Sを採用することで、すべてが統合されたシステムを実現しています。

20180706-2jp.jpeg
Madoneをより多くのライダーに。Madone SL登場。
Madone SLは、比類なきレーシング性能をより多くのライダーに提供するために開発されたミドルグレードのMadoneです。
Madone 9.0をベースに、500シリーズOCLVカーボンフレームを用いることで、お求めやすい価格を実現しています。
なお、Madone SLはリムブレーキモデルのみとなります。

引用終わり

楽しみですねぇ!!エアロモデルとしての2世代目に入るMADONE。乗ってみたい1台だと思います。
20180706-aero_1-up_16x9-1.jpg20180706-cfd_image_16x9.jpg

TREKは、自社で風洞実験施設を持ちませんが風洞実験も行っています。スペシャライズドのようにいつでも何度でも実験を気軽に行える状況ではないでしょうが、
そこはTREKの技術力と開発のノウハウによって補っている事でしょう。
今や自転車メーカーの開発には欠かせないものになった、CFD(数値流体解析)は、風の向きや強さなど様々な条件でのエアロ効果をコンピューター上で再現しシミュレーションします。

これらの実験で得られたデータもMADONE SLRの開発に活かされているんです。








Posted by: やまもこ

2018/07/03: 2019 The All New S-WORKS Venge !!

20180703-road-1943-hp-hero-1440x810.jpg

「 AERO IS EVERYTHING」エアロこそ全て。

私たち自転車乗りがロードバイクに乗って走る時、どんな速度でも必ずそこにあり闘う事になるのが空気抵抗です。
SPECIALIZEDがエアロロードバイクの先駆けとなった初代S-WOKRS Vengeをリリースしてから7年。
スペシャライズドは数々のロードレースタイトルやステージの勝利を持って「エアロこそ全て」であると証明してきました。

そして、当時世界最速を誇ったTTバイクであるSHIV(シヴ)と同等のエアロ性能を達成したS-WORKS Venge ViAS(ベンジヴァイアス)を2016年にリリース。
ピーターサガンやマルセルキッテルと言ったワールドクラスのスプリンターに幾多の勝利をもたらし、さらにその速さを証明しました。

20180703-dsc00427.jpg
新しくなった S-WORKS Venge
ぱっと見はVengeViASのマイナーチェンジのようにも見えますが、中身は別物でした。
試乗した感覚を簡単に説明すると、
物凄く軽快になって、スピードの上げ下げもターマックと遜色のない登れるようになったVengeでした。
これは正直モンスターバイクです。
現時点で最速のバイクの一つでしょう。


さて、new Vengeについて詳しく書いてみようと思います。
少しでもこのバイクの凄さが伝わればと。参考にしてくださいね!

今回の開発のテーマとなったのは「空力」「重量」「ハンドリング」の3つ。

まず、「空力」はVengeのアイデンティティそのものですが、
スペシャライズドが自社で建造したWINTUNNELが今回の開発にも充分に活かされています。

自転車メーカーがこのようなエアロロードバイクを開発する時、普通は風洞実験施設を借りて実験し、データを得て開発に活かしていきます。
その風洞実験施設は時間貸しですので予め決められた実験項目に沿って速やかに実験を行っていくのですが、実験の最中に「別の場合はどんなデータが得られるんだろう?」
と言った閃きがあっても限られた時間の中ですから次回の機会に持ち越す事になってしまうそうです。
20180703-dsc00430.jpg20180703-dsc00431.jpg
(ハンドルのディンプル加工は空力的意味は無いそう。滑り止めの意味があります。バーテープの巻き終わりがハンドルと面が揃うように段が付けられています。)

自社で風洞実験施設WINTUNNELを持つスペシャライズドは時間の制約がありません。これはものすごいアドバンテージで、何か月先に施設を借りるための予約も不要ですし
その場の閃きで多様な実験をその都度行うことが簡単なのです。
さらに、アメリカにある3つの風洞実験施設にもいろいろな物があるそうで、どれもロケット開発などの航空宇宙産業用や車などを対象とした大型の施設ばかりです。
ロケットも車も自転車と比べると大きさも違いますが、何よりもその形状に大きな違いがあります。
自転車のように複雑な多面体形状を持たない車やロケットなどの場合は、風洞実験施設で整流し当てる風の精度が異なります。
例えば、自転車のフレームのステムの角度が水平なのか僅かに上がっているのか、フレームのパイプの形状が楕円形とティアドロップ型でどちらが優れるのか、
風の向きが真正面からなのか角度が付いているのか。
WINTUNNELの自転車専用に整流された風は、細かな条件の違いで大きな実験結果の違いが計測できます。
複雑な多面体を持たない形状の空力測定には高精度の風の整流はあまり必要ありません。
20180703-dsc00436.jpg20180703-dsc00437.jpg
自社で風洞実験施設を持つという事は時間、費用、効率、データの精度、開発の速度、そして商品の価格。すべての面で他メーカーを圧倒するアドバンテージなのです。


続いて「重量」。これはエアロロードバイクにとって避けられない問題と言われ続けていました。
今まで登場した全てのロードバイクが「究極のエアロ」と「重量化」の狭間で悩まされてきました。
20180703-_____________________.jpg
今までのフレームづくりに使われてきたカーボンシートの枚数が左です。
それに対し、最新のライダーファーストエンジニアードを用いて作られるフレームのカーボンシートの枚数は、右のようにとても多くなります。
今までは、大きなカーボンシートを重ね合わせてフレームの強度と軽量性やしなり易さをコントロールしてきましたが、
ライダーファーストエンジニアードはフレームサイズごとに想定されるライダーの体格に合わせて、カーボンシートの枚数を調整。
重ね合わせる部分を極力減らして軽量化と剛性の確保を実現しました。


これによってVenge ViASよりもフレーム重量(フレーム+フォーク+シートポスト+ステム+ハンドル)で460gもの軽量化を達成しました。
20180703-dsc_1473.jpg
Venge ViAS56cmの完成車と new S-WORKS Venge56cmの完成車重量比較では、実に600gも軽いです。しかもnew Vengeはパワーメーター付き!
フレーム部分は240gも軽く作る事が可能になりました。それも、「エアロ性能を全く犠牲にしないで」です!
この450gを先代のVenge ViASから実際に削ってみると。
20180703-dsc_1474.jpg
こんなにも削らなければ同じ重量にならないのだそうです。


3つめの「ハンドリング」
他メーカーのエアロロードバイクがそうであるように、Vengeもエアロロードバイク特有のまったりしたハンドリングがあった事は事実だと思います。
レースバイクにしては「ゆっくりな」印象を持つハンドリングは、ライダーファーストエンジニアードによって劇的に改善されています。
S-WORKS TARMAC SL6がそうであったように、とても自然なコーナーリングは舵角に対してのフォークのオフセットやトレールを見事に調整したおかげだと思います。
この「ハンドリング」と言う感覚に直結する性能はデータだけでは素晴らしいものは作りえないものです。
20180703-dsc_c1463.jpg
new Vengeの開発には、プロロードレーサーのキャメロンパイパーと言う人物が深くかかわっています。
彼は、ツアーオブジャパンで総合10位を獲得するほどの本当のトッププロでもあり、「ハンドルの舵角によるエアロ」を大学生の研究テーマとするなどトップのエンジニアでもあります。
スペシャライズドに入社した彼はnew Vengeの開発チームへ入りながら、実際にテストライダーとしてもハンドリングの改善に貢献しています。
他にもクイックステップのフェルナンド・ガビリア選手などテストライダーからの「感覚」のフィードバックを受け、素晴らしいハンドリングが実現しました。

店長も楽しそうに走ってますね。僕も乗った感じではかなり素直なハンドリングでとても扱いやすく感じました。
スプリントしてもダンシングしても文句のない出来。安心してお勧めできるバイクです。

20180703-dsc00428.jpg20180703-dsc00429.jpg
20180703-dsc00440.jpg20180703-dsc00442.jpg
ついにお目見えのスペシャライズド パワーメーター!!
20180703-dsc00435.jpg20180703-dsc00448.jpg
ステムのカバーを外すと通常の作りです。カバーは2種類あって、スペーサーが上に積めるものがあります。

20180703-dsc00443.jpg20180703-dsc00447.jpg
カーボンはFACT11Rを採用。ターマックSL6の12Rよりもやや柔軟性があります。これが乗り心地をよくさせるのでしょうね。
BBベアリングはセラミックスピード。
20180703-dsc00454.jpg20180703-dsc00455.jpg
エアロハンドルはサイクルコンピューターの取付に苦労しますよね。
今回はちゃんと専用マウントとその裏にカメラやライトが取り付け可能なGoproマウントを標準装備。
20180704-mzkdsc00450.jpg
S-WORKSグレードの下のグレードもnew Vengeですよ!これもものすごくよく走る!!
20180703-dsc00439.jpg
エンド部の作りはマウンテンバイクのようなしっかりした形状。
もちろんスルーアクスルです。
20180703-dsc_1492.jpg
専用のエアロバーもありました。トライアスロンにも最高のバイクとなりそうです!

20180703-dsc00459.jpg



Posted by: やまもこ

2018/07/01: なかやま朝練でした。

暑かったですねぇ。
今日のなかやま朝練は笠井山ハーフから広域農道を登ってレスパール藤ヶ鳴。カバヤのコースでした。
このコース久しぶりに走ったんですが、登り要素が多くて結構堪えますね。
20170301-crankset_with_powermeter.png
さて、今日もデュラエースパワーメーターで練習データを計測してきましたので、分析してみましょう。
null
上のグラフは今日走ったコースの標高図とパワー、Wバランスのグラフです。
オレンジの線がパワーデータで、上の方へ向かうほど高いパワーを記録したという事になります。
null
標高図と照らし合わせると上り坂で高い位置にオレンジの線が集中しているのが分かりますね。

赤い線はWバランスと言って、簡単に言うとFTP(1時間頑張れるパワー)と同じくらいかそれ以上のパワーを出し続ける事でWバランスという数値が落ちていきます。
僕のFTPは240wほどですから240w以上で頑張るとWバランスが落ちていくという事になります。
頑張ってペダルをこいでパワーが高くなるシチュエーションでは、脚を使う(自転車用語で、脚が疲れていく事)ので、このWバランスは脚の元気度という感じですね。
Wバランスが落ちていくと足の元気がなくなっていくので、それがゼロのラインに近づくと限界まで追い込んだという事になります。
このグラフでいえば、最初の小さな山が笠井山ですが、もうここで限界付近まで追い込んでますね(笑)
null
笠井山は2kmほど、平均6%の勾配がある山です。今日登ったタイムは7分3秒で、この平均パワーは283wでした。
FTPの240wを余裕で越えちゃってますね。なので、グラフの赤い線が急降下しているわけです。
FTPは1時間頑張れるパワーですから、理論上は240wのパワーを1時間は出し続けられるという事です。
FTPを40wほど18%も高いパワーを出すとたった7分程しか持たないという事です。
ペース配分の大切さがとても分かりやすい形で現れますね(笑)

null
続いて広域農道を走るレスパール藤ヶ鳴までの登りです。
この区間は約4.6kmで約3%の平均勾配ですが、1kmくらいで一度下り区間のある変化に富んだコースです。
下った後の登りは平均5%ときつくなります。
タイムは12分21秒で平均パワーは266wでした。中間点までは288wで走っており、
最初に頑張りすぎて後半は疲れて踏めなくなってしまったという感じです。
null
グラフのWバランスでも赤い線が後半2分くらいを境に落ちなくなっていました。
登り始めて10分までは平均275wを記録していて、後半の2分程は平均220wほどに落ち込んでいたので、
10分程度で限界になってしまったという事ですね。

null
カバヤTT区間は車の往来も多いので気を付けて走りました。
トレインを組んだメンバーの脚力も揃っていたので、走りやすく安定していました。
ここまでに登りを二つこなしている事もあって、疲労度も高くグラフを見てもWバランスは先頭を走るたびに落ちていってます。
null
登り区間の時と違って、Wバランスの赤い線はギザギザとした形になっているのは先頭に出た時に高いパワーで走り、
交代して車列の後ろへまわると風よけが出来てパワーが低くなることでWバランスが回復する様子を表してます。
よく見るとWバランスが大きく落ちるのが5回発生しているので、5回先頭で走ったことが分かります。
最後の最も大きなWバランスの落ち方は、トンネルを過ぎてから先頭で50km/hくらいで牽いた時の物です。
これによって脚を使い切ったので、その後ゴールまでの200mは車列に戻る事も出来ませんでした。

この様に分析ソフトを使う事でその日の自分の走りを、客観的に顧みる事が出来るのもパワーメーターを使ったトレーニングの面白さだと思います。
今回のキーワードは「Wバランス」でした。トレーニングやレースでどのタイミングで自分が脚を使って疲れていったのかが明確に分かります。
Wバランスを落とさないようにすれば最後まで脚の元気度に余裕を持ったまま走る事が可能です。
僕は、練習会などで外を走る場合でもこのWバランスを常に意識して走るように心がけています。
頭の中にグラフを思い浮かべる感じですかね。基準はやっぱりFTP(1時間頑張れるパワー)ですから上手く自分を自制して出すべきところでパワーを出す走りを。


null
今日は、先日入荷したばかりの2019 SPECIALIZED TARMAC SL6 COMP DISCを駆って走りました。
最新のS-WORKSテクノロジーをトリクルダウンで継承した新型TARMAC SL6はDISCブレーキによってその可能性をさらに広げた感じです!
nullnull
ラメ入りのミントカラーのフレームにラメ入りのグリーンのロゴがオシャレなスペシャライズドには珍しいカラーリング。
シマノULTEGRAのDISCブレーキは終始安定した速度コントロールが出来てやっぱりDISCブレーキ最高だなと。
これからロードバイクを始める人にもとてもお勧めなバイクであることは間違いないと思いました!

試乗も出来ますので、スタッフへ是非お申し付けくださいね!




Posted by: やまもこ

2018/06/15: ペダリングモニターキャンペーン!

20180615-20180615pedamonicampaign.jpg
6月22日~8月27日の期間中のお申込みで
お得なパッケージが手に入る、ペダリングモニターパッケージキャンペーンが始まりますよ!

是非店頭でスタッフへお尋ねください!


Posted by: やまもこ

2018/06/09: チェーンオイルの秘密❤

null
自転車は人がペダルを踏んだ力をチェーンやギアを介してホイールの回転に変換します。
このシンプルな機械構造の中で、実はかなり重要な役割を担っているのが「チェーン」なんです。
チェーンとギアは金属同士ですから、人が自転車を漕ぐ時には強く擦れ合って摩擦が起きます。
その摩擦を和らげてチェーンの動きを滑らかにするものが「チェーンオイル」です。

null
潤滑性能の高さと音鳴りの少なさが特徴のウェット系や、汚れにくさが特徴のドライ系が有ります。
さらにテフロンが入ってるとか、チタンの粒子がとか、添加剤も色んな物があり、
スポーツサイクル用のチェーンオイルはたくさんの種類が有ります。

一つのメーカーでも数種類のオイルが販売されることも珍しくないので、どれを選んだらいいのか
正直迷ってしまいますよね。
現在、なかやまで主にお勧めしているチェーンオイルをご紹介しつつ、どんなシチュエーションに向いているオイルなのか
解説してみようと思います。

まずはVipro's(ヴィプロス)のチェーンオイル3種類です。
20180609-dsc_1461.jpg
ムオンは極圧添加剤を50%も配合した潤滑性能が高く、耐久性のあるオイルです。添加剤により厚い油膜を形成しやすく
その結果チェーンの駆動音(チャラチャラ音)を劇的に抑えます。
雨の中でも潤滑出来る性能があり、
高い潤滑耐久性を活かして、ロングライドやサイクリング、ブルベなどの超長距離にも適したオイルです。
20180609-dsc_1460.jpg
ケイテンはウェット系オイルでありながら極めて高い防汚性を誇るチェーンオイルです。
さらっとした低粘度のオイルは浸透力が極めて高く、まるでドライオイルの様に薄い油膜を作ります。もちろん、潤滑や極圧、
静粛性もバランスよく調整された使いやすいオイルです。メンテナンスを楽にしたい人にオススメです。
null
ブルーノはケイテンの防汚性とムオンの潤滑耐久性を両立させたヴィプロスの最高傑作。
静粛性や極圧も優れた万能のオイルとなっています。まさに何でも使えるオールラウンダー。
高い浸透力で小さな隙間にオイルを留まらせて、飛び散りにくい効果も高いです。雨天でも潤滑してくれます。

null
ヴィプロスの3種類のチェーンオイルを5つの要素で性能比較したグラフです。
注目は滑らかにチェーンが駆動するための極圧性能と、スプリントなどの瞬間的なパワー伝達のための瞬発力性能。
極圧が高いと厚い油膜によって滑らかで効率の良い機械駆動を得られる反面、瞬間的な極めて強いペダルの踏み込み(スプリントなど)の場面では
極圧性能によって油膜が切れないのでチェーンとギアの間が潤滑されて僅かにズレて、パワーロスに繋がる事があるそうです。
ブルーノの瞬発力性能や極圧性能、潤滑耐久力を見るとレースなどの競技やロングライドまで何でもこなせる万能性が分かりますね。


続いて、TACURINO(タクリーノ)のチェーンオイル3種類です。
20180609-dsc_1456.jpg
ロードチェーンオイルは極圧添加剤を5%程度に抑えた事で瞬間的なパワー伝達に優れるレース向きのチェーンオイル。
速く走りたければロードチェーンオイルを使え。と言われるほどの定番オイルです。潤滑耐久性や静粛性も優れているので
注油の頻度も少なく抑えられる経済的なオイルでもあります。
浸透性も高く、飛び散りにくさ、雨天時の使用にも耐える側面もあります。
20180609-dsc_1458.jpg
パワーチェーンオイルは全ての性能をバランスさせた万能型のオイルです。
スプレータイプなのでチェーンへの塗布量も少なめになりますから、余分なオイルが抑えられて防汚性もあります。
20180609-dsc_1457.jpg
マホウは極圧添加剤を50%も配合した高極圧オイルです。50%はヴィプロスのムオンと同じ割合ですね。
魔法のように軽いペダリングの回転が得られるという売り文句は嘘じゃないと思うくらい、確かに漕ぎが軽くなります。
さらに防汚性と静粛性も高く、使いやすいオイルです。サイクリングやロングライドなどに向いてますね。

null
タクリーノのオイル3種類を比べたグラフです。
レース向き、バランス型、スムーズ型と3種類が上手く住み分けられていて分かりやすい性能ですね。
用途によって選ぶのが簡単で良いです。


そして、なかやまが最初のチェーンオイルとしてよくオススメしているドライルブと、自転車業界外の商品でありながら
自転車用チェーンオイルとしての性能に注目の集まるNASKALUB(ナスカルブ)を比べてみましょう。
null
フィニッシュラインのドライルブは、なかやまで最初にオススメするチェーンオイルの定番です。
何と言ってもドライオイル特有の、抜群の防汚性能がチェーンの黒い汚れを防ぎますから、綺麗な時間が長く気持ちよいです。
それにテフロン粒子を配合してあり、極圧性能も高いオイルとなっていますから滑らかな駆動が期待できます。
浸透力も良いので飛び散りにくいです。
20180609-dsc_1459.jpg
ナスカルブは金属表面をスケートリンクの様な滑らかな表面に改良して、油切れを起こしても潤滑し続ける
これまでにないタイプの潤滑オイルです。
特殊な極圧添加剤が金属同士の摩擦熱と反応して、金属の表面を滑らかな表面と潤滑性を持ち合わせた一種の化合物に改質します。
これによって、長期間にわたる潤滑性能を維持してくれる面白い性能のオイルです。
自転車専用のチェーンオイルではないですが、相性も良くてなかやま店長も愛用の高性能オイルです。
極圧性能が高いので、瞬間的なパワー伝達には向かない側面が有ります。
浸透力はかなり優秀でチェーンの隅々まで油膜を形成します。

null
2者を比較したグラフでもドライルブの防汚性とナスカルブの高性能が良く分かりますね。

一般的にオイルは低粘度であるほど浸透力が強いとされます。浸透力が強いと、チェーンの様な細かな隙間が多い物では毛細管現象によってオイルの流動性が抑えられて、飛び散りにくい効果も持ちます。
オイルの塗布量が多すぎれば(ポタポタ垂れるほど)どんなオイルもある程度飛び散ってしまいますので、注油の際にはまんべんなくチェーンに浸透させることが重要ですね。


こんな風に数あるチェーンオイルも様々な個性がある面白い商品がそろっています。
使い比べて違いを体感するのもスポーツサイクルの楽しみの一つかもしれませんね。
実際の使用感や、詳しい説明などは店頭でスタッフに是非お尋ねください!
それでは!スタッフ山本でした。

null


Posted by: やまもこ
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next»