新E-BIKE時代の幕開け!!スペシャライズド TURBO SLが遂に発売開始です!!

スペシャライズドが満を持して発売するE-BIKEシリーズ TURBO SL(ターボ)

登りを平地にし、向かい風でも余裕の表情で走れ、今までのスポーツバイクの楽しさを何倍にもしてくれる。

それがスペシャライズドのE-BIKE TURBO SLです。

 

新開発のSPECIALIZED SL1.1 モーター

TURBO SLで搭載されるモーターとバッテリーは他メーカーのそれとは一味違います。

 

日本で既に販売が始まっている有名メーカーのボッシュやシマノのモーターと比べても際立つのは軽量性だと思います。

スペシャライズドのSL1.1モーター&バッテリーは、ボッシュのパフォーマンスラインCXやシマノSTEPSよりもシステム重量は2.5kg以上も軽い!

それなのに、継続的に出せるパワーは240wと、遜色のないパワーを出せるのが特徴です。

これには少しカラクリがあります。

 

日本の法律と相性のいいモーターユニット

日本の電動アシスト付き自転車のモーター規格はもちろん、スポーツタイプのE-BIKEにも当てはめられます。

日本では10km/h未満の速度では2倍のアシストが得られますが、11km/hから速度が上がるにつれて、徐々にアシスト比を小さくしなくてはいけません。

そして、24km/hでアシストは切れてしまいます。

E-BIKE先進国などでは速度の制限が日本よりも緩いので、27km/hや、国によっては30km/h以上の速度でもアシストが得られるものもあります。

ボッシュのパフォーマンスラインCXやシマノSTEPSはE-BIKE先進国の多いヨーロッパの規格に準じた設計をしていますので、元々の最大パワーやトルクが大きくなっています。

大きなトルクを生み出すためには大型のコイルを入れないといけないので、必然的にモーターは重く大きくなってしまいがちですが、

日本の法律に合わせる為にアシスト比と速度制限のデチューン(機能の制限)をかけて販売しているのが実情です。

スペシャライズドSL1.1モーターは元々の設計が2xYOU

つまり、2倍までしかアシストしない設計です。
これは、アシスト比に関してはそのまま日本の法律内で使用可能な性能なのです。

最大2倍までのアシスト比なのでトルクも小さく抑えられて、小型化できたコイルでモーター自体が軽量になります。

消費電力も小さくなるのでバッテリー容量を小さくしても航続距離も長く出来ます。
トルクが小さいので最大パワーも抑えめになりますが、パワー=回転数xトルクの公式通り、ギアを軽くしてケイデンスを上げれば
24km/hの速度制限が有っても、ドンドンアシストしてくれるのがスペシャライズドのSL1.1モーターの最大の特徴です!

アシストが切れる速度でもモーターの抵抗は無く、まるで普通のスポーツサイクルのような漕ぎの軽さです!!

この特徴によって、ライダーは漕いだ力に見合った自然なアシストを得られるので、普通のスポーツサイクルを扱うように自然なライドフィーリングで走れるのです。

E-BIKEは時には大きすぎるパワーが出てしまい、一緒に走る人に合わせてゆっくり走る場面などで扱いにくい事もありましたが、TURBO SLは全く違います。

もちろん、しっかりとしたパワフルなアシストもしてくれますから、マウンテンバイクやロードでも一気に加速したいときやキツイ登りを登る時にライダーを充分に助けてくれます。

そして、SL1.1モーターのシームレスなアシストコントロールは、速度が上がりアシストが切れても、突然パワーダウンをしたようなギャップをライダーに与えません。

これが『自分で走ってる感覚』を大切にしたスペシャライズド TURBO SL の優れている所です!

スマートフォン専用アプリ「ミッションコントロールAPP」を使用して最大パワーやアシスト比の微調整も可能ですし、事前に走行距離や時間を設定すれば

バッテリーの切れない最適なアシストを自動で調節してくれる「スマートコントロール」

など便利な機能がしっかり備わっています。

4月24日現在、展示車と試乗車はしっかり揃っておりませんが、お客様注文分のバイクが日曜日まで展示されています。

是非スタッフへお尋ねくださいね!本当にこれからのE-BIKEの新基準となるバイクだと思っています!お勧めです♬
最先端のE-BIKEには精密な電子部品や、ファームウェアアップデート、専用アプリとの連携など
バイクのオーナー様だけでは対応しきれない事がたくさんあります。

メンテナンスや扱い方に不安をお持ちでも、BPSなかやまでE-BIKEをご購入なら安心ですよ!!

E-BIKE専用 メンテナンスパッケージのご紹介

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick Up!

Twitter

最近のコメント

PAGE TOP