2021 TREK EMONDA SLR Project One

新しいEMONDA SLRが入荷しました!

お客様ご注文分ですので、展示はされませんがタイミングが合えばお店で見られるかも!!

非常に美しい塗装と滑らかで有機的な曲線美を是非見て欲しいです。

コンポはアルテグラ機械式コンポーネントを搭載。Project ONEではSLR6というモデルになります。

そしてOCLV800カーボンを採用したフレーム。

OCLV800 カーボンは、素材量が多いエアロ形状のチューブにより重くなりがちなエアロなバイクをより軽くする為に開発されました。

その開発テーマの難しさは過去最高の物。軽くするためには素材量を減らす必要が有りますが、素材が減れば同時に強度も落ちるのが今までの常識です。
数多く販売されるカーボンバイクのすべてが同じように作られているわけではありません。
軽さや強度。カーボン素材はモノ作りにとって素晴らしい素材ですが、正しく作るためには豊富な専門知識が不可欠なんです。
OCLVカーボン製法で25年以上培ってきた経験と知識を持つTREKだからこそ、この難解なテーマを解決するOCLV800を開発が出来たのです。

OCLV800の開発には多くの開発プロセスがありました。

最新のモデリングソフトウェアによる50以上のカーボンレイアップ(基本の設計)
それぞれのプロトタイプで、応力や特性によるカーボンの種類や配置の変更
構造体としての完全性、重量と走りの質を念入りにテスト
数種類に絞ったレイアップの中から、TREK Segafredoのプロ選手のテストライドから最も良い物を選んでもらう

これらの工程を経て、およそ2年以上かけて開発されたのがOCLV800カーボンです

今までTREKが作ってきたカーボンの中で最軽量かつ最高性能のカーボンレイアップで、強度と剛性はしっかりと保たれたまま
少ない素材でフレームを作る事が可能になりました。

前面投影面積は極小

ステム一体型ハンドルの下にはケーブル類がまとめられて隠れている。
無理に内装していないので、機械式コンポーネントでもシフト操作は軽快。

今までよりも30%剛性の高いOCLV800カーボンを使う事で、あまり重量を増やすことなくエアロ形状のチューブを採用する事が可能になり、
EMONDA SLRやMADONE SLRと言ったエアロロードバイクは速く、軽いロードバイクに生まれ変わりました。

 

EMONDA SL と SLRはDISCブレーキ専用の設計となった。
SLR6はアルテグラグレードの油圧DISCブレーキを搭載。
ホイールは中堅グレードのアイオロスPRO37を履く。前後重量は 1505gと軽量で
DT350クラスのハブを採用。メンテナンス性にも優れた良ホイール。

下の画像をクリックしてプロジェクトワンでオリジナルバイクをカスタムしよう!

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick Up!

Twitter

最近のコメント

PAGE TOP