Pinarello GREVIL 本気のグラベルロード

グラベルロード&シクロクロス 担当名越です(笑
↑ 個人的には『グラベル&ロード』というイメージですよ~

あのPinarelloより本気のグラベルロードが発売となりました。

その名は...『GREVIL』

フラグシップモデルとなる

GREVIL+

『GREVIL+』

フレーム&フォークに使用されるカーボンは
『Carbon Torayca T1100 1K Dream Carbon with Nanoalloy Technology』
気になる価格は
フレーム:¥540,000-(税抜)

セカンドグレードとなる

 

『GREVIL』

フレーム&フォークに使用されるカーボンは
『TORAYCA T700 UD Carbon』

気になる価格はこちら!
R8000アルテグラ完成車:¥530,000-(税抜)
フレーム:¥380,000-(税抜)

GREVILについて
ピナレロはいつも革新性とパフォーマンスの代名詞です。
そのDNAはライダーの要求に応えるための技術的な研究開発を常に目標としています。

我々の新しいプロジェクトは、そのフィロソフィーを用いたグラベルロードを開発することでした。
その特定のライダーのニーズを分析した結果、ピナレロの精神をグラベルロードの世界へもたらすソリューションを見つけることが出来ました。

PinaLabの数ヶ月の研究開発によって新しいバイクを発表できることを誇りに思います。

グラベルライディングの分析は、多くの側面があり非常に複雑でした。
このカテゴリーではアスファルトから泥路面まであらゆるタイプの地形を走行する事を望むライダーが居ます。
また、長距離を走行することに重点を置く事もあり、多様性、快適性や応答性などを高いレベルで満たしていなければなりません。
PinaLabではGREVILプロジェクトでその点を考慮に入れ開発を行いました。

プロジェクトの目標は真のピナレロDNAを持ったバイク、それは全てに人にとって快適なバイクを意味します。
フレームは空気力学に基づいてデザインされ、バイクの安定性や応答性を損なうこと無くライダーが走ろうとする路面によってホイールを選択できるように
多様性を持たせたフレーム設計とジオメトリを有します。

GREVIL+/GREVILのジオメトリは、ロードレースのジオメトリに手を加えたものではなく、グラベルライダーにとって最適とするために全く新しく開発しました。

ピナレロではあらゆるライダーに最適なバイクを提供するためGREVIL+/GREVILにも”Made4You”コンセプトを適応しています。
フレームサイズは6種類用意されますが、ただサイズを変えているわけではなく、それぞれのサイズごとに設計されています。
大きなサイズでは特にコーナリング時の乗り方やフレームへの力の掛かり方が大きく異なるので、ジオメトリや構造の設計でこれらの問題を考慮する必要があります。

GREVIL+ バイクカタログはこちら↓
GREVIL+

GREVIL バイクカタログはこちら↓
GREVIL

PINARELLO 全バイクカタログはこちら↓
Pinarello Japan

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick Up!

Twitter

最近のコメント

PAGE TOP