今回の大雨で水の被害に遭われた方

水につかってしまったバイクの手入れをしましょう。

まずは自転車を立てたり、逆さまにしたりしてフレームから水抜きを。

ベアリング(車軸やボトムブラケット)が水没してしまった方

分解、クリーニング、グリスアップが必要になります。

null