ジオメトリー

サイジングとフィッティング

サイズを選ぶ

購入するスポーツサイクルを決めたら次に行うのが、サイズを決めるサイジングです。

サイジングでは、お客様が私たちとの会話の中でイメージを膨らませた使い方や、身長や体格、身体の柔軟性を考慮して自転車のサイズを決定する大切な工程です。

私たちの持つ、専門知識や経験をフル活用してお客様が快適に走れるようにフレームサイズを選びます。

店頭に実車が無い場合でも安心です。専用の機器を使用して、どんなスポーツサイクルもサイズを再現できます。

サドルの高さ、ハンドルまでの距離、前傾姿勢の具合など

再現したサイズに実際に跨っていただく事で、どんな感覚で乗るのかご確認いただけるので安心してサイズを決定出来ます。

 

サイジングとは違うフィッティング

サイジングとは違い、お客様の身体に合わせてサドルの位置やハンドルの位置、ハンドルの角度やひざの角度などをより快適に走れるよう調整していくのがフィッティングです。

解剖学の知識や運動生理学、フィッティング理論、自転車の調整技術、経験など専門的なスキルが必要になりますが、お客様がより楽に速く長く遠くまで走れ、サイクルライフを楽しむためにとてもオススメなサービスです。

BPSなかやまで受けられるフィッティングサービス

シマノバイクフィッティング

自転車の部品メーカーであるシマノが展開しているフィッティングサービスです。

お客様の身長、手脚、胴体の長さなどの身体情報を元に専用のフィットマシンと世界中のフィットデータが集まるサーバーを使って、自転車のサドル位置やハンドル位置をご提案します。

いくつかコースがありますが、所要時間は早くて30分ほどと手軽に受けていただけるフィッティングが特徴です。

RETUL FIT (リチュールフィット)

スポーツサイクルブランドのスペシャライズド社が全世界で展開している高度なフィッティングサービスです。

研修を受けたスペシャライズド公認のフィッターが、解剖学と運動生理学の見地からお客様ひとりひとりに合わせたフィッティングを提供します。

身体の柔軟性や筋肉の量や強さ、自転車に乗る目的も完全に同じ人はいません。

それぞれに合うフィットをする事で本当の意味で愛車が自分と一体になる。それがリチュールフィットです。

痛みやしびれ、脚の長さの違いや身体の左右差、全てフィッティングをオススメする理由になります。​

 

  1. ジオメトリー

  2. RETUL FIT

  3. サイジングとフィッティング

PAGE TOP