自転車購入ガイド

マウンテンバイクの選び方

マウンテンバイクはその名前の通り土や砂利、林道など未舗装路を得意とする自転車になります。路面からの衝撃を大きく吸収するサスペンションが付いていて、ブレーキもDISCブレーキが標準的な物が多いです。姿勢は楽で乗り心地は良く、クロスバイクよりも重さはありますが道を選ばないで走れる自由な感覚は他にはない特徴でしょう。

このページではマウンテンバイクの魅力とタイプ、オススメモデルをご紹介してみようと思います。​

マウンテンバイクの魅力

マウンテンバイクは太くてデコボコしたタイヤに頑丈なフレームが特徴のスポーツサイクルです。

ショックを吸収するサスペンションと太いタイヤはとっても乗り心地をよく感じさせてくれますし、街中を走ってるくらいではパンクする事もありません。

軽いギアが装備されているので、きつい上り坂も楽に上ることが出来ます。

フレームの素材もアルミ、カーボンなどが主流で、ホイールサイズも27.5インチ(650B)と29インチから選べるようになっています。

マウンテンバイクの醍醐味と言えば上の動画のようなトレイルと呼ばれる山道(土や砂利、林道)をグループで走るトレイルライドでしょう。

登りも下りもあって少ししんどいかもしれませんが、美しい景色や森の匂い、小動物の声など自然を感じることが出来るアクティビティです。

仲間と一緒にそれらを共感するグループライドは何にも代え難い貴重な体験になります。

軽いギアが装備されているので、きつい上り坂も楽に上ることが出来ますから思いっきり非日常を満喫できるでしょう。

タイプ別の特徴

マウンテンバイクにもいくつかの特徴があります。

スタンダードなマウンテンバイク。フロントサスペンションのみ装備したシンプルなタイプの自転車です。

初めてのマウンテンバイクに最適な使いやすさと価格設定の優しさ、自転車の軽さが魅力。

グレードによっては油圧式DISCブレーキも装備するので機能性も充実しています。

ファットバイク、セミファットバイクと呼ばれる新規格のマウンテンバイク。

ファット=太いタイヤの事で、普通のマウンテンバイクタイヤの太さが60mmくらいに比べて、セミファットで80mm。ファットバイクで110mmの太さを持つ極太のマウンテンバイクです。

最大のメリットは走破性と言う路面の凹凸を乗り越える能力の高さと、圧倒的なグリップ力です。

太いタイヤは重量の面で不利ですが、タイヤのスリップが起こりにくいので、安心感と安定感は抜群です。

前後にサスペンションを装備したフルサスペンションタイプ。

やや重量はありますが、前だけにサスペンションがあるタイプと比べて、路面の凹凸をほとんど吸収してしまうのでとても安定して走ることが出来ます。

上り坂でもサスペンションがタイヤのスリップを防ぐので、今まで登れなかった坂が登れるようになったり、苦手な下り坂がスムーズに走れたり。乗り手のスキルを大いに助けてくれるのが最大の魅力です。

  1. 自転車購入ガイド

  2. マウンテンバイクの選び方

  3. シクロクロス/グラベルの選び方

  4. ロードバイクの選び方

  5. クロスバイクの選び方

  6. 自転車購入ガイド

    自転車購入ガイド

Twitter

最近のコメント

    PAGE TOP