自転車購入ガイド

E-BIKEの選び方

E-BIKE(イーバイク)とは、人がペダルをこいだ力をモーターでアシストして進む自転車です。
一般的な電動アシスト付自転車と違い、スポーティーなルックスと強力なモーターに大容量のバッテリーを搭載する事で
長距離と長時間が走れ、トルクセンサーやアシストモードの切り替えなど多彩な機能を持っている最先端の自転車がE-BIKEです。

このページではE-BIKEの魅力とタイプ、オススメモデルをご紹介してみようと思います。​

 

E-BIKEの歴史

1990年代にヤマハの電動アシスト付自転車が日本で誕生しました。モーターでアシストしてくれるママチャリは
買い物や、子どもを乗せて走るお母さんの強い味方でした。
この事から、アシスト付=ママチャリのイメージが定着していました。
2010年代、ドイツの電動工具メーカーBOSCHがヨーロッパのスポーツバイク市場に参入しました。
そして、BOSCH製の強力なモーターとバッテリーを搭載したスポーツタイプのE-BIKEがブームを起こします。
当時はモーターやバッテリーが大きく、重量もとても重たかったようですがスポーティーなルックスと
未体験の走りに人気が高まっていました。

ヨーロッパで流行したE-BIKEですが、日本の道路交通法に基づくモーターのアシスト比と海外ブランドの
モーター規格が違う為、なかなか輸入販売が実現できませんでした。
2015年にヤマハが国内初のスポーツタイプのアシスト付自転車を誕生させ、
ついに日本でもE-BIKEの販売が本格的に始まりました。
現在は、海外ブランドのモーター規格も日本の法律に準ずる物の輸入も始まっています。

E-BIKEの魅力

大変だった登り坂が面白いように登れる!レベルの違う人と一緒に走ることが出来る!
体力以上に遠くまで自転車で行く事だってできる!

漕ぎだしはスムーズで速く、信号待ちでは他の人よりも先にスタートを切れます。
ちょっとした坂も呼吸を乱すこともなく涼しい顔で走れるし、なんて言ったって加速感が気持ちいい!!


E-BIKEを一たび漕ぎ出せば誰もが自然と笑顔になります。だって、こんな楽しい自転車乗った事が無い!!

素晴らしい加速感と優越感に未来的なルックス。向かい風でも暑い日でも汗びっしょりなんてならないで
涼しい顔で街中を走り、出勤前のカフェタイムだって生み出してくれる。
感動的なライド体験がE-BIKEの魅力でしょう。

E-BIKEの種類

ロードバイクタイプのE-BIKE。eROAD

軽量なロードバイクがベースなので、車体重量も16kg程度しかありません。
メーカーによっては12kgと普通のクロスバイクと変わらない重量のE-BIKEも存在します。

E-BIKEの中でも一番軽快な走りが体験でき、ロードバイクの走行性能の高さから150kmを超える長距離も完走する事が可能です。
タイヤを太くすればグラベルE-BIKEとしても活躍してくれたりします。

もう体力を理由に距離を諦めなくてもいいのです。

マウンテンバイクタイプのE-BIKE。eMTB

舗装路よりも路面抵抗の大きいトレールでは
eMTBのパワフルなアシストが最強の味方となります。クリアできなかった場所がモーターのアシストによってクリア出来た時、今まで観る事が出来なかった景色が目の前に広がっているはず。

eMTBに乗ると地形は凹凸を無くし平らになったかのようにスムーズに走る事が出来ます。それは、ライドへの集中力を高めさらにスピーディーに時にはスリリングに、そして体力の制限なくいつまでもトレールライドを満喫することが出来ます。

eCROSS
スポーツサイクルの初心者は快適に乗れるクロスバイクを好みます。クロスバイクタイプのE-BIKEであるeCROSSは太めのタイヤと楽な乗車姿勢が取れ、eROADとeMTBのいいところを上手にバランスさせたE-BIKEです。

eROAD程ではありませんが、軽量な車体に強力なアシストを備えているので街乗りからサイクリング、通勤や買い物に子供を載せたり、使い勝手と自由度の高さはE-BIKEの中でも一番です。

ミニベロ、折りたたみタイプのE-BIKEです。eMINIVELO/eFolding

可愛らしい見た目とは逆に、しっかりとアシストしてくれて驚くほど楽に走れるE-BIKEです。
折りたたみタイプのE-BIKEは畳んで小さくすれば車で運んだ先でも快適に自転車でクルージングする事が可能です。

小さいのにパワフルな走りと、未来的なデザインが融合した存在がeMINIVELO/eFoldingです。

おすすめのE-BIKEブランドとモデル

eFoldingタイプのおススメブランドとモデル


BESV(ベスビー)   PSF1

BESVを代表するPSシリーズのフォールディングモデル。
リジットフォーク×アルミフレームで軽量化を図りながら、リアサスペンションによる走行時の快適性を実現。
リアフレームとフロントフォーク、ハンドルを折りたたむことで、フレーム本来の剛性を保ちながら、
コンパクトに収納することができる。
アーバンコミューターから、車や電車移動からのローカルライドまで、
多様なサイクルライフに対応できるモデルです。

“>

税込価格 ¥269,500
モーター&バッテリー オリジナル / 370wh
車体重量 18.3kg
最大走行可能距離 95km(アシストモードにより変化)

 


Tern(ターン)   Vektron S10

計算され配置されたバッテリー・モーターや、太めのタイヤと低重心フレームは、
安定性とスポーティな走行性能の両立を実現している。Tern独自の素早く簡単に折りたためる機構も採用し、
コンパクトな収納も可能にするなど、街中での効率良い最適な移動手段だけでなく
サイクリングなどのスポーツ性と収納性など多様性を持ち合わせた1台となる。

税込価格 ¥352,000
モーター&バッテリー BOSCH Active Line Plus / 300wh
車体重量 19.8kg
最大走行可能距離 約100km

eROAD  eMTB  eCROSSタイプのおススメブランドとモデル

eROAD


BESV  JR1

BESVのデザイン哲学が生んだe-ロードバイク「JR1」。
軽量アルミフレームにバッテリーを美しく融合し、15.7kgの軽さと、100kmを超える航続距離を実現しました。
メインコンポには信頼性の高いSHIMANO 105を採用、さらに安定性の高い油圧ディスクブレーキも搭載。
スピード/トリップ/ケイデンスなど9種類表示可能な国内初フルカラー液晶ディスプレイなど、ファンライドからロングライドまで走る楽しさを演出します。

インテグレートバッテリーによる高いデザイン性
国内、最軽量クラス。シマノ105×油圧ディスク搭載のe-ROADモデル(15.7kg)
ハンドルを握りながら操作可能なデュアルアシストコントロールスイッチ採用
最長115km(エコモード)のロングライドが可能
国内初のフルカラー液晶ディスプレイで9つのパラメーターを自由に選択(speed/average speed/max speed/range/odo/rpm/power/clock/calorie)

“>

税込価格 ¥303,600
モーター&バッテリー BESV / 252wh
車体重量 15.7kg
最大走行可能距離 約115km

 

eMTB


TREK  POWERFLY 5

モーターとバッテリーがフレームに内蔵されてるとは思えない最高のルックス!
Powerfly 5は、コストパフォーマンスが高い電動マウンテンバイク。
ハイエンドのBosch e-MTB ドライブシステムをタフなコンポーネントと組み合わせ、
トレイルの過酷さに耐え抜く。さらに、扱いやすい着脱式一体型バッテリー(RIB)システムも採用、
フレームに完全に内蔵され、着脱には工具不要だ。多用途で高性能、いつでも冒険に出られる1台。

Powerfly 5は、スムーズに動き、体重に合わせて調整できるエアスプリングフォークなど、
オフロードライドを大きく向上させるパーツを備えている。さらに、
よりパワフルな4ピストンブレーキ、簡単にチューブレス化してトラクションと耐パンク性能を高められるホイールも搭載する。
625Whのバッテリーを内蔵してスマートな外観と保護性を発揮する軽くて丈夫なアルミフレームに、
最高時速24kmで巡航できるBosch Performance CX モーターと、扱いやすいBosch Purion コントローラーを搭載。
RockShox Recon RL フォーク、Shimano 1×12速ドライブトレイン、そしてボントレガー Kovee Comp 23 チューブレスレディホイールも採用。

“>

税込価格 ¥555,500
モーター&バッテリー Bosch Performance CX / 500wh
車体重量 23.0kg
最大走行可能距離 約140km

eCROSS


BESV  JF1

機能とデザインを両立させた、BESVのデザインアイデンティティが感じられるクロスバイクモデル。
アルミフレームにSHIMANO Deore10速と大容量バッテリーを搭載し、16.1kgの軽量さと100kmを超える航続距離を実現しました。
さらに、スピードや走行距離、ケイデンスなどを一目で確認できるフルカラー液晶ディスプレイも搭載しました。
フラットバーハンドル/メカニカルディスクブレーキ仕様で、街中でもキビキビとした走りを楽しめます。
純正オプションのフェンダーやキャリア、スタンドを取り付けることで、通勤、通学にも最適なハイパフォーマンスの1台です。

  • ・操作性の高いフラットバーハンドルの軽量クロスバイク(16.1kg)
  • ・バッテリーをフレームに内蔵することで、高いデザイン性を実現
  • ・700×35cのタイヤとディスクブレーキ仕様で街中も高い走行性を発揮
  • ・国内初のフルカラー液晶ディスプレイで9つのパラメーターを自由に選択(speed/average speed/max speed/range/odo/rpm/power/clock/calorie)
“>

税込価格 ¥253,000
モーター&バッテリー BESV / 252wh
車体重量 16.1kg
最大走行可能距離 約115km

 


いかがだったでしょうか。
モーターとバッテリを搭載してアシストをしてくれるのがE-BIKEですが、様々なメーカーやモデルがあり
その個性もはっきりと違いが有る物です。

BPSなかやまでは、常時5台ほどのテストバイクをご用意しております。

折りたたみタイプ 3台
クロスバイクタイプ 1台
MTBタイプ 1台

レンタルもしておりますので、E-BIKEを是非体験しにいらしてください!!

  1. 自転車購入ガイド

  2. E-BIKEの選び方

  3. マウンテンバイクの選び方

  4. シクロクロス/グラベルの選び方

  5. ロードバイクの選び方

  6. クロスバイクの選び方

  7. 自転車購入ガイド

    自転車購入ガイド

Twitter

PAGE TOP